著者典拠情報

著者標目形:
杉本, 一樹(1957-)||スギモト, カズキ
属性:
Personal
場所:
東京
日付:
1957
から見よ参照形:
Sugimoto, Kazuki
注記:
SRC:日本古代文書の研究 / 杉本一樹著 (吉川弘文館,2001.2)
宮内庁正倉院事務所長
著者典拠ID:
DA12976055


1.

図書

図書
杉本一樹著
出版情報: 東京 : 山川出版社, 2010.6
シリーズ名: 日本史リブレット ; 74
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
笹山晴生編
出版情報: 東京 : 吉川弘文館, 2003.5
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
「オホエノイザホワケ」考 大平聡 [執筆]
「仕奉」と姓 須原祥二 [執筆]
日唐賤民の身分標識について 榎本淳一 [執筆]
律令制的人民支配の特質 : 人頭税と戸口把握をめぐる覚書 大津透 [執筆]
古代の出挙に関する二、三の考察 三上喜孝 [執筆]
公廨の成立 : その財源と機能 渡辺晃宏 [執筆]
律令国家と銅 : 長門長登銅山と大仏造立 佐藤信 [執筆]
律令国家の山野支配と王土思想 三谷芳幸 [執筆]
諸司奏と百官奏事 春名宏昭 [執筆]
「太政官院」について 飯田剛彦 [執筆]
労の基礎的考察 : 八世紀における用法と実態 畑中彩子 [執筆]
律令国家における征討軍報告書について 北啓太 [執筆]
「十上」考 : 八世紀の衛士の編成をめぐって 高橋周 [執筆]
房戸制の再検討 : その特質と存続期間 杉本一樹 [執筆]
京戸に関する一試論 市川理恵 [執筆]
内舎人と地方社会 : 尾張国解文における郎等内舎人の意義 鐘江宏之 [執筆]
『令集解』穴記の考察 森田悌 [執筆]
「オホエノイザホワケ」考 大平聡 [執筆]
「仕奉」と姓 須原祥二 [執筆]
日唐賤民の身分標識について 榎本淳一 [執筆]
3.

図書

図書
杉本一樹 [編著]
出版情報: 東京 : 至文堂, 2003.1
シリーズ名: 日本の美術 ; No.440
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
大日方純夫編 ; [杉本一樹ほか執筆]
出版情報: 東京 : 吉川弘文館, 2002.6
シリーズ名: 日本家族史論集 / 佐々木潤之介 [ほか] 編 ; 2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
日本古代家族研究の現状と課題 : 関口裕子・吉田孝・明石一紀説を中心に 杉本一樹 [著]
古代・中世の家族と親族 明石一紀 [著]
中世イエ研究の軌跡と課題 飯沼賢司 [著]
近世における家と村 佐々木潤之介 [著]
歴史人口学を通じてみた江戸時代 速水融 [著]
日本近世農村の「家」経営体とジェンダー 長野ひろ子 [著]
「近代家族」概念と日本近代の家族像 牟田和恵 [著]
「近代家族」への問いと女性史の課題 中嶋みさき [著]
現代家族の「解体」と「再生」 米田佐代子 [著]
家族崩壊現象の歴史的=社会的要因 : 主として女子労働との関連において 江守五夫 [著]
現代民主主義の再構成と家族の問題 佐藤和夫 [著]
日本古代家族研究の現状と課題 : 関口裕子・吉田孝・明石一紀説を中心に 杉本一樹 [著]
古代・中世の家族と親族 明石一紀 [著]
中世イエ研究の軌跡と課題 飯沼賢司 [著]
5.

図書

図書
杉本一樹著
出版情報: 東京 : 吉川弘文館, 2001.2
シリーズ名: 日本史学研究叢書
所蔵情報: loading…