著者典拠情報

著者標目形:
大越, 愛子(1946-)||オオゴシ, アイコ
属性:
Personal
場所:
京都
日付:
1946
から見よ参照形:
大越, 愛子||オオコシ, アイコ
Ogoshi, Aiko, 1946-
Ogosi, Aiko
注記:
近畿大学文芸学部教授
編書:女と男のかんけい学(明石書店)
「女性と東西思想 / 大越愛子, 源淳子著」(勁草書房, 1985.11)の著者紹介より出身地追加
EDSRC:暴力の文化人類学 / 田中雅一編著(京都大学学術出版会, 1998.2)
著者典拠ID:
DA00774803


1.

図書

図書
大越愛子, 倉橋耕平編
出版情報: 京都 : 昭和堂, 2014.1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
個人的体験を政治化する : 私と/のフェミニズム 大越愛子 [著]
男性性への疑問 倉橋耕平 [著]
化粧という些細で重要な問題 : <私>という経験を通じて 玉置育子 [著]
<慰安婦>と<性奴隷>をめぐるジャーナリズム史 倉橋耕平 [著]
宗教とフェミニズム : キリスト教の中の性差別 堀江有里 [著]
「子どもを産む」とはいかなることか : 自然から自由へ 大越愛子 [著]
リベラリズムとフェミニズム : ケアを誰がどのように担うべきか 堀田義太郎 [著]
日本軍「慰安婦」の記憶を記憶する 井桁碧 [著]
女子大学生の就活って : ガラスの壁がある? 宮崎ケイディ [著]
バイセクシュアル再考 MOMOCO [著]
晩婚化現象の日中比較 穆旭明 [著]
ジェンダーを超える遊戯 : 宝塚歌劇とは何か 大越アイコ [著]
「フクシマ後」を生きる女性たち 本田雅和 [著]
ゲイ・ニューハーフをさまよう私 鹿野由行 [著]
性・からだ・お産の現場から 原ゆかり [著]
生命倫理学とフェミニズム 白水士郎 [著]
個人的体験を政治化する : 私と/のフェミニズム 大越愛子 [著]
男性性への疑問 倉橋耕平 [著]
化粧という些細で重要な問題 : <私>という経験を通じて 玉置育子 [著]
2.

図書

図書
大越愛子, 井桁碧編著
出版情報: 東京 : 青弓社, 2010.10
シリーズ名: 戦後・暴力・ジェンダー ; 3
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
戦後思想に抗するフェミニズム : 松井やよりの軌跡 大越愛子 [著]
「証言」する女たちを記憶する 井桁碧 [著]
女性国際戦犯法廷は日本人「慰安婦」をどう位置づけたか 西野瑠美子 [著]
沈黙をやぶった女性たちの声を記録し、伝えていくという闘い 池田恵理子 [著]
尹貞玉論覚書 鈴木裕子 [著]
女性国際戦犯法廷後の韓国女性運動と日本 : フェミニズム、ナショナリズム、植民地主義 金富子 [著]
括弧付きの言葉たちへ : 宮古島、その「異質」の沖縄戦からの問いかけ 洪ユン伸 [著]
NHK番組改編(改変)問題と二つの「暴力」のコラボレーション : 象徴天皇制の構造的暴力と政治的敵対性の除去 倉橋耕平 [著]
帝国の娘 : シシリー・ウイリアムス 中原道子 [著]
もう一つの戦後・暴力・ジェンダー : 国連安保理決議一三二五をめぐる問題から考える 土佐弘之 [著]
グローバル化と「女性の人権」 江原由美子 [著]
戦後思想に抗するフェミニズム : 松井やよりの軌跡 大越愛子 [著]
「証言」する女たちを記憶する 井桁碧 [著]
女性国際戦犯法廷は日本人「慰安婦」をどう位置づけたか 西野瑠美子 [著]
3.

図書

図書
大越愛子, 井桁碧編著
出版情報: 東京 : 青弓社, 2007.3
シリーズ名: 戦後・暴力・ジェンダー ; 2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章: 「暴力批判の思想」としてのフェミニズム : 「左翼」思想の限界と「ダーバン宣言」の射程 大越愛子著
第2章: 人種とジェンダーの複合差別をめぐって : ダーバン会議で問われたもの 熊本理抄著
第3章: 優生学とジェンダー : リベラリズム・家族・ケア 堀田義太郎著
第4章: 「原住民」が抹消された場所で、交渉する 井桁碧著
第5章: 「南京のレイプ」の告発者である女性たちの殉教 : 歴史記述のジェンダー 若桑みどり著
第6章: 戦後台湾アイデンティティと女性の表象 丸川哲史著
第7章: 「国民」文学とジェンダー : ポストコロニアリズムと「群島」の物語 本橋哲也著
第8章: ヴェトナムにおけるアメリカ戦の亡霊 権憲益著 ; 堀田義太郎訳
第9章: 沖縄・基地問題・暴力 高里鈴代, 宮城晴美, 大越愛子, 井桁碧著
第1章: 「暴力批判の思想」としてのフェミニズム : 「左翼」思想の限界と「ダーバン宣言」の射程 大越愛子著
第2章: 人種とジェンダーの複合差別をめぐって : ダーバン会議で問われたもの 熊本理抄著
第3章: 優生学とジェンダー : リベラリズム・家族・ケア 堀田義太郎著
4.

図書

図書
大越愛子, 井桁碧編著
出版情報: 東京 : 青弓社, 2005.11
シリーズ名: 戦後・暴力・ジェンダー ; 1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
戦後思想のパラドックス 大越愛子著
敗戦/占領とジェンダーのポリティクス 井桁碧著
沖縄から広がる戦後思想の可能性 : 戦場における女性の体験を通じて 洪ユン伸著
リブの可能性と限界 : 主婦と娼婦の分断 菊地夏野著
女性学の戦後 : よりよく〈わたし〉を生きるために 大橋稔著
リドレス不可能性について : サイゴン、広島、フランツ・ファノン 米山リサ著
大虐殺の後で : 済州島における女性の痛みと生存の連帯 金成禮著 ; 藤枝真訳
東アジアの戦後の歴史を考える : 日韓を横断する視点は可能か 権憲益, 金成禮, 大越愛子, 井桁碧著
戦後思想のパラドックス 大越愛子著
敗戦/占領とジェンダーのポリティクス 井桁碧著
沖縄から広がる戦後思想の可能性 : 戦場における女性の体験を通じて 洪ユン伸著
5.

図書

図書
大越愛子, 堀田美保編
出版情報: 京都 : 晃洋書房, 2001.5
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
池田恵理子, 大越愛子責任編集
出版情報: 東京 : 緑風出版, 2000.7
シリーズ名: 日本軍性奴隷制を裁く : 2000年女性国際戦犯法廷の記録 / VAWW-NET Japan(バウネット・ジャパン)編 ; 第2巻
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
大越愛子, 志水紀代子編著
出版情報: 京都 : 昭和堂, 1999.11
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
田中雅一編著
出版情報: 京都 : 京都大学学術出版会, 1998.2
シリーズ名: 京都大学人文科学研究所共同研究報告
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
暴力の文化人類学序論 田中雅一 [執筆]
平等主義社会における暴力 : ブッシュマンの「神話」と現実 菅原和孝 [執筆]
戦士的伝統、年齢組織と暴力 : 南部スーダン・パリ社会の動揺 栗本英世 [執筆]
儀礼的暴力とその身体的基礎 : 北タイの供儀と憑依について 田辺繁治 [執筆]
儀礼のメタ規範と暴力の政治 : シャリヴァリ儀礼の転用をめぐって 三浦耕吉郎 [執筆]
立法者の死 : フランス革命と集合暴力 富永茂樹 [執筆]
民衆文化と抵抗としてのブリコラージュ : ベナンダンティと沖縄のユタへのまなざし 小田亮 [執筆]
若者の"力"と近代日本 : 若者組の解体と再編-統合 川村邦光 [執筆]
実践暴力の行方 : ケニアと西成の暴動現場から 松田素二 [執筆]
儀礼としての政治的暴力 : イスラームのジハードの場合 大塚和夫 [執筆]
暴力と崇高 : ベンヤミンとソレル 今村仁司 [執筆]
儀礼的殺害としての供犠の位置 : ユダヤ・キリスト教世界での過剰解釈の残余 谷泰 [執筆]
女による暴力と女への暴力 : ギリシア悲劇の暴力性と女性像 松村一男 [執筆]
食人と他者理解 : 宣教師のみたフィジー人 春日直樹 [執筆]
女神と共同体の祝福に抗して : 現代インドのサティー(寡婦殉死)論争 田中雅一 [執筆]
性暴力的主体はいかにして形成されるのか : フーコーとクリステヴァの理論に基づく考察 大越愛子 [執筆]
暴力の文化人類学序論 田中雅一 [執筆]
平等主義社会における暴力 : ブッシュマンの「神話」と現実 菅原和孝 [執筆]
戦士的伝統、年齢組織と暴力 : 南部スーダン・パリ社会の動揺 栗本英世 [執筆]
9.

図書

図書
大越愛子著
出版情報: 東京 : 三一書房, 1997.5
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
大越愛子著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1997.6
シリーズ名: 叢書現代の宗教 ; 11
所蔵情報: loading…