著者典拠情報

著者標目形:
柳田, 国男(1875-1962)||ヤナギタ, クニオ
属性:
Personal
場所:
田原村(兵庫県)
日付:
1875-1962
から見よ参照形:
柳田, 国男||ヤナギダ, クニオ
柳田, 國男||ヤナギタ, クニオ
松岡, 国男||マツオカ, クニオ
Yanagita, Kunio, 1875-1962
Yanagida, Kunio, 1875-1962
야나기타, 구니오
尾芝, 古樟||オシバ, コショウ
注記:
姓のヨミは遺族の希望による
EDSRC:桃太郎の誕生 / 柳田国男著 (角川書店, 1973.11) の年譜によってPLACE (田原村) を追加
EDSRC:일본 명치・대정시대의 생활문화사 / 야나기타 구니오 지음 ; 김정례, 김용의 옮김 (소명출판, 2006.8) の標題紙によってSFフィールド (야나기타, 구니오) を追加
EDSRC:定本柳田國男集 / 柳田國男著(筑摩書房, 1962-1971)第13巻のあとがきにより、ペンネーム「尾芝古樟」追加 (ヨミは推読)
著者典拠ID:
DA00356825


1.

図書

図書
柳田国男著
出版情報: 東京 : 河出書房新社, 2017.5
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
柳田国男著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2008.4
シリーズ名: 岩波文庫 ; 青(33)-138-6
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
海上の道
海神宮考
みろくの船
根の国の話
鼠の浄土
宝貝のこと
人とズズダマ
稲の産屋
知りたいと思う事二三
海上の道
海神宮考
みろくの船
3.

図書

図書
柳田國男ほか著 ; 小松和彦編
出版情報: 東京 : 河出書房新社, 2001.5
シリーズ名: 怪異の民俗学 / 小松和彦責任編集 ; 7
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
人柱と松浦佐用媛 柳田國男著
八岐の大蛇(抄) 肥後和男著
献身のフォルク 宮田登著
イケニヘについて : 神話と象徴 西郷信綱著
人柱と築堤工法 若尾五雄著
人身御供譚への序章 赤坂憲雄著
イケニヘ譚の発生 : 縄文と弥生のはざまに 三浦佑之著
イケニヘ祭祀の起源 : 供犠論の日本的展開のために 中村生雄著
遍路や六部などの持ち金を盗んだ家筋の話 桂井和雄著
よそ者・来訪者の観念 吉田禎吾著
異人殺しのフォークロア : その構造と変容 小松和彦著
異人殺し伝承の創造 : 若者たちの語る怪談と「こんな晩」 常光徹著
「家」の盛衰 : 「異人殺し」のフォークロア 矢野敬一著
人柱と松浦佐用媛 柳田國男著
八岐の大蛇(抄) 肥後和男著
献身のフォルク 宮田登著
4.

図書

図書
柳田國男ほか著 ; 小松和彦編
出版情報: 東京 : 河出書房新社, 2001.2
シリーズ名: 怪異の民俗学 / 小松和彦責任編集 ; 6
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
幽霊思想の変遷 柳田國男著
怨霊から御霊へ : 中世的死霊観の展開 櫻井徳太郎著
幽霊の条件 池田弥三郎著
幽霊, 出現の意味と構造 安永寿延著
幽霊とは何か 諏訪春雄著
円朝における身ぶりと象徴 鶴見俊輔著
化物屋敷考 宮田登著
さかさまの幽霊 服部幸雄著
応挙の幽霊 : 円山四条派を含めて 河野元昭著
幽霊の「像」の変遷 高田衛著
累曼陀羅 服部幸雄著
累とお岩 川村湊著
幽霊の変貌 : 東海道四谷怪談の方法 廣末保著
怪談の発生 : 文学史の側から 高田衛著
産女ノート : 文芸がとらえた産女とその周辺 西田耕三著
幽霊出産譚 花部英雄著
幽婚譚の系譜 : 通幻伝説を中心に 花部英雄著
禅僧と奇談文芸 : 『因果物語』と禅林呪法の世界 : 近世仏教怪異譚の原像 堤邦彦著
水と女の世間話 : お姫坂の怪をめぐって 山田厳子著
創造される伝説 : 名護屋城周辺地域の秀吉伝説 原英子著
死霊とミサキ : 備前南部の死神伝承 小嶋博巳著
幽霊思想の変遷 柳田國男著
怨霊から御霊へ : 中世的死霊観の展開 櫻井徳太郎著
幽霊の条件 池田弥三郎著
5.

図書

図書
柳田國男 [ほか] 著 ; 小松和彦編
出版情報: 東京 : 河出書房新社, 2001.6
シリーズ名: 怪異の民俗学 / 小松和彦責任編集 ; 8
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
記号と境界 山口昌男著
妖怪のトポロジー 宮田登著
四つ辻とあの世 高取正男著
厠考 : 異界としての厠 飯島吉晴著
辻についての一考察 笹本正治著
村境の象徴論的意味 八木康幸著
「賽の河原」考 本田和子著
かはたれ時 柳田國男著
黎明 : 原始的想像力の日本的構造 益田勝実著
生と死の境界 小松和彦著
生杖と占杖 : 一つの覚書 松村武雄著
遊行的なるもの(抄) 廣末保著
境にひびく音 宮田登著
節分の籠 近藤直也著
神隠しと鉦や太鼓 笹本正治著
境界にたたずむ子ども・老人 : 泣き声に聴く 森下みさ子著
鶏と雷公(頼光) 高橋昌明著
境界の呪具 : 箒 常光徹著
記号と境界 山口昌男著
妖怪のトポロジー 宮田登著
四つ辻とあの世 高取正男著