1.

図書

図書
ed. by B. C. Kuo
出版情報: Illinois : Incremental Motion Control Systems Society, 1987
所蔵情報: loading…
2.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
吉田, 晏梨 ; Yoshida, Anri
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.85-92,  2022-05-26.  琉球大学大学院教育学研究科
3.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
Deng, Yange ; Fujinari, Hiroaki ; Yai, Hikari ; Shimada, Kojiro ; Miyazaki, Yuzo ; Tachibana, Eri ; Deshmukh, K. Dhananjay ; Kawamura, Kimitaka ; Nakayama, Tomoki ; Tatsuta, Shiori ; Cai, Mingfu ; Xu, Hanbing ; Li, Fei ; Tan, Haobo ; Ohata, Sho ; Kondo, Yutaka ; Takami, Akinori ; Hatakeyama, Shiro ; Mochida, Michihiro
出版情報: Atmospheric Chemistry and Physics.  22  pp.5515-5533,  2022-05-02.  European Geosciences Union — Copernicus Publications
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/0002017926
概要: Filter-based offline analysis of atmospheric aerosol hygroscopicity coupled to composition analysis provides information complementary to that obtained from online analysis. However, its application itself and comparison to online analysis have remained limited to date. In this study, daily submicrometer aerosol particles (PM0.95, 50 % cutoff diameter 0.95 µm) were collected onto quartz fiber filters on Okinawa Island, a receptor of East Asian outflow, in the autumn of 2015. The chemical composition of water-soluble matter (WSM) in PM0.95, PM0.95 itself, and their respective hygroscopicities were characterized through the offline use of an aerosol mass spectrometer and a hygroscopicity tandem differential mobility analyzer. Thereafter, results were compared with those obtained from online analyses. Sulfate dominated the WSM mass (59 %), followed by water-soluble organic matter (WSOM, 20 %) and ammonium (13 %). WSOM accounted for most (91 %) of the mass of extracted organic matter (EOM) and the atomic O-to-C ratios (O : C) of WSOM and EOM were high (mean ± standard deviation were 0.84 ± 0.08 and 0.78 ± 0.08, respectively), both of which indicate highly aged characteristics of the observed aerosol. The hygroscopic growth curves showed clear hysteresis for most samples. At 85 % relative humidity (RH), the calculated hygroscopicity parameter κ values of the WSM (κWSM), WSOM, EOM, andPM0.95 (κPM0.95 ) were 0.50 ± 0.03, 0.22 ± 0.12, 0.20 ± 0.11, and 0.47 ± 0.03, respectively. An analysis using the thermodynamic Extended Aerosol Inorganics Model (E-AIM) shows, on average, that inorganic salts and WSOM contributed 88 % and 12 %, respectively, of the κWSM (or κPM0.95 ). High similarities were found between offline and online analysis for chemical compositions that are related to particle hygroscopicity (the mass fractions and O : C of organics and the degree of neutralization) and also for aerosol hygroscopicity. As possible factors governing the variation in κWSM, the influences of WSOM abundance and the neutralization of inorganic salts were assessed. At high RH (70 %–90 %), the hygroscopicity of WSM and PM0.95 was affected considerably by the presence of organic components; at low RH (20 %–50 %), the degree of neutralization could be important.This study not only characterized aerosol hygroscopicity at the receptor site of East Asian outflow but also shows that offline hygroscopicity analysis is an appropriate method, at least for aerosols of the studied type. The results encourage further applications to other environments and to more in-depth hygroscopicity analysis, in particular for organic fractions. 続きを見る
4.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
前之園, 唯史 ; Maenoson, Tadafum
出版情報: Fauna Ryukyuana — Fauna Ryukyuana.  64  pp.5-21,  2022-04-07. 
概要: 琉球列島の沿岸域から採集された標本に基づき, テナガオウギガニ属Chlorodiella Rathbun, 1897の7種 [ケフサテナガオウギガニC. barbata (Borradaile, 1900); ヨツハテナガオウギガニ (新称 ) C. corallicola Miyake & Takeda, 1968; ナギテナガオウギガニ (新称) C. crispipleopa Dai, Yang, Song & Chen, 1986; ヒメテナガオウギガニC. cytherea (Dana, 1852); ユビワテナガオウギガニ (新称) C. xishaensis Chen & Lan, 1978; テナガオウギガニC. laevissima (Dana, 1852); クロテナガオウギガニC. nigra (Forskål, 1775)] を報告した. これらの種のうち, ヨツハテナガオウギガニは日本沿岸から初記録である. ナギテナガオウギガニとユビワテナガオウギガニは, それぞれの種名で日本沿岸から記録されたことはないが, ヒメテナガオウギガニとして報告された記録のなかにこれら2種が含まれていることが判明した. 本研究で扱ったナギテナガオウギガニと暫定的にヒメテナガオウギガニと同定した標本は, 複数の形質によって区別できるが, どちらがC. cythereaの名義種に適合するかについて確認する必要がある. 本研究で暫定的にテナガオウギガニと同定した標本の多くは, Serène (1984) による “C. laevissima form robusta” と一致するが, この名称は不適格名である. さらに, Serène (1984) が定義した2つの型は, C. laevissimaの新参シノニムとされているMenippe martensii Krauss, 1843との比較も必要であることを指摘した. 本研究でクロテナガオウギガニと同定した標本には, 2つの変異が含まれていた. クロテナガオウギガニの正確な同定をするために, これらの変異が種内変異であるのか種の違いであるのか, またそれらとC. nigraのシノニムとの関係を再検討する必要性についても指摘した.
Seven species of the xanthid genus Chlorodiella Rathbun, 1897 [C. barbata (Borradaile, 1900); C. corallicola Miyake & Takeda, 1968; C. crispipleopa Dai, Yang, Song & Chen, 1986; C. cytherea (Dana, 1852); C. xishaensis Chen & Lan, 1978; C. laevissima (Dana, 1852) and C. nigra (Forskål, 1775)], are reported based on specimens collected from the Ryukyu Islands, southern Japan. The present study represents the first record of C. corallicola from Japanese waters. It is also found that C. crispipleopa and C. xishaensis had already been recorded from several Japanese studies as C. cytherea. The specimens, tentatively identified as C. cytherea in the present study, are distinguished from C. crispipleopa by several features, although the identity of C. cytherea s.s. described by Dana (1852) is uncertain. Most of the specimens tentatively identified as C. laevissima in the present study agree with “C. laevissima form robusta” in Serène (1984), but the name “robusta” is an unavaibale name. Furthermore, this study pointed out that it is necessary to compare Serène’s (1984) two forms with Menippe martensii Krauss, 1843, which is regarded as a junior synonym of C. laevissima. The specimens identified as C. nigra in the present study included two morphological variations. For better taxonomy of C. nigra, it is necessary to determine whether these variations are intraspecific or interspecific differences and to match these specimens with nominal species currently synonimised under C. nigra.
続きを見る
5.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
今田, 舜介 ; Imada, Shunsuke ; 伊藤, 玲央 ; Ito, Reo ; 徳重, 典英 ; Tokushige, Norihide ; 中野, 文尊 ; Nakano, Fumihito ; 中村, 涼 ; 橋爪, 拓斗 ; Hashizume, Takuto
出版情報: Fauna Ryukyuana — Fauna Ryukyuana.  64  pp.23-26,  2022-04-07.  琉球大学資料館 (風樹館)
概要: ツブヒゲナガゾウムシCisanthribus nakanei Morimoto, 1986 (コウチュウ目: ヒゲナガゾウムシ科: ノミヒゲナガゾウムシ亜科) を中之島, 伊平屋島, 座間味島, 粟国島, 西表島, 与那国島から初めて記録し た. また, 本種を沖縄島から追加記録した.さらに, これまで落葉層のみに生息すると考えられてきた本種の, 枯れ木のビーティングまたは立ち枯れのスプレーイングによる採集例や, ビロウの枯れた葉柄上での観察例を併せて報告した.
Cisanthribus nakanei Morimoto, 1986 is newly recorded from Nakanoshima Island, Iheya-jima Island, Zamami-jima Island, Aguni-jima Island, Iriomote-jima Island, and Yonaguni-jima Island, and additionally recorded from Okinawa-jima Island in the Ryukyu Islands. Although this species was thought to inhabit in the litter layer, it was collected by beating dead trunks or by spraying a standing dead tree on Iriomote-jima Island, and also obtained and observed mating on dead leafstalks hanging from a Livistona chinensis tree on Yonaguni-jima Island.
続きを見る
6.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
佐藤, 大義
出版情報: Fauna Ryukyuana — Fauna Ryukyuana.  64  pp.27-43,  2022-04-07.  琉球大学資料館 (風樹館)
概要: 琉球列島の沖縄島, 屋我地島, 久米島町奥武島および西表島周辺海域から採集された標本に基づき, リュウグウスナモグリ科 (新称) Eucalliacidae Manning & Felder, 1991のクモリスナモグリ (新称) Call iaxina novaebritanniae (Borradaile, 1900), オトヒメスナモグリC. sakaii (de Saint Laurent, in de Saint Laurent & Le Loeuff, 1979), フタモンスナモグリ(新称) Eucalliaxiopsis inaequimana (Dworschak, 2014) およびウラシマスナモグリE. panglaoensis (Dworschak, 2006) を報告した. これら4種のうち, クモリスナモグリとフタモンスナモグリの2種は日本沿岸からの初記録であるとともに, 本報告によって分布域の北限を大きく更新した.
Four species of eucalliacid ghost shrimps, Calliaxina novaebritanniae (Borradaile, 1900), C. sakaii (de Saint Laurent in de Saint Laurent & Le Loeuff, 1979), Eucalliaxiopsis inaequimana (Dworschak, 2014) and E. panglaoensis (Dworschak, 2006) are reported based on specimens collected from Okinawajima Island, Yagachijima Island, Ohjima in Kumejima Town, and Iriomotejima and its adjacent islands, Ryukyu Islands, southwestern Japan. The present study represents the first records of C. novaebritanniae and E. inaequimana to the Japanese fauna and expands the distributional ranges of these two species to the north.
続きを見る
7.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
前之園, 唯史 ; Maenosono, Tadafumi ; 佐藤, 大義 ; Sato, Taigi
出版情報: Fauna Ryukyuana — Fauna Ryukyuana.  64  pp.45-64,  2022-04-07.  琉球大学資料館 (風樹館)
概要: 沖縄諸島の沿岸域から採集された標本に基づき, ケブカオビヒロガニ (新称) Typhlocarcinops hirtus Ng & Rahayu, 2020およびビロードオビヒロガニ (新称) T. cf. tonsuratusを日本初記録 として報告した. 本研究でビロードオビヒロガニと同定した標本は, 雄の第1腹肢の形状がT. tonsuratusの原記載の図と異なっていたが, ホロタイプの唯一残っている第1腹肢も破損している可能性が考えられた. 本研究ではこれら2種の形態情報を示すとともに日本産メクラガニモドキ属各種の現在の同定に対応する和名の整理も行った.
Two species of the rhizopine crabs, Typhlocarcinops hirtus Ng & Rahayu, 2020 and T. cf. tonsuratus, are reported from Japan for the first time based on specimens collected from the Okinawa Islands, central Ryukyus. The structure of male first gonopod of the specimens identified as T. cf. tonsuratus in the present study is different from the drawing of the holotype of the nominal species, but it is possible that the drawn gonopod may be damaged and thus shows an unusual condition. The morphological features of these two species are described. Moreover, Japanese names of all other Typhlocarcinops species recorded from Japan were adjusted to match current identification
続きを見る
8.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
水山, 克 ; Mizuyama, Masaru ; 久保, 弘文 ; Kubo, Hirofumi ; 藤田, 喜久 ; Fujita, Yoshihisa
出版情報: Fauna Ryukyuana — Fauna Ryukyuana.  64  pp.65-73,  2022-04-07.  琉球大学資料館 (風樹館)
概要: 琉球列島の海底洞窟 (沖縄諸島の沖縄島および伊江島, 宮古諸島の下地島) からハチノスキクザルChama cerion Matsukuma, Paulay & Hamada, 2003 の生貝を記録した. これらの標本は, 本種のホロタイプ 標本と同様に, 右殻表面に折れ曲がって重なり合う特徴的な鱗片状突起が確認され, また, この突起構造は左殻にも見られることが明らかとなった. 一方, 少なくとも本種のパラタイプ標本の一部には鱗片状突起が見らない個体が含まれており, C. cerion のパラタイプ標本にはホロタイプ標本とは異なる種 (おそらく未記載種) が含まれている可能性が示唆された. 本種の生貝記録は, トンガ王国ニウエ島で採集された一例のみとされてきたが, このパラタイプ標本はC. cerion ではない可能性があることから, 本報告が本種の確実な生貝の初記録となる. また, 本種が海底洞窟内のアンキアライン環境 (暗黒下かつ低塩分環境) に生息することも明らかとなった.
The rare chamid bivalve, Chama cerion Matsukuma, Paulay & Hamada, 2003, is recorded from submarine caves in Okinawa-jima Island and Ie-jima Island of the Okinawa Island Group, and Shimoji-jima Island of the Miyako Island Group, Ryukyu Islands, southwestern Japan. The specimens examined possessed bent over, overlapping scales that characterize the outer surface of right valve of the holotype of C. cerion, and these characteristic scales were also found in the left valve. On the other hand, these characteristic scales were not found in a paratype examined in this study. This indicates that at least one paratype is not conspecific to the holotype and they seem to consist of more than two species, including a potentially undescribed species. All the specimens of C. cerion from the Ryukyu Islands have been found in anchialine environments of submarine caves (darkness and low salinity conditions), and these records represent the first definite findings of living individuals of C. cerion.
続きを見る
9.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
石田, 一之 ; Ishida, Kazuyuki
出版情報: 九州地区国立大学教育系・文系研究論文集 — The Joint Journal of the National Universities in Kyushu. Education and Humanities.  8  pp.No.8-,  2022-03-31.  九州地区国立大学間の連携事業に係る企画委員会リポジトリ部会
概要: 本稿では、第1節では、ドイツの社会学的新自由主義のアレクサンダー・リュストウ(Alexander Rüstow)の主要著作である『現代の位置づけ』の内容の検討を中心としながら、歴史的、文化社会学的視点からみた現代の位置づけという問題を検討す る。第2節では、リュストウの現代の位置づけを巡る社会学的分析とそこから導かれた政策論の今日的意義に関連した事柄を中心に取り上げる。現代の位置づけの議論に関連して、人間の社会学的状況の分析を表すものとして用いたVitalsituationの概念や、その政策分野への応用としてのVitalpolitikの考え方が、今日、欧州を中心として社会的包摂や社会的統合ををめぐる政策の議論が活発化する中で、新たな政策的意義を持つものとして捉えられるようになった。 『現代の位置づけ』においては、近代以降、あるいは現代の社会を合理主義的思考が優位した産業社会と捉え、自然や技術の問題、ならびに社会、経済、政治の各分野における諸問題が扱われている。20世紀の産業化された社会システムにおいては、感情と切り離された理性が優位となり、伝統的諸条件の解体が進行し、他の人間並びに自然との人間的共生にとっての崩壊的帰結があらわれた。 これに対して、世紀の転換をはさんだ時期を中心として、本稿の第2節で取り上げたように、欧州を中心に社会のすべての構成員の社会への包摂を志向する動きが明らかとなり、また地球環境問題を巡る動きもより活発化して現れた。
本論文は「九州地区国立大学教育系・文系研究論文集」Vol.8, No.2(2022/3)に査読を経て受理された。
続きを見る
10.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
前原, 健大 ; Takehiro, Maehara
出版情報: 九州地区国立大学教育系・文系研究論文集 — The Joint Journal of the National Universities in Kyushu. Education and Humanities.  8  pp.No.9-,  2022-03-31.  九州地区国立大学間の連携事業に係る企画委員会リポジトリ部会
概要: 本稿では依存格理論(Marantz 1991)と呼ばれる形態格付与に関する理論を用いて日本語受動文の分析を行なった。依存格理論では構造中のDP間のc統御関係により付与する格を決定するため、分析対象となる文の正確な統語構造を知ることが必要とな ってくる。そこで、2節では先行研究を基に本稿における受動文の構造を仮定した。3節では前節で仮定した受動文の構造を基に依存格理論による分析を行なった。ここでは、前原(2021)における依存格付与規則を基に分析を進めた。その結果、前原にて提案されている格付与規則を用いることで、日本語受動文においても適格な格付与を行うことができることが分かった。また、格付与規則の適用はスペルアウトと同時に、TPを一単位として行われるのが適切でるということも分かった。
本論文は「九州地区国立大学教育系・文系研究論文集」Vol.8, No.2(2022/3)に査読を経て受理された。
続きを見る
11.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
高畑, 明尚 ; Takahata, Akihisa
出版情報: 琉球大学経済研究=Ryukyu University Economic Review.  pp.1-43,  2022-03-31.  琉球大学国際地域創造学部
12.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
德島, 武 ; Tokushima, Takeshi
出版情報: 琉球大学経済研究=Ryukyu University Economic Review.  pp.45-49,  2022-03-31.  琉球大学国際地域創造学部
概要: リカードの等価定理は、開放経済のケースで内国債と外国債の発行を想定すれば、  一括税⇔内国債⇔外国債 の関係が成立する。これは、開放経済の動学的最適化分析のケースにおいて、一括税の場合は、財政収支均衡の仮定を裏付けるものとなるだろう。
13.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
Shimada, Kojiro ; Nohchi, Masayuki ; Maeshima, Koji ; Uchino, Tomonori ; Kobayashi, Yusuke ; Ono, Kazuki ; Ogata, Hiroko ; Katsumi, Naoya ; Inazu, Koji ; Okochi, Hiroshi
出版情報: Scientific Reports.  12  2022-03-11.  Springer Nature
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/0002017922
概要: The concentrations of polycyclic aromatic hydrocarbons (PAHs) in aerosol were measured in Shinjuku, which is central Tok yo, Japan, for 10 years from 2007 to 2016. The efects of changes in emission sources and their degradation by reaction with ozone were assessed in this study. There was no signifcant increasing or decreasing trend of the PAH concentrations during 10 years (P> 0.05). The average selected seven the PAH concentrations (0.88 ng ­m−3) during 10 years was lower than those in New York and Paris. However, the trend of ozone concentrations is increasing in central Tokyo. This inconsistency raises a question. Did the fact that the ozone concentration was higher than the PAH concentrations promote PAH degradation? To apportion the PAH sources, we used PAH concentration profles and positive matrix factorization analysis. The contribution of vehicle emissions to the PAHs ranged from 40 to 80%. Ozone concentrations increased by 3.70%/year during 10 years. The theoretical degradation rates of PAHs by ozone, which were calculated using a pseudo-frst-order rate equation, suggested that the lifetimes of benzo[a]pyrene (BaP) decreased by 1 min from 2007 to 2016. We investigated the aging of BaP using the profle of the isomer ratios. We found that the aging of BaP at the urban and roadside sites were nearly identical indicating aging regardless of the season. Although the decomposition of BaP is promoted by the photochemical oxidation reaction, this result suggests that a certain threshold value exists as the degree of the decomposition. This degradation of PAH can improve chemical loss processes in air quality model. 続きを見る
14.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
萩野, 敦子
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/0002017949
15.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
砂川, 誠智
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.1-4,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
16.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
西山, 智海
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.5-8,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
17.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
玉城, 貴子
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.9-12,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
18.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
下地, 昌代
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.13-16,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
19.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
山中, 隆行
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.17-20,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
20.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
網敷, 藤代
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.21-24,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
21.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
屋嘉比, 理
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.25-28,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
22.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
仲松, 夕里菜
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.29-32,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
23.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
比嘉, 栞菜
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.33-36,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
24.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
橋本, 剛
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.37-40,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
25.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
岸本, 恵一
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.41-44,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
26.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
目取眞, 堤
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.45-48,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
27.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
呉屋, 美穂
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.49-52,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
28.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
長元, 智
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.53-56,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
29.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
當間, 比呂
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.57-60,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
30.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
宮里, 未希
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.61-64,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
31.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
森根, 竜也
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.65-68,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
32.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
榎本, 陽音
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.69-72,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
33.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
伊佐, 勇亮
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.73-76,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
34.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
諸喜田, 峰子
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.77-80,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
35.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
名冨, 綾乃
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.81-84,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
36.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
山城, 太智 ; Yamashiro, Taichi
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.93-100,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
37.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
濱川, 法子 ; Hamakawa, Noriko
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.101-108,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
38.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
諸見里, 咲 ; Moromizato, Saki
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.109-116,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
39.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
田場, 千夏 ; Taba, Chinatsu
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.117-124,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
40.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
渡慶次, 愛 ; Tokeshi, Ai
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.125-132,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
41.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
豊田, 花恵 ; Toyota, Hanae
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.133-140,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
42.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
上地, 真理子 ; Uechi, Mariko
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.141-148,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
43.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
浦内, 桜 ; Urauchi, Sakura
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.149-156,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
44.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
崎浜, 智恵 ; Sakihama, Tomoe
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.157-164,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
45.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
我那覇, ゆり子 ; Ganaha, Yuriko
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.165-172,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
46.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
金城, 静姫 ; KINJO, Shizuki
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.173-180,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
47.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
西江, 里和子 ; Nishie, Riwako
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.181-188,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
48.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
鹿野, 誠 ; Shikano, Makoto
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.189-196,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
49.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
米川, 順熙 ; Yonekawa, Masaki
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.197-204,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
50.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
島内, 梨沙 ; Shimauchi, Risa
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.205-212,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科