1.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
幸地, 佑朔 ; Kouchi, Yusaku ; 羽田, 麻美 ; Hada, Asami
出版情報: 沖縄地理.  pp.17-23,  2022-07-31.  沖縄地理学会
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/0002019448
概要: 本研究では,沖縄島本部半島山里の円錐カルスト地域を対象に,コックピット内の 4 地点(空中と土層)において石灰岩の溶食速度を明らかにするための野外実験を実施した.34 日間の実験の結果,石灰岩の初期段階における溶食率(%)は,コックピット内 の地点ごとに異なる.すなわち,土層における溶食率(%)は設置地点の土壌含水比が高いほど大きい.これは,土層構造や基盤岩の地形の影響を受けて土壌の含水比が異なり,石灰岩の溶食に影響を与えているものと推察する.また,空中と土層に設置した石灰岩を比較すると,土層において空中よりも約 3 ~ 10 倍の速さで溶食が進行している. 続きを見る
2.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
上原, 由記音 ; Uehara, Yukine
出版情報: 日本スペインピアノ音楽学会学会誌.  pp.41-69,  2022-07-07.  日本スペインピアノ音楽学会
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/0002019432
3.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
齋藤, 将人 ; Saito, Masato ; 山里, 敬也 ; Yamazato, Takaya
出版情報: 電子情報通信学会技術研究報告 — IEICE Technical Report.  122  pp.236-241,  2022-06-08.  一般社団法人 電子情報通信学会 — THE INSTITUTE OF ELECTRONICS, INFORMATION AND COMMUNICATION ENGINEERS
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/0002019437
概要: 筆者らは,確率共鳴現象を利用することにより,雑音と 1bit ADC (Analogue-to-Digital Converter) を用いて振幅変動を伴う信号の受信方法について理論,計算機シミュレーション,および実験による検討を行っている .本研究では,データ変調として BPSK (Binary Phase Shift Keying) を用いた OFDM (Orthogonal Frequency Division Multiplexing) 信号に雑音を加えた信号を 1bit ADC で量子化した信号から送信ビット列を推定する受信実験を行った.OFDM 信号を任意波形発生器で生成し,雑音発生器で生成した広帯域雑音を減衰器に通した後,送信信号に加え,高速 ADC およびデータキャプチャボードで受信した.1bit ADC はソフトウェア上で実現している.1bit ADC 出力に対して,移動平均フィルタおよび Hamming 窓を適用することにより得られた期待値を用いて復調を行った.雑音減衰量を変化させた場合におけるビット誤り率を評価した所,雑音が十分小さければ 128 ビットのデータを誤らずに送信できることを確認した.BPSK/OFDM の場合,これまでの確率共鳴に関する検討結果とは異なり,雑音が小さくなるほどビット誤り率が小さくなるという傾向が見られた.
We have been studied on receiving the signals varying those amplitude by using additional noise and 1bit ADC (Analogue-to-Digital Converter) in the framework of stochastic resonance through theoretical analysis, computer simulation, and experiments. In this study, we experimentally perform the reception of BPSK (Binary Phase Shift Keying)/ OFDM (Orthogonal Frequency Division Multiplexing) signals using additional noise and 1bit ADCs. We use an arbitrary function generator to generate BPSK/OFDM signals, a noise generator to generate wide-band white noise, and high-speed ADC and data capture board. The data obtained by the capture board is applied to 1bit ADCs realized by software. We apply moving average filter and Hamming windowing to 1bit ADC output to evaluate the expected value of the 1bit ADC input signal. BER (Bit Error Rate) performances for variable noise attenuation verified that 128 bits of transmitted data can be demodulated without error for sufficiently small noise. This tendency is different from the previous studies in the framework of stochastic resonance.
続きを見る
4.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
吉田, 晏梨 ; Yoshida, Anri
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.85-92,  2022-05-26.  琉球大学大学院教育学研究科
5.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
Futenma, Kunihiro ; Takaesu, Yoshikazu ; Nakamura, Masaki ; Hayashida, Kenichi ; Takeuchi, Noboru ; Inoue, Yuichi
出版情報: International Journal of Environmental Research and Public Health.  19  2022-05-22.  MDPI
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/0002019345
概要: Narcolepsy types 1 (NT1) and 2 (NT2) and idiopathic hypersomnia (IH) are thought to be a disease continuum known as narc olepsy spectrum disorders (NSDs). This study aimed to assess the prevalence of and factors associated with metabolic-syndrome-related disorders (MRDs) among patients with NSD. Japanese patients with NSD (NT1, n = 94; NT2, n = 83; and IH, n = 57) aged ≥35 years were enrolled in this cross-sectional study. MRD was defined as having at least one of the following conditions: hypertension, diabetes, or dyslipidemia. Demographic variables and MRD incidence were compared among patients in the respective NSD categories. Multivariate logistic regression analysis was used to investigate the factors associated with MRDs. Patients with NT1 had a higher body mass index (BMI) and incidence of MRD than that had by those with NT2 or IH. Age, BMI, and the presence of OSA were significantly associated with the incidence of MRD in NSDs. Age and BMI in NT1, BMI and human leukocyte antigen (HLA)-DQB1*06:02 positivity in NT2, and only age in IH were factors associated with the incidence of MRD. Obesity should be carefully monitored in narcolepsy; however, NT2 with HLA-DQB1*06:02 positive should be followed up for the development of MRD even without obesity. 続きを見る
6.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
Deng, Yange ; Fujinari, Hiroaki ; Yai, Hikari ; Shimada, Kojiro ; Miyazaki, Yuzo ; Tachibana, Eri ; Deshmukh, K. Dhananjay ; Kawamura, Kimitaka ; Nakayama, Tomoki ; Tatsuta, Shiori ; Cai, Mingfu ; Xu, Hanbing ; Li, Fei ; Tan, Haobo ; Ohata, Sho ; Kondo, Yutaka ; Takami, Akinori ; Hatakeyama, Shiro ; Mochida, Michihiro
出版情報: Atmospheric Chemistry and Physics.  22  pp.5515-5533,  2022-05-02.  European Geosciences Union — Copernicus Publications
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/0002017926
概要: Filter-based offline analysis of atmospheric aerosol hygroscopicity coupled to composition analysis provides information complementary to that obtained from online analysis. However, its application itself and comparison to online analysis have remained limited to date. In this study, daily submicrometer aerosol particles (PM0.95, 50 % cutoff diameter 0.95 µm) were collected onto quartz fiber filters on Okinawa Island, a receptor of East Asian outflow, in the autumn of 2015. The chemical composition of water-soluble matter (WSM) in PM0.95, PM0.95 itself, and their respective hygroscopicities were characterized through the offline use of an aerosol mass spectrometer and a hygroscopicity tandem differential mobility analyzer. Thereafter, results were compared with those obtained from online analyses. Sulfate dominated the WSM mass (59 %), followed by water-soluble organic matter (WSOM, 20 %) and ammonium (13 %). WSOM accounted for most (91 %) of the mass of extracted organic matter (EOM) and the atomic O-to-C ratios (O : C) of WSOM and EOM were high (mean ± standard deviation were 0.84 ± 0.08 and 0.78 ± 0.08, respectively), both of which indicate highly aged characteristics of the observed aerosol. The hygroscopic growth curves showed clear hysteresis for most samples. At 85 % relative humidity (RH), the calculated hygroscopicity parameter κ values of the WSM (κWSM), WSOM, EOM, andPM0.95 (κPM0.95 ) were 0.50 ± 0.03, 0.22 ± 0.12, 0.20 ± 0.11, and 0.47 ± 0.03, respectively. An analysis using the thermodynamic Extended Aerosol Inorganics Model (E-AIM) shows, on average, that inorganic salts and WSOM contributed 88 % and 12 %, respectively, of the κWSM (or κPM0.95 ). High similarities were found between offline and online analysis for chemical compositions that are related to particle hygroscopicity (the mass fractions and O : C of organics and the degree of neutralization) and also for aerosol hygroscopicity. As possible factors governing the variation in κWSM, the influences of WSOM abundance and the neutralization of inorganic salts were assessed. At high RH (70 %–90 %), the hygroscopicity of WSM and PM0.95 was affected considerably by the presence of organic components; at low RH (20 %–50 %), the degree of neutralization could be important.This study not only characterized aerosol hygroscopicity at the receptor site of East Asian outflow but also shows that offline hygroscopicity analysis is an appropriate method, at least for aerosols of the studied type. The results encourage further applications to other environments and to more in-depth hygroscopicity analysis, in particular for organic fractions. 続きを見る
7.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
前之園, 唯史 ; Maenoson, Tadafum
出版情報: Fauna Ryukyuana — Fauna Ryukyuana.  64  pp.5-21,  2022-04-07. 
概要: 琉球列島の沿岸域から採集された標本に基づき, テナガオウギガニ属Chlorodiella Rathbun, 1897の7種 [ケフサテナガオウギガニC. barbata (Borradaile, 1900); ヨツハテナガオウギガニ (新称 ) C. corallicola Miyake & Takeda, 1968; ナギテナガオウギガニ (新称) C. crispipleopa Dai, Yang, Song & Chen, 1986; ヒメテナガオウギガニC. cytherea (Dana, 1852); ユビワテナガオウギガニ (新称) C. xishaensis Chen & Lan, 1978; テナガオウギガニC. laevissima (Dana, 1852); クロテナガオウギガニC. nigra (Forskål, 1775)] を報告した. これらの種のうち, ヨツハテナガオウギガニは日本沿岸から初記録である. ナギテナガオウギガニとユビワテナガオウギガニは, それぞれの種名で日本沿岸から記録されたことはないが, ヒメテナガオウギガニとして報告された記録のなかにこれら2種が含まれていることが判明した. 本研究で扱ったナギテナガオウギガニと暫定的にヒメテナガオウギガニと同定した標本は, 複数の形質によって区別できるが, どちらがC. cythereaの名義種に適合するかについて確認する必要がある. 本研究で暫定的にテナガオウギガニと同定した標本の多くは, Serène (1984) による “C. laevissima form robusta” と一致するが, この名称は不適格名である. さらに, Serène (1984) が定義した2つの型は, C. laevissimaの新参シノニムとされているMenippe martensii Krauss, 1843との比較も必要であることを指摘した. 本研究でクロテナガオウギガニと同定した標本には, 2つの変異が含まれていた. クロテナガオウギガニの正確な同定をするために, これらの変異が種内変異であるのか種の違いであるのか, またそれらとC. nigraのシノニムとの関係を再検討する必要性についても指摘した.
Seven species of the xanthid genus Chlorodiella Rathbun, 1897 [C. barbata (Borradaile, 1900); C. corallicola Miyake & Takeda, 1968; C. crispipleopa Dai, Yang, Song & Chen, 1986; C. cytherea (Dana, 1852); C. xishaensis Chen & Lan, 1978; C. laevissima (Dana, 1852) and C. nigra (Forskål, 1775)], are reported based on specimens collected from the Ryukyu Islands, southern Japan. The present study represents the first record of C. corallicola from Japanese waters. It is also found that C. crispipleopa and C. xishaensis had already been recorded from several Japanese studies as C. cytherea. The specimens, tentatively identified as C. cytherea in the present study, are distinguished from C. crispipleopa by several features, although the identity of C. cytherea s.s. described by Dana (1852) is uncertain. Most of the specimens tentatively identified as C. laevissima in the present study agree with “C. laevissima form robusta” in Serène (1984), but the name “robusta” is an unavaibale name. Furthermore, this study pointed out that it is necessary to compare Serène’s (1984) two forms with Menippe martensii Krauss, 1843, which is regarded as a junior synonym of C. laevissima. The specimens identified as C. nigra in the present study included two morphological variations. For better taxonomy of C. nigra, it is necessary to determine whether these variations are intraspecific or interspecific differences and to match these specimens with nominal species currently synonimised under C. nigra.
続きを見る
8.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
今田, 舜介 ; Imada, Shunsuke ; 伊藤, 玲央 ; Ito, Reo ; 徳重, 典英 ; Tokushige, Norihide ; 中野, 文尊 ; Nakano, Fumihito ; 中村, 涼 ; 橋爪, 拓斗 ; Hashizume, Takuto
出版情報: Fauna Ryukyuana — Fauna Ryukyuana.  64  pp.23-26,  2022-04-07.  琉球大学資料館 (風樹館)
概要: ツブヒゲナガゾウムシCisanthribus nakanei Morimoto, 1986 (コウチュウ目: ヒゲナガゾウムシ科: ノミヒゲナガゾウムシ亜科) を中之島, 伊平屋島, 座間味島, 粟国島, 西表島, 与那国島から初めて記録し た. また, 本種を沖縄島から追加記録した.さらに, これまで落葉層のみに生息すると考えられてきた本種の, 枯れ木のビーティングまたは立ち枯れのスプレーイングによる採集例や, ビロウの枯れた葉柄上での観察例を併せて報告した.
Cisanthribus nakanei Morimoto, 1986 is newly recorded from Nakanoshima Island, Iheya-jima Island, Zamami-jima Island, Aguni-jima Island, Iriomote-jima Island, and Yonaguni-jima Island, and additionally recorded from Okinawa-jima Island in the Ryukyu Islands. Although this species was thought to inhabit in the litter layer, it was collected by beating dead trunks or by spraying a standing dead tree on Iriomote-jima Island, and also obtained and observed mating on dead leafstalks hanging from a Livistona chinensis tree on Yonaguni-jima Island.
続きを見る
9.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
佐藤, 大義
出版情報: Fauna Ryukyuana — Fauna Ryukyuana.  64  pp.27-43,  2022-04-07.  琉球大学資料館 (風樹館)
概要: 琉球列島の沖縄島, 屋我地島, 久米島町奥武島および西表島周辺海域から採集された標本に基づき, リュウグウスナモグリ科 (新称) Eucalliacidae Manning & Felder, 1991のクモリスナモグリ (新称) Call iaxina novaebritanniae (Borradaile, 1900), オトヒメスナモグリC. sakaii (de Saint Laurent, in de Saint Laurent & Le Loeuff, 1979), フタモンスナモグリ(新称) Eucalliaxiopsis inaequimana (Dworschak, 2014) およびウラシマスナモグリE. panglaoensis (Dworschak, 2006) を報告した. これら4種のうち, クモリスナモグリとフタモンスナモグリの2種は日本沿岸からの初記録であるとともに, 本報告によって分布域の北限を大きく更新した.
Four species of eucalliacid ghost shrimps, Calliaxina novaebritanniae (Borradaile, 1900), C. sakaii (de Saint Laurent in de Saint Laurent & Le Loeuff, 1979), Eucalliaxiopsis inaequimana (Dworschak, 2014) and E. panglaoensis (Dworschak, 2006) are reported based on specimens collected from Okinawajima Island, Yagachijima Island, Ohjima in Kumejima Town, and Iriomotejima and its adjacent islands, Ryukyu Islands, southwestern Japan. The present study represents the first records of C. novaebritanniae and E. inaequimana to the Japanese fauna and expands the distributional ranges of these two species to the north.
続きを見る
10.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
前之園, 唯史 ; Maenosono, Tadafumi ; 佐藤, 大義 ; Sato, Taigi
出版情報: Fauna Ryukyuana — Fauna Ryukyuana.  64  pp.45-64,  2022-04-07.  琉球大学資料館 (風樹館)
概要: 沖縄諸島の沿岸域から採集された標本に基づき, ケブカオビヒロガニ (新称) Typhlocarcinops hirtus Ng & Rahayu, 2020およびビロードオビヒロガニ (新称) T. cf. tonsuratusを日本初記録 として報告した. 本研究でビロードオビヒロガニと同定した標本は, 雄の第1腹肢の形状がT. tonsuratusの原記載の図と異なっていたが, ホロタイプの唯一残っている第1腹肢も破損している可能性が考えられた. 本研究ではこれら2種の形態情報を示すとともに日本産メクラガニモドキ属各種の現在の同定に対応する和名の整理も行った.
Two species of the rhizopine crabs, Typhlocarcinops hirtus Ng & Rahayu, 2020 and T. cf. tonsuratus, are reported from Japan for the first time based on specimens collected from the Okinawa Islands, central Ryukyus. The structure of male first gonopod of the specimens identified as T. cf. tonsuratus in the present study is different from the drawing of the holotype of the nominal species, but it is possible that the drawn gonopod may be damaged and thus shows an unusual condition. The morphological features of these two species are described. Moreover, Japanese names of all other Typhlocarcinops species recorded from Japan were adjusted to match current identification
続きを見る
11.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
水山, 克 ; Mizuyama, Masaru ; 久保, 弘文 ; Kubo, Hirofumi ; 藤田, 喜久 ; Fujita, Yoshihisa
出版情報: Fauna Ryukyuana — Fauna Ryukyuana.  64  pp.65-73,  2022-04-07.  琉球大学資料館 (風樹館)
概要: 琉球列島の海底洞窟 (沖縄諸島の沖縄島および伊江島, 宮古諸島の下地島) からハチノスキクザルChama cerion Matsukuma, Paulay & Hamada, 2003 の生貝を記録した. これらの標本は, 本種のホロタイプ 標本と同様に, 右殻表面に折れ曲がって重なり合う特徴的な鱗片状突起が確認され, また, この突起構造は左殻にも見られることが明らかとなった. 一方, 少なくとも本種のパラタイプ標本の一部には鱗片状突起が見らない個体が含まれており, C. cerion のパラタイプ標本にはホロタイプ標本とは異なる種 (おそらく未記載種) が含まれている可能性が示唆された. 本種の生貝記録は, トンガ王国ニウエ島で採集された一例のみとされてきたが, このパラタイプ標本はC. cerion ではない可能性があることから, 本報告が本種の確実な生貝の初記録となる. また, 本種が海底洞窟内のアンキアライン環境 (暗黒下かつ低塩分環境) に生息することも明らかとなった.
The rare chamid bivalve, Chama cerion Matsukuma, Paulay & Hamada, 2003, is recorded from submarine caves in Okinawa-jima Island and Ie-jima Island of the Okinawa Island Group, and Shimoji-jima Island of the Miyako Island Group, Ryukyu Islands, southwestern Japan. The specimens examined possessed bent over, overlapping scales that characterize the outer surface of right valve of the holotype of C. cerion, and these characteristic scales were also found in the left valve. On the other hand, these characteristic scales were not found in a paratype examined in this study. This indicates that at least one paratype is not conspecific to the holotype and they seem to consist of more than two species, including a potentially undescribed species. All the specimens of C. cerion from the Ryukyu Islands have been found in anchialine environments of submarine caves (darkness and low salinity conditions), and these records represent the first definite findings of living individuals of C. cerion.
続きを見る
12.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
石田, 一之 ; Ishida, Kazuyuki
出版情報: 九州地区国立大学教育系・文系研究論文集 — The Joint Journal of the National Universities in Kyushu. Education and Humanities.  8  pp.No.8-,  2022-03-31.  九州地区国立大学間の連携事業に係る企画委員会リポジトリ部会
概要: 本稿では、第1節では、ドイツの社会学的新自由主義のアレクサンダー・リュストウ(Alexander Rüstow)の主要著作である『現代の位置づけ』の内容の検討を中心としながら、歴史的、文化社会学的視点からみた現代の位置づけという問題を検討す る。第2節では、リュストウの現代の位置づけを巡る社会学的分析とそこから導かれた政策論の今日的意義に関連した事柄を中心に取り上げる。現代の位置づけの議論に関連して、人間の社会学的状況の分析を表すものとして用いたVitalsituationの概念や、その政策分野への応用としてのVitalpolitikの考え方が、今日、欧州を中心として社会的包摂や社会的統合ををめぐる政策の議論が活発化する中で、新たな政策的意義を持つものとして捉えられるようになった。 『現代の位置づけ』においては、近代以降、あるいは現代の社会を合理主義的思考が優位した産業社会と捉え、自然や技術の問題、ならびに社会、経済、政治の各分野における諸問題が扱われている。20世紀の産業化された社会システムにおいては、感情と切り離された理性が優位となり、伝統的諸条件の解体が進行し、他の人間並びに自然との人間的共生にとっての崩壊的帰結があらわれた。 これに対して、世紀の転換をはさんだ時期を中心として、本稿の第2節で取り上げたように、欧州を中心に社会のすべての構成員の社会への包摂を志向する動きが明らかとなり、また地球環境問題を巡る動きもより活発化して現れた。
本論文は「九州地区国立大学教育系・文系研究論文集」Vol.8, No.2(2022/3)に査読を経て受理された。
続きを見る
13.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
前原, 健大 ; Takehiro, Maehara
出版情報: 九州地区国立大学教育系・文系研究論文集 — The Joint Journal of the National Universities in Kyushu. Education and Humanities.  8  pp.No.9-,  2022-03-31.  九州地区国立大学間の連携事業に係る企画委員会リポジトリ部会
概要: 本稿では依存格理論(Marantz 1991)と呼ばれる形態格付与に関する理論を用いて日本語受動文の分析を行なった。依存格理論では構造中のDP間のc統御関係により付与する格を決定するため、分析対象となる文の正確な統語構造を知ることが必要とな ってくる。そこで、2節では先行研究を基に本稿における受動文の構造を仮定した。3節では前節で仮定した受動文の構造を基に依存格理論による分析を行なった。ここでは、前原(2021)における依存格付与規則を基に分析を進めた。その結果、前原にて提案されている格付与規則を用いることで、日本語受動文においても適格な格付与を行うことができることが分かった。また、格付与規則の適用はスペルアウトと同時に、TPを一単位として行われるのが適切でるということも分かった。
本論文は「九州地区国立大学教育系・文系研究論文集」Vol.8, No.2(2022/3)に査読を経て受理された。
続きを見る
14.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
高畑, 明尚 ; Takahata, Akihisa
出版情報: 琉球大学経済研究=Ryukyu University Economic Review.  pp.1-43,  2022-03-31.  琉球大学国際地域創造学部
15.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
德島, 武 ; Tokushima, Takeshi
出版情報: 琉球大学経済研究=Ryukyu University Economic Review.  pp.45-49,  2022-03-31.  琉球大学国際地域創造学部
概要: リカードの等価定理は、開放経済のケースで内国債と外国債の発行を想定すれば、  一括税⇔内国債⇔外国債 の関係が成立する。これは、開放経済の動学的最適化分析のケースにおいて、一括税の場合は、財政収支均衡の仮定を裏付けるものとなるだろう。
16.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
森, 力 ; Mori, Chikara ; 野原, 太一 ; Nohara, Taichi
出版情報: 琉球大学教職センター紀要.  pp.1-12,  2022-03-31.  琉球大学教職センター
概要: 算数科の授業において,「解法の説明」をよりよくしていくために「筋道を立てて」という言葉に着目し,小学5年「図形の角」の単元で授業実践を行った。その際,授業内容及び授業構成の工夫を行ったところ,説明できない子どもが説明できるようになったが,図 や式等を関連づけて,筋道を立てて説明することには課題が残った。一方,筋道を立てて考える子どもの姿から教師の授業観がどう変容するかについて検証したところ,「納得できる授業の重要性」「単元のヤマ場に視点を当てた授業」等,教師は多様な気づきを得,教師の授業観が変容した。 本研究は,教師の授業観とそれに基づく考察を中心に報告するものである。 続きを見る
17.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
中園, 有希 ; Nakazono, Yuki
出版情報: 琉球大学教職センター紀要.  pp.13-24,  2022-03-31.  琉球大学教職センター
18.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
津田, 敦子
出版情報: 琉球大学教職センター紀要.  pp.25-33,  2022-03-31.  琉球大学教職センター
19.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
佐久間, 正夫 ; Sakuma, Masao
出版情報: 琉球大学教職センター紀要.  pp.35-45,  2022-03-31.  琉球大学教職センター
20.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
中尾, 達馬 ; Nakao, Tatsuma ; 永田, 裕美 ; Nagata, Hiromi ; 中村, 江里 ; Nakamura, Eri ; 村上, 加奈恵 ; Murakami, Kanae
出版情報: 琉球大学教職センター紀要.  pp.47-55,  2022-03-31.  琉球大学教職センター
概要: 本研究の目的は、幼稚園年長児の持つサンタクロースに対する素朴な疑問(情報探索的質問)に占める概念的質問の割合およびそこに含まれるテーマを明らかにすることであった。調査協力児は、年長児 30 名であり、個別面接を行った結果、以下の 3 点が示 唆された。すなわち、(a)「サンタさんについて知りたいこと/サンタさんに聞きたいことがある」と答えた年長児は、全体の 63.33% であり、平均 3.36 個の疑問が生じていた。(b)子どもに生じた疑問 63 個を、概念的質問と事実的質問の 2 つに分類した場合には、概念的質問が生じた年長児は全体の 33.33% であり、生じた疑問に占める概念的質問の割合は 19.05% であった。(c)概念的質問のテーマは、(c-1)飛行:トナカイやソリが空を飛ぶこと、(c-2)読心:サンタクロースはなぜか自分がほしいプレゼントの内容を知っていること、(c-3)プレゼント配布方法:どうやって子ども 1 人ひとりにプレゼントを渡すのか、であった。 本研究の学術的意義は、年長児は、サンタクロースの謎に関して、事実的質問が多く概念的質問は少ない、という西欧の先行研究結果を、研究手法を変えて、日本においても確認したことである。
The purpose of this study was to examine the proportion of conceptual questins in naive questions (information-seeking guestions) that 5-6-year-old children in senior kindergarten class have about Santa Claus and reveal the themes in these questions. Thirty children in the senior kindergarten class participated in the individual interview. The main findings were as follows: (a) 63.33% of the children in senior kindergarten class answered that they wanted to know something about Santa Claus and had an average of 3.36 questions. (b) When 63 questions raised by the children were classified into conceptual questions or factual questions, 33.33% of the children had conceptual questions, and the ratio of conceptual guestions to the information-seeking guestions was 19.05%. (c)The themes of the conceptual questions were (c-1) flying: reindeer and sleighs fly in the sky, (c-2) mind-reading: Santa Claus somehow knows what presents they want, (c-3) how he distributes presents: how does he give each person a present? The academic contribution of this study was that it confirmed the findings of previous studies in Western culture that the children in senior kindergarten class had more factual questions and fewer conceptual questions about the mystery of Santa Claus with a different method in Japan.
続きを見る
21.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
宮城, 利佳子 ; Miyagi, Rikako
出版情報: 琉球大学教職センター紀要.  pp.57-67,  2022-03-31.  琉球大学教職センター
22.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
道田, 泰司 ; Michita, Yasushi ; 柘植, 守 ; Tsuge, Mamoru
出版情報: 琉球大学教職センター紀要.  pp.69-77,  2022-03-31.  琉球大学教職センター
概要: 本稿の目的は,第2筆者が考案した「他者の考えを推し量る指導」を紹介し,その可能性について考察を行うことである。生徒の振り返りは,全体的に好意的であった。しかしそれだけからは読み取れないことも多いので,生徒の授業中のワークシートの記述の変遷を ていねいに追うことや,小グループでどのような話し合いが行われて何を学んでいるかなどについて,ていねいに見取っていくことが今後必要になるのではないかと考えられた。続いて,「他者の考えを推し量る指導」のタイプ分けとこの指導法の可能性について考察した。しかしこれはあくまでも可能性の指摘であるので,実際の授業の様子を,特に生徒の反応を中心に検討することを通して,この授業の可能性についてより具体的に深めていくことが必要と考えた。 続きを見る
23.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
田中, 洋 ; Tanaka, Hiroshi
出版情報: 琉球大学教職センター紀要.  pp.79-87,  2022-03-31.  琉球大学教職センター
24.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
浦崎, 武 ; Urasaki, Takeshi
出版情報: 琉球大学教職センター紀要.  pp.89-98,  2022-03-31.  琉球大学教職センター
概要: 離島・へきち地域の非行や不登児、障害児等の子どもの実態把握と支援体制への取組は地域特性に基づく貧国等の地域課題を解決に導くと考えてきた。そこで地域課題を解決するための幼児期からの子どもの養育環境や家庭環境の実態を把握する体制とその体制に基づ いた園(所)や学校、教育行政と福祉行政との役割分担、具体的な取組の手続きとその実施のあり方について検討した。沖縄県の八重山地域(石垣市)の具体的な取組を通して、地域の教育課題の解決に向けた地域の協働支援体制の構築を目指した、子どもの「早期支援情報交換会」および「早期支援交流会」の取組とその具体的なプロセスを整理した。 続きを見る
25.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
山中, 隆行 ; Yamanaka, Takayuki
出版情報: 琉球大学教職センター紀要.  pp.109-119,  2022-03-31.  琉球大学教職センター
26.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
米須, 清貴 ; Komesu, Seiki ; 山城, 彰子 ; Yamashiro, Akiko ; 山内, 優希 ; Yamauchi, Yuki ; 山口, 剛史 ; Yamaguchi, Takeshi
出版情報: 琉球大学教職センター紀要.  pp.121-132,  2022-03-31.  琉球大学教職センター
27.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
菊地, 智裕 ; 與世原, 朝史 ; 呉屋, 智之 ; 西原, 琢哉 ; 春木, 明子 ; 平田, 優
出版情報: 琉球大学教職センター紀要.  pp.133-144,  2022-03-31.  琉球大学教職センター
概要: 本報告は、2010 年度から始まった那覇市の小中一貫教育の取組について、これまでの小中一貫教育の経緯を踏まえ、2019 年度と 2020 年度の取組を中心にまとめ振り返ったものである。これまでに、本取組において、義務教育 9 年間を通して、 計画的かつ継続的に教科指導や生徒指導を行ってきた。 その結果、規律や特別な支援を要する児童生徒に対応する小学校と中学校の教職員の意識の定着に影響していることが窺えた。しかし、授業観の共通理解等の意識の定着は難しいため、今後も一緒に考えていく機会の必要性が窺えた。 続きを見る
28.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
瀨底, 正栄 ; Sesoko, Masae ; 浦崎, 武 ; Urasaki, Takeshi
出版情報: 琉球大学教職センター紀要.  pp.145-156,  2022-03-31.  琉球大学教職センター
29.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
出版情報: 琉球大学理学部紀要.  pp.1-43,  2022-03-31.  琉球大学理学部
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/0002019324
30.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
仲宗根, 早海 ; Nakasone, Hayami ; 志津, 貴大 ; Shizu, Takahiro ; 仲宗根, 桂子 ; Nakasone, Keiko
出版情報: 琉球大学理学部紀要.  pp.45-50,  2022-03-31.  琉球大学理学部
概要: In this letter, we report the method of extraction of rubbery material from stem of Ficus microcarpa L. f. produced late x. The rubber component was extracted by using an ionic liquid as a solvent. The obtained rubber component was 1.7%. It is considerably less compared to 30-40 % of latex contained in Hevea brasilliensis. Natural rubber consists of cis-1,4-polyisoprene. The F. microcarpa rubber was suggested to be closely similar to cis-1,4-polyisoprene by comparison of its H^1 and C^<13>-NMR and infrared absorption spectra with those of authentic 97% cis-1,4-polyisoprene. On the TG curve, a mass loss of 96.8 % was observed around 381 ℃. These analysis results indicate that the rubber component of F. microcarpa consists of cis-1,4-polyisoprene. 続きを見る
31.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
出版情報: 琉球大学理学部紀要.  pp.51-89,  2022-03-31.  琉球大学理学部
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/0002019326
32.

その他

その他
Uema, Tsugumi
出版情報: 2022-03-30. 
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/0002017862
33.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
道田, 泰司 ; Michita, Yasushi
出版情報: 高度教職実践専攻(教職大学院)紀要.  6  pp.1-11,  2022-03-15.  琉球大学大学院教育学研究科
概要: 本稿の目的は,現在の筆者の考えである「授業研究は,反省的実践として問題駆動で行われるべき」という点について,筆者の過去の校内研修での関わりを通して,このように考えるに至った経緯を明らかにするものである。ある学校との5年間に渡る関わりを通して ,概念を定義することの難しさや学びの捉えの多様性がみえてきた。また,子どもの現状を出発点にすることの重要性もみえてきた。そのような経験と省察から,筆者が反省的実践・問題駆動を重視するようになったことなどを論じた。 続きを見る
34.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
白尾, 裕志 ; Shirao, Hiroshi
出版情報: 高度教職実践専攻(教職大学院)紀要.  6  pp.13-31,  2022-03-15.  琉球大学大学院教育学研究科
概要: 1960年代の後半から課題となっていた低学年教育の在り方は,1980年代中期には継続されてきた「合科的な指導」に加えて,低学年の児童の発達段階を踏まえながら,新教科構想を含めた社会科及び理科統廃合がその中心となっていた。 低学年の社会科と理 科の指導上の課題が指摘される一方で,低学年の社会科と理科の統廃合には慎重な意見や批判もある中で文部省は教育課程の改善の動きに合わせて,低学年教育の検討を進めた。 1986年7月に「小学校低学年の教科構成の在り方について(審議のまとめ)」が出され,新教科となる生活(仮称)が示されると,低学年教育の動きが早まった。同年10月の教育課程審議会の「中間まとめ」で,新教科の生活科(仮称)の新設に伴い,低学年の社会科と理科の「統合」が示された。1987年11月には教育課程審議会の「審議のまとめ」が発表され,低学年の社会科と理科の「廃止」を前提に生活科(仮称)の新設の方向が出された。 本論では,まず,生活科の新設をめぐって低学年の社会科と理科が「統合」から「廃止」になった経緯を探ることで,低学年の社会科と理科の廃止によって成立した生活科の理念を明確にした。続いて,その理念に基づく生活科の実践上の課題とその対応で「気付き」が見直されていく過程を明らかにして,「知的な気付き」として,生活科における「認識」が再確認されていったことについて考察した。 続きを見る
35.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
長谷川, 裕 ; Hasegawa, Yutaka
出版情報: 高度教職実践専攻(教職大学院)紀要.  6  pp.33-56,  2022-03-15.  琉球大学大学院教育学研究科
概要: 本稿のテーマは,生活指導・集団づくりを中心に教育研究を行ってきた日本の著名な教育学者・竹内常一の理論の変遷を追い,その過程において,どのように「ケアの倫理」的な考え方に重要な位置づけが与えられるようになったかを検討することであり,それを通じ て,教育という営みの中に「ケア」をどのように位置づけるべきかについて考察を深めたいと考えている。検討の結果,1980年代に竹内が用い始めた「権力的・暴力的なもの」─意識・身体・言動・関係性など人びとの日常世界に表れる,一方で社会の支配・権力が日常生活に浸透することで生み出され,他方で人間存在の根源的な性質に根ざして発生する,人びとの権力的・暴力的な傾向性─についての認識が深化する中で,それを統御するためにはケア的な働きかけ・関わりが何よりも必要であると考えこれを重要視するようになるという形で,竹内の教育論においてケアの倫理への焦点化がされるようになったことが明らかになった。 続きを見る
36.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
與座, 優太 ; Yoza, Yuta ; 丹野, 清彦 ; Tanno, Kiyohiko ; 丹野, 千草 ; Tanno, Chigusa ; 高橋, 孝明 ; Takahasi, Takaaki ; 浅野, 誠 ; Asano, Makoto
出版情報: 高度教職実践専攻(教職大学院)紀要.  6  pp.57-70,  2022-03-15.  琉球大学大学院教育学研究科
概要: コロナ感染のもとで密になるから離れるように指導され,休み時間も短縮され遊びが奪われている。加えて放課後は部活や社会体育等の半公的な活動に移行している。その中で体験すべき遊びが奪われた子どもたちが示す態度を学校では発達障害,学校不適応という捉 え方で問題にしている。そこで本論では,どのような形で問題行動と特質・態度が表現され,それに現場の教師がどのように対応しているのか,三者の実践を報告することからこれを越える教師の打開について考察する。 続きを見る
37.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
丹野, 清彦 ; Tanno, Kiyohiko ; 片桐, 功 ; Katagiri, Isao
出版情報: 高度教職実践専攻(教職大学院)紀要.  6  pp.71-82,  2022-03-15.  琉球大学大学院教育学研究科
概要: コロナ感染予防のため2020年度春,政府は突然の休校を発表し学びの連続性が途切れ子どもや保護者,教員を不安にした。学校は安定してあるものという学びへの信頼が崩れた。1年のコロナ禍の生活を過ごし学びへの信頼を取り戻そうと学校は2021年度の春 から学校行事の在り方を見直し,再度の休校に備えいくつもの取り組みを始めた。ここではオンライン授業を想定した取り組みからどのような対応が必要か明らかにする。 続きを見る
38.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
片桐, 功 ; Katagri, Isao ; 白尾, 裕志 ; Shirao, Hiroshi ; 金城, 満 ; Kinjo, Mitsuru
出版情報: 高度教職実践専攻(教職大学院)紀要.  6  pp.83-96,  2022-03-15.  琉球大学大学院教育学研究科
概要: 国立教員養成大学・学部,大学院,附属学校の改革に関する有識者会議による「報告書」では,教職大学院での学修についての「成果の提示」について課題があることが指摘された。2020年度の後期選択科目「校内研修組織の実践と課題」では,修了生による本学 での学修成果の提示について,学校現場での取組を話題提供してもらうことで院生と共に考えた。修了生が理論と実践の往還を実現する過程を院生と共に学ぶことで,本学での学修成果の提示について実践的に示唆した。 続きを見る
39.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
船越, 裕輝 ; Funakoshi, Yuki ; 村末, 勇介 ; Murasue, Yusuke
出版情報: 高度教職実践専攻(教職大学院)紀要.  pp.97-114,  2022-03-15.  琉球大学大学院教育学研究科
概要: 脳性まひのあるA(小3)は,身体に障がいがあるため書字や読書が難しかった。しかし,会話をすることは可能であり,話をすることが大好きであることから,教師が聞き取ったAの「話しことば」を「書きことば」に変換する代筆支援という形で日記文や作文,感 想文,手紙文等を書く実践に取り組んだ。年間を通し継続して行っていく中で話しことば自体にも変化が見られ,読み手や他者を意識した文章も書けるようになる等,A自身の「世界づくり」にとっても影響をもたらした。本研究においては,代筆支援によって生まれたAの文章を元に,Aの内面的な成長を発達的視点から考察することで,書きことばの学習の意義を明らかにするとともに,代筆支援の取組みにおいて留意すべき視点と課題とを整理した。 続きを見る
40.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
金城, 江利子 ; Kinjo, Eriko ; 村上, 呂里 ; Murakami, Rori
出版情報: 高度教職実践専攻(教職大学院)紀要.  6  pp.115-127,  2022-03-15.  琉球大学大学院教育学研究科
概要: 本研究では,これまで〈実の場〉に根ざし「生きて働く言葉の力」を育むことを大切に実践が積み重ねられてきた国語単元学習を足場として,「言葉への主体的な関わり」が生まれる内的契機はどのようなものか,どのようなプロセスのもとに「言葉への主体的な関わ り」は深まっていくかについて考究した。 大村はま,峰地光重,筆者自身の実践事例をとりあげ,内言論を核とするヴィゴツキー学統の学習理論に照らして考察し,「言葉への主体的な関わり」を育むために,以下の3つの視点を導き出した。 ① 単元の導入で情動体験を位置づけることが「内的意味作用」を活性化させ,情動体験が「言葉への主体的な関わり」を生む源泉となる。 ② 〈実の場〉に根ざした「内化」と「外化」(外的な言語活動)の往還による学びによって「言葉と使う人や文脈」との関係など「言葉の働き」への自覚が高まり,「言葉」を自身のものとして「内化」していくことができる。 ③ 身の回りの関係性や生活に根ざした理解・認識と,テキストや仲間との対話を通して生まれる新たな理解・認識とのズレに葛藤するプロセスで,一般的な「語義」から「意味」の生成がなされる。 続きを見る
41.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
吉田, 安規良 ; Yoshida, Akira ; 比嘉, 俊 ; Higa, Takashi ; 和氣, 則江 ; Wake, Norie
出版情報: 高度教職実践専攻(教職大学院)紀要.  6  pp.129-152,  2022-03-15.  琉球大学大学院教育学研究科
概要: 琉球大学での,①養護教諭を養成する過程での“教諭”との協働を意識した養護教諭の職能形成の在り方,②教職大学院での協働的人間関係・環境が構築できる中核的教員の育成の2点に係る課題意識の解決に資するため,教職大学院での「教師の成長とメンタリング 」の授業の一部を「教職実践演習(養護教諭)」の授業と合同で実施し,リアリティーのあるロールプレイングとして保健教育や保健管理に必要な会議(打ち合わせの機会)を行った。教育組織の枠を超えて行ったロールプレイングは,教職未経験者にとって貴重な経験だったと肯定的に受講者から評価された。現職大学院生がロールプレイングに参加することで実際の現場の様子が共有され,「新任養護教諭と初任者教諭と中堅教諭の協働」を志向したロールプレイングにリアリティーが増した点は,教職未経験者にとって有意義だった。教諭,養護教諭,あるいは栄養教諭といった職務イメージの鮮明化と共有や,職員会議の提案資料作成および模擬職員会議等を課題として提示していくことは今後も何らかの形で継続したいものの,今回の合同授業実践では,とりわけ学校環境についての共通理解の不十分さが露呈し,改めて「どこまでリアリティーを求めてシミュレートするのか?」という問題点を浮き彫りにした。履修時期的な問題から養護教諭志望学生がロールプレイングに必要な資料作成にかける時間が十分には確保しにくいことに加えて,養護教諭志望学生の意図が大学院生に十分に伝わらず,「自分の想定通りの議論ができなかった」ため,養護教諭志望学生にとっていささか消化不良なロールプレイングとなったことへの対応が必要である。中核的教員として求められる,後輩(若手)育成と業務遂行(同僚性の形成と協働による教育活動)を両立した会議への参加姿勢について,「教師の成長とメンタリング」科目担当者の現職大学院生に対する指導や支援の在り方として「若手育成の視点でコメントをする」旨の事前指導が必須である。 続きを見る
42.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
金城, 満 ; Kinjo, Mitsuru ; 杉尾, 幸司 ; Sugio, Koji
出版情報: 高度教職実践専攻(教職大学院)紀要.  6  pp.153-163,  2022-03-15.  琉球大学大学院教育学研究科
概要: COVID-19蔓延下における教職科目「総合的な学習の時間」において実施した,さまざまなWebシステムを活用した授業内容について報告し,受講学生のリフレクション内容の分析を通じて,リモート授業の効果的な運営方法や課題について検証する。また, 授業の成果と課題を通して,「教師としての力量」の育成や,ポストコロナ時代のデジタル化に対応した授業形態について考察する。 続きを見る
43.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
濱川, 法子 ; Hamakawa, Noriko
出版情報: 高度教職実践専攻(教職大学院)紀要.  6  pp.165-176,  2022-03-15.  琉球大学大学院教育学研究科
概要: 本研究では,算数科で主流とされている問題解決型学習において,子どもたちが主体的に課題解決に取り組むために,子どもたち自ら抱く疑問や困り感などの「問い」を中心に据え,その「問い」がつながる授業を志向した。具体的には,子どもたちの学習過程におい て「問い」がどのようにつながっていくのかを整理し,その「問い」に対する子どもと教師の働きかけを組み込んで構造化していく授業を実践した。この授業実践を通して,一人ひとりが問題に対して生起した個の「問い」を顕在化させ,それを全体の「問い」へと焦点化させることで,対話が促され,子どもたちが主体的に「問い」を追求する姿が多く見られた。しかし,子どもたちが自ら数学的な見方・考え方を働かせて「問い」続けるためには,教師の働きかけに課題があることも分かった。 続きを見る
44.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
Shimada, Kojiro ; Nohchi, Masayuki ; Maeshima, Koji ; Uchino, Tomonori ; Kobayashi, Yusuke ; Ono, Kazuki ; Ogata, Hiroko ; Katsumi, Naoya ; Inazu, Koji ; Okochi, Hiroshi
出版情報: Scientific Reports.  12  pp.4249-,  2022-03-11.  Springer Nature
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/0002017922
概要: The concentrations of polycyclic aromatic hydrocarbons (PAHs) in aerosol were measured in Shinjuku, which is central Tok yo, Japan, for 10 years from 2007 to 2016. The efects of changes in emission sources and their degradation by reaction with ozone were assessed in this study. There was no signifcant increasing or decreasing trend of the PAH concentrations during 10 years (P> 0.05). The average selected seven the PAH concentrations (0.88 ng ­m−3) during 10 years was lower than those in New York and Paris. However, the trend of ozone concentrations is increasing in central Tokyo. This inconsistency raises a question. Did the fact that the ozone concentration was higher than the PAH concentrations promote PAH degradation? To apportion the PAH sources, we used PAH concentration profles and positive matrix factorization analysis. The contribution of vehicle emissions to the PAHs ranged from 40 to 80%. Ozone concentrations increased by 3.70%/year during 10 years. The theoretical degradation rates of PAHs by ozone, which were calculated using a pseudo-frst-order rate equation, suggested that the lifetimes of benzo[a]pyrene (BaP) decreased by 1 min from 2007 to 2016. We investigated the aging of BaP using the profle of the isomer ratios. We found that the aging of BaP at the urban and roadside sites were nearly identical indicating aging regardless of the season. Although the decomposition of BaP is promoted by the photochemical oxidation reaction, this result suggests that a certain threshold value exists as the degree of the decomposition. This degradation of PAH can improve chemical loss processes in air quality model. 続きを見る
45.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
萩野, 敦子
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/0002017949
46.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
砂川, 誠智
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.1-4,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
47.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
西山, 智海
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.5-8,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
48.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
玉城, 貴子
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.9-12,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
49.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
下地, 昌代
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.13-16,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
50.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
山中, 隆行
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.17-20,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
51.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
網敷, 藤代
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.21-24,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
52.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
屋嘉比, 理
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.25-28,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
53.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
仲松, 夕里菜
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.29-32,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
54.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
比嘉, 栞菜
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.33-36,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
55.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
橋本, 剛
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.37-40,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
56.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
岸本, 恵一
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.41-44,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
57.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
目取眞, 堤
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.45-48,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
58.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
呉屋, 美穂
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.49-52,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
59.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
長元, 智
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.53-56,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
60.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
當間, 比呂
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.57-60,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
61.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
宮里, 未希
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.61-64,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
62.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
森根, 竜也
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.65-68,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
63.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
榎本, 陽音
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.69-72,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
64.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
伊佐, 勇亮
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.73-76,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
65.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
諸喜田, 峰子
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.77-80,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
66.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
名冨, 綾乃
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.81-84,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
67.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
山城, 太智 ; Yamashiro, Taichi
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.93-100,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
68.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
濱川, 法子 ; Hamakawa, Noriko
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.101-108,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
69.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
諸見里, 咲 ; Moromizato, Saki
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.109-116,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
70.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
田場, 千夏 ; Taba, Chinatsu
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.117-124,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
71.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
渡慶次, 愛 ; Tokeshi, Ai
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.125-132,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
72.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
豊田, 花恵 ; Toyota, Hanae
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.133-140,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
73.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
上地, 真理子 ; Uechi, Mariko
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.141-148,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
74.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
浦内, 桜 ; Urauchi, Sakura
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.149-156,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
75.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
我那覇, ゆり子 ; Ganaha, Yuriko
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.165-172,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
76.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
金城, 静姫 ; KINJO, Shizuki
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.173-180,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
77.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
西江, 里和子 ; Nishie, Riwako
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.181-188,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
78.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
鹿野, 誠 ; Shikano, Makoto
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.189-196,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
79.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
米川, 順熙 ; Yonekawa, Masaki
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.197-204,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
80.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
島内, 梨沙 ; Shimauchi, Risa
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.205-212,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
81.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
崎浜, 智恵 ; Sakihama, Tomoe
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.157-164,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
82.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
長谷川, 智子 ; Hasegawa, Tomoko
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.213-220,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
83.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
平, 葵恵 ; Taira, Kie
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.221-228,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
84.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
山内, 淳子 ; Yamauchi, Junko
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.229-236,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
85.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
漢那, 有希子 ; Kanna, Yukiko
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.237-244,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
86.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
當真, 由紀子 ; Toma, Yukiko
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.245-252,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
87.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
酒井, 織恵 ; Sakai, Orie
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.253-260,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
88.

図書

図書
琉球大学附属図書館編
出版情報: 2022-02-28.  琉球大学
概要: かわく肌 / 葬ヤマメ
邂逅 since1972. / 二藤
電照菊と「闇」 / 羽影憂
胎児の唄 / 前川真美
獣 / 葬ヤマメ
カルテ / 綱取汐音
盲目の巨人 / 天海薫 r />友達と僕 / 宮里うつ
図書
続きを見る
89.

図書

図書
[edited by] Courtney M. Townsend, Jr. ... [et al.]
出版情報: St. Louis, Mo. : Elsevier, c2022
所蔵情報: loading…
90.

図書

図書
Gerald G. Briggs, Craig V. Towers, Alicia B. Forinash
出版情報: Philadelphia : Wolters Kluwer, c2022
所蔵情報: loading…
91.

図書

図書
Katherine Stuart van Wormer, Clemens Bartollas
出版情報: New York, NY : Routledge, 2022
所蔵情報: loading…
92.

図書

図書
edited by Nicholas McGuinn ... [et al.]
出版情報: London : Routledge, 2022
シリーズ名: Routledge research in education
所蔵情報: loading…
93.

図書

図書
[edited by] Roberta L. Hines, Stephanie B. Jones
出版情報: Philadelphia, PA : Elsevier, c2022
所蔵情報: loading…
94.

図書

図書
Paul F. Rothstein, David Crump, Ronald J. Coleman
出版情報: Saint Paul : West Academic Publishing, c2022
所蔵情報: loading…
95.

図書

図書
edited by Peter Libby, ... [et al.] ; founding editor and online editor Eugene Braunwald
出版情報: Philadelphia, Pa. : Elsevier, c2022
所蔵情報: loading…
96.

図書

図書
[edited by] Richard A. Polin, Steven H. Abman, David Rowitch, William E. Benitz
出版情報: Amsterdam : Elsevier, c2022
所蔵情報: loading…
97.

図書

図書
[edited by] Richard A. Polin, Steven H. Abman, David Rowitch, William E. Benitz
出版情報: Amsterdam : Elsevier, c2022
所蔵情報: loading…
98.

図書

図書
edited by Elan D. Louis, Stephan A. Mayer, James M. Noble
出版情報: Philadelphia : Wolters Kluwer, c2022
所蔵情報: loading…
99.

図書

図書
editors, Robert Joseph Boland, Marcia L. Verduin ; consulting editor, Pedro Ruiz
出版情報: Philadelphia : Wolters Kluwer, c2022
所蔵情報: loading…
100.

図書

図書
edited by Mohammad J. Ahmadian, Michael H. Long
出版情報: Cambridge : Cambridge University Press, 2022
シリーズ名: Cambridge handbooks in language and linguistics
所蔵情報: loading…