1.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
柳澤, 静磨 ; Yanagisawa, Shizuma
出版情報: Fauna Ryukyuana.  61  pp.1-3,  2021-07-25.  Ryukyu University Museum, Fujukan — 琉球大学資料館 (風樹館)
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/48686
概要: Balta vilis (Brunner von Wattenwyl, 1865) and Lobopterella dimidiatipes (Bolivar, 1890) were recorded for the first time from Yonaguni-jima Island, Ryukyu Archipelago, southwestern Japan.
2.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
柳澤, 静磨 ; 大北, 祥太朗 ; Yanagisawa, Shizuma ; Ohgita, Shotaro
出版情報: Fauna Ryukyuana.  61  pp.5-7,  2021-07-25.  Ryukyu University Museum, Fujukan — 琉球大学資料館 (風樹館)
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/48687
概要: Balta vilis (Brunner von Wattenwyl, 1865) and Lobopterella dimidiatipes (Bolivar, 1890) were recorded for the first time from Hateruma-jima Island, Ryukyu Archipelago, southwestern Japan.
3.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
長田, 庸平 ; Osada, Yohei
出版情報: Fauna Ryukyuana.  61  pp.15-16,  2021-07-25.  Ryukyu University Museum, Fujukan — 琉球大学資料館 (風樹館)
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/48689
概要: During examination of specimens in Osaka Museun of Natural History, the presence of a specimen of Everes argiades from Iriomote-jima Island was confirmed. This species is not indigenous to the Ryukyus with very limited records from there. This report represents the third record of this species from Iriomote-jima Island. 続きを見る
4.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
前之園, 唯史 ; 石田, 憲 ; 佐伯, 智史 ; Maenosono, Tadafumi ; Ishida, Akira ; Saeki, Toshifumi
出版情報: Fauna Ryukyuana.  60  pp.1-2,  2021-06-09.  Ryukyu University Museum, Fujukan — 琉球大学資料館 (風樹館)
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/48545
概要: The record of Shinobium trapezoideum from Iriomote Island was previously based only on unpublished information. The presence of a voucher specimen with previously unpublished information, deposited in the Ryukyu University Museum, Fujukan (RUMF), is here documented. 続きを見る
5.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
戸篠, 祥 ; 谷本, 都 ; Toshino, Sho ; Tanimoto, Miyako
出版情報: Fauna Ryukyuana.  60  pp.3-7,  2021-06-09.  Ryukyu University Museum, Fujukan — 琉球大学資料館 (風樹館)
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/48546
概要: 立方クラゲ綱の一種ミツデリッポウクラゲTripedalia cystophora Conant, 1897が沖縄島から採集された. 本種はカリブ海や南米, アフリカ, 東南アジア, オーストラリア, ハワイの亜熱帯や熱帯の浅海域に生息し, 日本では紀伊半島沿岸や九州東岸から報告がある. 本報告はミツデリッポウクラゲの琉球列島からの初記録となる.<br />A cubozoan jellyfish, Tripedalia cystophora, was collected from the Ryukyu Archipelago, Okinawa Prefecture, southern Japan. Tripedalia cystophora is widely distributed throughout subtropical and tropical waters in the Pacific and Atlantic oceans. This species has been reported from the coast of Kii Peninsula and eastern Kyushu in Japan. This study represents the first record of this species from the Ryukyu Archipelago, Okinawa, southern Japan. 続きを見る
6.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
下瀬, 環 ; 今井, 秀行 ; Shimose, Tamaki ; Imai, Hideyuki
出版情報: Fauna Ryukyuana.  60  pp.9-15,  2021-06-09.  Ryukyu University Museum, Fujukan — 琉球大学資料館 (風樹館)
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/48547
概要: 八重山諸島の石垣島で, 2018年12月16日にゴマサバScomber australasicusの成魚が水揚げされた. ゴマサバは沖縄島から記録があるものの, 八重山諸島からは初記録であるため, ここに報告する. また, サバ属Scomb erとグルクマ属RastrelligerからなるScombriniの臀鰭棘数を観察したところ, 近年普及している図鑑での数値と異なる結果が得られたので, これについても考察した.<br />A single adult specimen of Scomber australasicus was collected from Ishigaki-jima Island, Okinawa, Japan, on 16 December 2018, which represents the first specimen-based record from the Yaeyama Islands. In this paper, the number of anal-fin spines in the tribe Scombrini is also discussed. 続きを見る
7.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
中島, 淳 ; 鹿野, 雄一 ; Nakajima, Jun ; Kano, Yuichi
出版情報: Fauna Ryukyuana.  60  pp.17-20,  2021-06-09.  Ryukyu University Museum, Fujukan — 琉球大学資料館 (風樹館)
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/48548
概要: 2014年に石垣島においてタイワンコオイムシ1個体を採集した. これは石垣島初記録であると同時に, 国内からの56年ぶりの再発見となる. その形態的特徴を報告するとともに, 本標本の3Dモデルを作成して公開した.<br />We collected a single specimen of Diplonychus rusticus (Fabricius, 1781) from Ishigaki-jima Island, Okinawa Prefecture, Japan, in 2014. This is the first record from Ishigaki-jima Island, and the first rediscovery from Japan in 56 years. The morphological features of the specimen are described, and a 3-D model of the specimen has been made public online. 続きを見る
8.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
河合, 上総 ; Kawai, Kazusa
出版情報: Fauna Ryukyuana.  60  pp.25-30,  2021-06-09.  Ryukyu University Museum, Fujukan — 琉球大学資料館 (風樹館)
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/48565
概要: ヤエヤマサソリLiocheles australasiae (Fabricius, 1775)を中琉球に属する座間味島より記録したので, ここに報告する. 本種のこれまでの確実な国内分布は南琉球のみであったが, 今回中琉球での生息を確認した . 今回採取したのは生体1個体と脱皮殻1個体で, 双方共メスであった.<br />The confirmed distribution of Liocheles australasiae (Fabricius 1775)(Scorpiones: Hormuridae) in Japan has been limited to the southern Ryukyus, but this study confirmed that L. australasiae inhabits Zamami-jima Island, central Ryukyus, Japan. A live individual and an exuvia collected were both female. 続きを見る
9.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
上野, 大輔 ; 伊勢戸, 徹 ; Uyeno, Daisuke ; Iseto, Tohru
出版情報: Fauna Ryukyuana.  60  pp.25-30,  2021-06-09.  Ryukyu University Museum, Fujukan — 琉球大学資料館 (風樹館)
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/48566
概要: 沖縄県宮城島の沿岸にて採集されたオオイワガニGrapsus tenuicrustatus (Herbst, 1783) (イワガニ科) の鰓室から, 寄生性等脚類の1種カニヤドリエビヤドリムシKepon grapsi (Nobili, 19 05) (エビヤドリムシ科) の雌成体が発見されたので報告する. 本報告は, 本種の沖縄県初記録であり, 本邦沿岸からは2例目の報告となる. また, 今までに琉球列島より報告されているエビヤドリムシ科の記録についても取り纏めた.<br />The bopyrid isopod, Kepon grapsi (Nobili, 1905), is recorded based on an adult female specimen from the branchial chamber of the common intertidal shore crab, Grapsus tenuicrustatus (Herbst, 1783) (Grapsidae), collected from Ukun Beach, Miyagi Island, Okinawa Islands, southern Japan. This discovery represents the first record of K. grapsi from Okinawa Prefecture. A list of bopyrid species recorded from the Ryukyu Islands is also provided. 続きを見る
10.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
石田, 一之 ; Ishida, Kazuyuki
出版情報: 九州地区国立大学教育系・文系研究論文集 = The Joint Journal of the National Universities in Kyushu. Education and Humanities.  7  pp.1-20,  2021-03-31.  九州地区国立大学間の連携事業に係る企画委員会リポジトリ部会
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/47805
概要: ドイツ国内において、数多くの機会において、国民による自国の経済システムに対する評価が減退していることが示され、ドイツ国内ではそのような情報には多くの注目が集められた。ドイツ連邦経済技術省(現経済エネルギー省)科学諮問委員会は、この問題を重要 な政策課題として認識し、経済システムに対する評価の問題を受容問題(Akzeptanzprobleme)という形で提起し、その取り組み内容は、2009年9月の所見(Gutachten)にまとめられた。その後、ドイツ社会政策学会(Verein für Socialpolitik)においても、市場経済の受容問題が取り上げられ、2013年に論集にまとまられている。2009年の「秩序経済学へのフライブルグ学派シンポジウム」の市場経済と社会的正義にかかわるセッションの中でも取り上げられている。経済システムに対する受容の問題は、一般的な市場経済システムの受容の問題と、経済システムにおける公正や正義に関する受容の問題との2つの項目に大別できる。<br />本論文は「九州地区国立大学教育系・文系研究論文集」Vol.7, No.2(2021/3)に査読を経て受理された。 続きを見る