1.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
豊田, 花恵 ; Toyota, Hanae
出版情報: 九州地区国立大学教育系・文系研究論文集 = The Joint Journal of the National Universities in Kyushu. Education and Humanities.  8  pp.No.9-,  2021-10-30.  九州地区国立大学間の連携事業に係る企画委員会リポジトリ部会
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/49885
概要: 沖縄県の学校における食育推進と充実を図るため,栄養教諭と学校栄養職員の食に関する指導の実践内容や教職員との関わりを比較し,その差異や重なりを分析した。「平成28年度栄養教諭,学校栄養職員の食に関する指導の実績等調査」の結果データを整理分析し ,沖縄県内の栄養教諭と学校栄養職員計22名を対象にした質問紙調査を行った。その結果,沖縄県の公立小中学校における食に関する平成31・令和元年度の指導の実績の指導時間総数には校種による有意差があった。職種×校種の二要因参加者間分散分析の結果,小学校では栄養教諭の方が有意に多く,指導時間総数は小学校が有意に多かった。特別支援学校の給食の時間の平均指導時間は,公立小中学校の合計に比べて約3倍であり,日常的に連携できる組織体制について特別支援学校と公立小中学校で差異が見られた。栄養教諭は学校や教職員に教材や資料を積極的に提供しており,教科の目標の実現の過程に食育の視点を位置づけた指導について十分に理解し作成した指導案や教材が提案できれば,学級担任や教科担任は既存の教科時間内に児童生徒の実態や理解度に応じた実践が可能となり,指導の量と質を向上できることが示唆された。その一方で,すべての栄養教諭や学校栄養職員が,所属校における食に関する指導の全体計画の作成や見直し修正に参画していない状況から,栄養教諭や学校栄養職員が作成の中心的役割を担っているとは断言できない。加えて,栄養教諭や学校栄養職員は所属校における食に関する指導の全体計画2の進行において,関連教科等の指導内容の進捗を十分に把握できていない状況があった。コーディネートが困難な理由として「給食管理の多忙」を挙げた者が過半数であったことから,学校教育活動の中で効果的な食育活動を継続的に展開するには,業務の効率化を図ると共に栄養教諭・学校栄養職員から積極的に他の教職員に関わり,紐帯関係を構築することが重要である。 以上のことから,本研究で明らかになった沖縄県の学校で現在行われている食育の更なる推進の手立て・方向性は,①小学校の学校栄養職員の指導と中学校の栄養教諭・学校栄養職員の指導の量と質の充実,②学校及び共同調理場の食育推進体制の構築,③すべての栄養教諭・学校栄養職員の所属校の食育推進に関する組織への参画,④栄養教諭・学校栄養職員による所属校における食に関する指導の全体計画の進捗状況の把握と進行の支援,⑤教科等の目標の実現の過程に食育の視点を位置づけた指導の学校教育活動全体での展開の5点に集約できる。<br />本論文は「九州地区国立大学教育系・文系研究論文集」Vol.8, No.1(2021/10)に査読を経て受理された。 続きを見る
2.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
高畑, 明尚 ; Takahata, Akihisa
出版情報: 琉球大学経済研究=Ryukyu University Economic Review.  pp.1-23,  2021-09-30.  琉球大学国際地域創造学部
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/49845
3.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
德島, 武 ; Tokushima, Takeshi
出版情報: 琉球大学経済研究=Ryukyu University Economic Review.  pp.25-32,  2021-09-30.  琉球大学国際地域創造学部
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/49846
4.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
Hori, Katsuhiko ; 堀, 勝彦
出版情報: 琉球大学経済研究=Ryukyu University Economic Review.  pp.33-53,  2021-09-30.  琉球大学国際地域創造学部
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/49847
概要: This paper examines relationships among economic growth, business cycles, and unemployment in a general-equilibrium model. The model views creative destruction as a major source of business cycles, as well as of long-term growth. I show that the expected growth rate negatively relates to the amplitude of business cycles, but positively relates to the expected unemployment rate. I also present an alternative view to competitive-equilibrium business cycle models on the relationship between employment and productivity. Contrary to competitive-equilibrium business cycle models, this model shows that positive permanent shocks cause unemployment, but positive transitory shocks lead to full employment. These theoretical results are consistent with empirical evidence. Finally, I show that an increase in the expected growth rate has a negative connection with the frequency of recessions. 続きを見る
5.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
西, 圭介 ; Nishi, Keisuke
出版情報: 琉球大学経済研究=Ryukyu University Economic Review.  pp.55-67,  2021-09-30.  琉球大学国際地域創造学部
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/49848
6.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
髙嶺, 潮 ; 遠藤, 聡志 ; Takamine, Michiru ; Endo, Satoshi
出版情報: 人工知能学会論文誌.  36  2021-09-01.  人工知能学会
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/49790
概要: Scene understanding is a central problem in a field of computer vision. Depth estimation, in particular, is one of the important applications in scene understanding, robotics, and 3-D reconstruction. Estimating a dense depth map from a single image is receiving increased attention because a monocular camera is popular, small and suitable for a wide range of environments. In addition, both multi-task learning and multi-stream, which use unlabeled information, improve the monocular depth estimation efficiently. However, there are only a few networks optimized for both of them. Therefore, in this paper, we propose a monocular depth estimation task with a multi-task and multistream network architecture. Furthermore, the integrated network which we develop makes use of depth gradient information and can be applied to both supervised and unsupervised learning. In our experiments, we confirmed that our supervised learning architecture improves the accuracy of depth estimation by 0.13 m on average. Additionally, the experimental result on unsupervised learning found that it improved structure-from-motion performance. 続きを見る
7.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
福田, 英昭 ; 金城, 裕達 ; Fukuda, Hideaki ; Kinjo, Yutatsu
出版情報: 琉球大学教育学部紀要=Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus.  pp.1-8,  2021-09-01.  琉球大学教育学部
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/49849
概要: The shoulder angle and elbow angle that are displaced during sawing work, and the movement distance and the speed of han dsaw blade were investigated, and verified the movements of the highprecision and low-precision university students. Students cut two types of wood with different thicknesses using a handsaw and photographed the work with two CCD cameras. The angle and distance of each part of the body were analyzed by motion capture using 3D coordinate measurement software.  As a result, in the case of sawing wood A (thickness 11 mm), there was no statistically significant difference between the upper group and the lower group in the maximum and minimum angles of the shoulders. But there was a significant difference between the maximum and minimum elbow angles. In the case of sawing wood B (thickness 31 mm), there was no significant difference between the upper and lower groups in the maximum and minimum shoulder angles. However, there was a large significant difference between the maximum and minimum elbow angles. Focusing on the movement of the elbow, it was found that moving the arm back and forth around an elbow angle about 90 degree is one index for improving processing accuracy. When cutting wood A, the maximum movement distance of the handsaw blade was significantly different between the upper group and the lower group, but no significant difference was observed when cutting wood B. Beginners often mistakenly recognize that increasing the stroke speed over a short range of handsaw blades allows for faster and more accurate cutting. Beginners need guidance in sawing with the entire length of the handsaw blade. There was no significant difference in the maximum movement speed of the handsaw blade between the upper group and the lower group. It is necessary for beginners to specifically teach the appropriate cutting movement distance and cutting speed for sawing. 続きを見る
8.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
松本, 由香 ; Matsumoto, Yuka
出版情報: 琉球大学教育学部紀要=Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus.  pp.9-25,  2021-09-01.  琉球大学教育学部
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/49850
9.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
岡本, 泰弘 ; Okamoto, Yasuhiro
出版情報: 琉球大学教育学部紀要=Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus.  pp.27-34,  2021-09-01.  琉球大学教育学部
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/49851
概要: 本研究では,コロナ禍下における教師志望学生に非対面式によるロールレタリングを導入し,教師志望学生のキャリア発達を促進する支援について検討した。大学の教職課程を履修する2年生を対象にWebClassを用いた非対面式によるロールレタリングを2か 月間,週1回,合計8回(4往復)実施した。その結果,自尊感情尺度の上昇や非対面式によるロールレタリングの記述内容及び非対面式によるロールレタリング後の内省報告から,自己や他者に対する気づきにより,将来に対する目標の再確認や将来への意志決定が高まっていることが認められた。以上の結果から,コロナ禍下における教師志望学生に非対面式によるロールレタリングを導入することは,教師志望学生のキャリア発達を促進する支援として効果があることが示唆された。 続きを見る
10.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
鄭, 谷心 ; Zheng, Guxin
出版情報: 琉球大学教育学部紀要=Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus.  pp.35-44,  2021-09-01.  琉球大学教育学部
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/49852