1.

図書

図書
ed. by B. C. Kuo
出版情報: Illinois : Incremental Motion Control Systems Society, 1987
所蔵情報: loading…
2.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.261-271,  2033-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/0002017995
概要: 実習の成果と課題
FD委員会報告
日本教職大学院協会研究大会 発表資料
年間行事
実習連携協力校一覧
高度教職実践専攻会議構成員以外の授業科目担当一覧
実習指導一覧
3.

図書

図書
editor-in-chief, Ron M. Walls ; senior editors, Robert S. Hockberger ... [et al.] ; editors, Katie Bakes ... [et al.]
出版情報: Philadelphia, Pa. : Elsevier, c2023
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
editor-in-chief, Ron M. Walls ; senior editors, Robert S. Hockberger ... [et al.] ; editors, Katie Bakes ... [et al.]
出版情報: Philadelphia, Pa. : Elsevier, c2023
所蔵情報: loading…
5.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
Osada, Yohei ; 長田, 庸平
出版情報: Fauna Ryukyuana.  65  pp.1-2,  2022-09-16.  琉球大学資料館 (風樹館)
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/0002019449
概要: Notocelia yakushimensis Kawabe isnewly recorded from the Yaeyama Islands. The specimen and male genitalia are shown. Eve n though emergence season of this species has been known as June, this individual was collected in October.
ミナミモッコクヒメハマキ ( 旧和名 : ヤクシマヒメハマキ ) は日本の固有種で , これまで本州 ( 和歌山県 ), 屋久島 , 奄美大島 , 沖縄島から知られていた . 寄主植物は , モッコク科のモッコクである . 大阪公立大学での標本調査において , 西表島産の本種の標本が確認されたので , ここに記録する . 八重山諸島では初記録と思われる . なお , 本種成虫は国内では 6 月に発生するとされているが , 本記録の個体は 10 月に採集されている . 八重山諸島では発生消長が異なる可能性がある .
続きを見る
6.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
上森, 教慈 ; Uemori, Kazushige ; 大對, 桂一 ; Otsui, Keiichi
出版情報: Fauna Ryukyuana.  65  pp.3-6,  2022-09-16.  琉球大学資料館 (風樹館)
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/0002019450
概要: リュウキュウハラナガツチバチ Campsomeriella annuloides Sk. Yamane, 1999 を模式産地の位置する西表島で再確認した . さらに新しく石垣島および四国 ( 高知県 ) での分布を確認した . 西表島 , 石垣島産と高知県産の個体を比較し , 斑紋の差異を認めた . また , 本種の生息環境の情報を記録した . さらに , 高知県の個体群の由来について考察した .
In this study, Campsomeriella annuloides Sk. Yamane, 1999 was rediscovered in Iriomote Island, and was newly recorded from Ishigaki Island and Shikoku Island. Intraspecific variation of body coloration was observed. Their habitats were also reported based on field observations. In addition, whether individuals in Kochi Prefecture are introduced or native is discussed.
続きを見る
7.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
前之園, 唯史 ; Maenosono, Tadafumi
出版情報: Fauna Ryukyuana.  65  pp.7-39,  2022-09-16.  琉球大学資料館 (風樹館)
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/0002019451
概要: 九州の南端と琉球列島の沿岸域から採集された標本に基づき , 広義のウモレオウギガニ亜科に属する次の 19 種を報告した : ハバヒロマンジュウガニ Atergatis dilatatus (De Haan, 1835), スベスベマンジュウ ガニ A. floridus (Linnaeus, 1767), ホシマンジュウガニ A. integerrimus (Lamarck, 1818), ホシマンジュウモドキ A. latissimus (H. Milne Edwards, 1834), サビイロマンジュウガニ ( 新称 ) A. obtusus A. Milne-Edwards, 1865, ミカンマンジュウモドキ ( 新称 ) Atergatopsis granulata A. Milne-Edwards, 1865, ツブマンジュウモドキ A. lucasii Montrouzier, 1865, ヒメヒロハオウギガニ Lophozozymus dodone (Herbst, 1801), ヒロハオウギガニ L. edwardsi Odhner, 1925, オオヒロハオウギガニ L. incisus (H. Milne Edwards, 1834), ベニヒロハオウギガニ L. pulchellus A. Milne-Edwards, 1867, ヒラアシオウギガニ Platypodia anaglypta (Heller, 1861), ツブヒラアシオウギガニ P. pseudogranulosa Serène, 1984, ヒメヒラアシオウギガニ P. semigranosa (Heller, 1861), ケブカヒラアシオウギガニ P. tomentosa (De Man, 1902), ウモレオウギガニ Zosimus aeneus (Linnaeus, 1758), アワツブウモレオウギガニ ( 新称 ) Z. sculptus (Herbst, 1794), エリアシオウギガニ Zozymodes cavipes (Dana, 1852), グアムエリアシオウギガニ Z. pumilus (Hombron & Jacquinot, 1846). これら 19 種のうち , サビイロマンジュウガニ , ミカンマンジュウモドキおよびアワツブウモレオウギガニの 3 種は日本沿岸からの初記録である . 本研究では「ツブマンジュウモドキ」の和名で呼ばれている “ 日本産 Atergatopsis germanii A. Milne-Edwards, 1865” と「ヒロハオウギガニ」の和名で呼ばれている “ 日本産 Lophozozymus pictor (Fabricius, 1798)” は , それぞれ A. lucasii と L. edwardsi であることも指摘した . いくつかの研究では , ヒラアシオウギガニをヒロハオウギガニ 属 Lophozozymus A. Milne-Edwards, 1863 と 扱っているが , 本研究ではヒラアシオウギガニ属 Platypodia Bell, 1835 に帰属させた . 本研究でアワツブウモレオウギガニと同定した標本は , Z. sculptus のホロタイプの写真とよく一致する一方で , Z. fissa (Henderson, 1893) の原記載ともよく一致した . これら 2 種の識別形質や異同については , 両種のタイプ標本を比較する必要がある .
Nineteen xanthid crabs of the subfamily Zosiminae Alcock, 1898, sensu lato, are reported based on specimens collected from the Ryukyu Islands and the southern part of Kyushu, Japan: Atergatis dilatatus (De Haan, 1835), A. floridus (Linnaeus, 1767), A. integerrimus (Lamarck, 1818), A. latissimus (H. Milne Edwards, 1834), A. obtusus A. Milne-Edwards, 1865, Atergatopsis granulata A. Milne-Edwards, 1865, A. lucasii Montrouzier, 1865, Lophozozymus dodone (Herbst, 1801), L. edwardsi Odhner, 1925, L. incisus (H. Milne Edwards, 1834), L. pulchellus A. Milne-Edwards, 1867, Platypodia anaglypta (Heller, 1861), P. pseudogranulosa Serène, 1984, P. semigranosa (Heller, 1861), P. tomentosa (De Man, 1902), Zosimus aeneus (Linnaeus, 1758), Z. sculptus (Herbst, 1794), Zozymodes cavipes (Dana, 1852) and Z. pumilus (Hombron & Jacquinot, 1846). The present study represents the first records of A. obtusus, A. granulata and Z. sculptus in the Japanese fauna. It is also confirmed by morphological features of the carapace that previous records of Atergatopsis germanii A. Milne-Edwards, 1865 and Lophozozymus pictor (Fabricius, 1798) from Japanese waters in past literature were actually of A. lucasii and L. edwardsi, respectively. Some studies treated P. anaglypta as a species of Lophozozymus A. Milne-Edwards, 1863, but the present study retains it in Platypodia Bell, 1835. The specimens identified as Z. sculptus in the present study agree well with a photograph of the holotype of Z. sculptus and also with the original description of Zosimus fissa (Henderson, 1893). Further study on the type specimens of Z. sculptus and Z. fissa are needed to confirm their identities.
続きを見る
8.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
大澤, 正幸 ; Osawa, Masayuki ; 藤田, 喜久 ; Fujita, Yoshihisa
出版情報: Fauna Ryukyuana.  65  pp.41-51,  2022-09-16.  琉球大学資料館 (風樹館)
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/0002019452
概要: Polyonyx haigae McNeil, 1968, a poorly known species of the porcellanid genus Polyonyx Stimpson, 1858, is recorded for t he first time from Japanese waters based on material collected from Oura Bay in Okinawa Island of the Ryukyu Islands, southwestern Japan. This represents the third record of the species and extends the distribution range more northward and eastward than the previous record from the Nansha Islands in the South China Sea. The present two specimens occurred as a heterosexual pair in a tube of an unidentified species of the polychaete genus Chaetopterus Cuvier, 1830. This symbiotic habit has been also known for many of the other species of the P. sinensis group to which P. haigae belongs.
沖縄島の大浦湾から採集された標本に基づき , ヤワゲヤドリカニダマシ ( 新称 ) Polyonyx haigae McNeil, 1968 を報告し , 詳細に記載した . 沖縄島の標本は , 本種の日本沿岸からの初記録 , そして西太平洋域からの 3 番目の記録となる . 本種は , ツバサゴカイ属 Chaetopterus の未同定種の棲管中から雌雄 1 対で得られた . ツバサゴカイ属の種との共生は , 本種が属する P. sinensis 種群の他の多くの種においても知られている .
続きを見る
9.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
井藤, 竜大 ; Ito, Ryudai ; 河野, 太祐 ; Kawano, Taisuke
出版情報: Fauna Ryukyuana.  65  pp.53-55,  2022-09-16.  琉球大学資料館 (風樹館)
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/0002019453
概要: ギングチバチ科のシロスジツチスガリ Cerceris lauta Yamane & Tano, 1995 を与那国島から記録した . 本種はこれまで西表島と石垣島からのみ記録されており , 与那国島からは初記録となる .
A cr
abronid wasp, Cerceris lauta Yamane & Tano, 1995 is recorded from Yonaguni Island, the Ryukyus, southern Japan. This species has been recorded only from Iriomote and Ishigaki Islands, and thus this is the first record from Yonaguni Island. 続きを見る
10.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
高田, 賢人 ; Takata, Kento ; 福山, 伊吹 ; Fukuyama, Ibuki ; 福山, 亮部 ; Fukuyama, Ryobu
出版情報: Fauna Ryukyuana.  65  pp.57-59,  2022-09-16.  琉球大学資料館 (風樹館)
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/0002019454
概要: 八重山諸島の西表島からヤエヤマヤマガニ Ryukyum yaeyamense (Minei, 1973) の青色個体を初めて記録した .
A blue individual of Ryukyum yaeyamense (Minei
, 1973) was recorded for the first time from Iriomote Island, Yaeyama Islands, Okinawa, Japan. 続きを見る