1.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.261-271,  2033-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/0002017995
概要: 実習の成果と課題
FD委員会報告
日本教職大学院協会研究大会 発表資料
年間行事
実習連携協力校一覧
高度教職実践専攻会議構成員以外の授業科目担当一覧
実習指導一覧
2.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
上森, 教慈 ; Uemori, Kazushige ; 大對, 桂一 ; Otsui, Keiichi
出版情報: Fauna Ryukyuana.  65  pp.3-6,  2022-09-16.  琉球大学資料館 (風樹館)
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/0002019450
概要: リュウキュウハラナガツチバチ Campsomeriella annuloides Sk. Yamane, 1999 を模式産地の位置する西表島で再確認した . さらに新しく石垣島および四国 ( 高知県 ) での分布を確認した . 西表島 , 石垣島産と高知県産の個体を比較し , 斑紋の差異を認めた . また , 本種の生息環境の情報を記録した . さらに , 高知県の個体群の由来について考察した .
In this study, Campsomeriella annuloides Sk. Yamane, 1999 was rediscovered in Iriomote Island, and was newly recorded from Ishigaki Island and Shikoku Island. Intraspecific variation of body coloration was observed. Their habitats were also reported based on field observations. In addition, whether individuals in Kochi Prefecture are introduced or native is discussed.
続きを見る
3.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
前之園, 唯史 ; Maenosono, Tadafumi
出版情報: Fauna Ryukyuana.  65  pp.7-39,  2022-09-16.  琉球大学資料館 (風樹館)
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/0002019451
概要: 九州の南端と琉球列島の沿岸域から採集された標本に基づき , 広義のウモレオウギガニ亜科に属する次の 19 種を報告した : ハバヒロマンジュウガニ Atergatis dilatatus (De Haan, 1835), スベスベマンジュウ ガニ A. floridus (Linnaeus, 1767), ホシマンジュウガニ A. integerrimus (Lamarck, 1818), ホシマンジュウモドキ A. latissimus (H. Milne Edwards, 1834), サビイロマンジュウガニ ( 新称 ) A. obtusus A. Milne-Edwards, 1865, ミカンマンジュウモドキ ( 新称 ) Atergatopsis granulata A. Milne-Edwards, 1865, ツブマンジュウモドキ A. lucasii Montrouzier, 1865, ヒメヒロハオウギガニ Lophozozymus dodone (Herbst, 1801), ヒロハオウギガニ L. edwardsi Odhner, 1925, オオヒロハオウギガニ L. incisus (H. Milne Edwards, 1834), ベニヒロハオウギガニ L. pulchellus A. Milne-Edwards, 1867, ヒラアシオウギガニ Platypodia anaglypta (Heller, 1861), ツブヒラアシオウギガニ P. pseudogranulosa Serène, 1984, ヒメヒラアシオウギガニ P. semigranosa (Heller, 1861), ケブカヒラアシオウギガニ P. tomentosa (De Man, 1902), ウモレオウギガニ Zosimus aeneus (Linnaeus, 1758), アワツブウモレオウギガニ ( 新称 ) Z. sculptus (Herbst, 1794), エリアシオウギガニ Zozymodes cavipes (Dana, 1852), グアムエリアシオウギガニ Z. pumilus (Hombron & Jacquinot, 1846). これら 19 種のうち , サビイロマンジュウガニ , ミカンマンジュウモドキおよびアワツブウモレオウギガニの 3 種は日本沿岸からの初記録である . 本研究では「ツブマンジュウモドキ」の和名で呼ばれている “ 日本産 Atergatopsis germanii A. Milne-Edwards, 1865” と「ヒロハオウギガニ」の和名で呼ばれている “ 日本産 Lophozozymus pictor (Fabricius, 1798)” は , それぞれ A. lucasii と L. edwardsi であることも指摘した . いくつかの研究では , ヒラアシオウギガニをヒロハオウギガニ 属 Lophozozymus A. Milne-Edwards, 1863 と 扱っているが , 本研究ではヒラアシオウギガニ属 Platypodia Bell, 1835 に帰属させた . 本研究でアワツブウモレオウギガニと同定した標本は , Z. sculptus のホロタイプの写真とよく一致する一方で , Z. fissa (Henderson, 1893) の原記載ともよく一致した . これら 2 種の識別形質や異同については , 両種のタイプ標本を比較する必要がある .
Nineteen xanthid crabs of the subfamily Zosiminae Alcock, 1898, sensu lato, are reported based on specimens collected from the Ryukyu Islands and the southern part of Kyushu, Japan: Atergatis dilatatus (De Haan, 1835), A. floridus (Linnaeus, 1767), A. integerrimus (Lamarck, 1818), A. latissimus (H. Milne Edwards, 1834), A. obtusus A. Milne-Edwards, 1865, Atergatopsis granulata A. Milne-Edwards, 1865, A. lucasii Montrouzier, 1865, Lophozozymus dodone (Herbst, 1801), L. edwardsi Odhner, 1925, L. incisus (H. Milne Edwards, 1834), L. pulchellus A. Milne-Edwards, 1867, Platypodia anaglypta (Heller, 1861), P. pseudogranulosa Serène, 1984, P. semigranosa (Heller, 1861), P. tomentosa (De Man, 1902), Zosimus aeneus (Linnaeus, 1758), Z. sculptus (Herbst, 1794), Zozymodes cavipes (Dana, 1852) and Z. pumilus (Hombron & Jacquinot, 1846). The present study represents the first records of A. obtusus, A. granulata and Z. sculptus in the Japanese fauna. It is also confirmed by morphological features of the carapace that previous records of Atergatopsis germanii A. Milne-Edwards, 1865 and Lophozozymus pictor (Fabricius, 1798) from Japanese waters in past literature were actually of A. lucasii and L. edwardsi, respectively. Some studies treated P. anaglypta as a species of Lophozozymus A. Milne-Edwards, 1863, but the present study retains it in Platypodia Bell, 1835. The specimens identified as Z. sculptus in the present study agree well with a photograph of the holotype of Z. sculptus and also with the original description of Zosimus fissa (Henderson, 1893). Further study on the type specimens of Z. sculptus and Z. fissa are needed to confirm their identities.
続きを見る
4.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
井藤, 竜大 ; Ito, Ryudai ; 河野, 太祐 ; Kawano, Taisuke
出版情報: Fauna Ryukyuana.  65  pp.53-55,  2022-09-16.  琉球大学資料館 (風樹館)
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/0002019453
概要: ギングチバチ科のシロスジツチスガリ Cerceris lauta Yamane & Tano, 1995 を与那国島から記録した . 本種はこれまで西表島と石垣島からのみ記録されており , 与那国島からは初記録となる .
A cr
abronid wasp, Cerceris lauta Yamane & Tano, 1995 is recorded from Yonaguni Island, the Ryukyus, southern Japan. This species has been recorded only from Iriomote and Ishigaki Islands, and thus this is the first record from Yonaguni Island. 続きを見る
5.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
高田, 賢人 ; Takata, Kento ; 福山, 伊吹 ; Fukuyama, Ibuki ; 福山, 亮部 ; Fukuyama, Ryobu
出版情報: Fauna Ryukyuana.  65  pp.57-59,  2022-09-16.  琉球大学資料館 (風樹館)
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/0002019454
概要: 八重山諸島の西表島からヤエヤマヤマガニ Ryukyum yaeyamense (Minei, 1973) の青色個体を初めて記録した .
A blue individual of Ryukyum yaeyamense (Minei
, 1973) was recorded for the first time from Iriomote Island, Yaeyama Islands, Okinawa, Japan. 続きを見る
6.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
林, 幸希 ; Hayashi, Koki ; 柳澤, 静磨 ; Yanagisawa, Shizuma ; 大島, 千幸 ; Oshima, Kazuyuki ; 寺井, 純汰 ; Terai, Junta ; 樽, 宗一朗 ; Taru, Sôichirô ; 佐伯, 智哉 ; Saeki, Tomoya ; 青柳, 克 ; Aoyagi, Masaru
出版情報: Fauna Ryukyuana.  65  pp.61-73,  2022-09-16.  琉球大学資料館 (風樹館)
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/0002019455
概要: 宮古諸島から 13 種のゴキブリを報告した . そのうちの 11 種 , すなわちワモンゴキブリ Periplaneta americana (Linnaeus, 1758), コワモンゴキブリ P. australasiae (Fabri cius, 1775), ウスヒラタゴキブリ Megamareta palidiola pallidiola (Shiraki, 1906), アミメヒラタゴキブリ Balta notulata (Stål, 1860), ミナミヒラタゴキブリ B. vilis (Brunner von Wattenwyl, 1865), ヒメツチゴキブリ Margattea nimbata shirakii (Princis, 1969), フタテンコバネゴキブリ Lobopterella dimidiatipes (Bolívar, 1890), リュウキュウモリゴキブリ Episymploce sundaica (Hebard, 1929), ヒメチャバネゴキブリ Blattella lituricollis (Walker, 1868), リュウキュウゴキブリ Pycnoscelus indicus (Fabricius, 1775), サツマゴキブリ Opisthoplatia orientalis (Burmeister, 1838) を , 宮古諸島のいずれかの島から初めて記録した . また , 宮古諸島における分布に疑義のあるマルバネゴキブリ Hebardina yayeyamana Asahina, 1985 を , 確かな標本と採集データをもとに宮古島から記録した .
A total of 13 species of Blattodea are reported from the Miyako Islands, the Ryukyus, Japan. Eleven of these species, Periplaneta americana (Linnaeus, 1758), P. australasiae (Fabricius, 1775), Megamareta palidiola pallidiola (Shiraki, 1906), Balta notulata (Stål, 1860), B. vilis (Brunner von Wattenwyl, 1865), Margattea nimbata shirakii (Princis, 1969), Lobopterella dimidiatipes (Bolívar, 1890), Episymploce sundaica (Hebard, 1929), Blattella lituricollis (Walker, 1868), Pycnoscelus indicus (Fabricius, 1775) and Opisthoplatia orientalis (Burmeister, 1838), are firstly recorded from one or more islands belonging to the Miyako Islands. Based on identified specimens, Hebardina yaeyamana Asahina, 1985, for which distribution in Miyako Island has been in doubt, is definitely confirmed to inhabit Miyako-jima Island.
続きを見る
7.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
比嘉, 高明 ; Higa, Takaaki
出版情報: Fauna Ryukyuana.  65  pp.83-86,  2022-09-16.  琉球大学資料館 (風樹館)
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/0002019457
概要: 沖縄島中部において , 日本国内では国外外来種に位置付けられる陸産貝類サンカクシタラ Kaliella microconus (Mousson, 1865) の生息を再確認した . オーストラリアから東南アジアにかけての分布が知られる本種が ,2007 年 6 月に日本で初めて沖縄県うるま市宇堅 ( 天願川下流 ) の植栽されたアダン Pandanus odoratissimus の葉裏で初めて確認されたが , 2008 年 2 月の再調査では定着できずに死滅したと考えられていた . しかし , 2021 年の本調査でサンカクシタラをうるま市と沖縄市から再確認し , 同地を中心に沖縄島では定着していると考えられた .
Kaliella microconus (Mousson, 1865) is known as an introduced land snail species in Japan. The original distribution of K. microconus is from Australia to southeast Asia. This species was first recorded underneath leaves of planted Pandanus odoratissimus in Japan in June 2007 at Uruma City, Okinawa Prefecture, but since no further individuals were found by a survey conducted in February 2008, K. microconus population was thought to be not settled in Okinawa-jima Island. However, this study rediscovered K. microconus from March to June 2021 in Uruma City and Okinawa City. Therefore, it is considered that Kaliella microconus has settled in Okinawa-jima Island.
続きを見る
8.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
齋藤, 将人 ; Saito, Masato ; 山里, 敬也 ; Yamazato, Takaya
出版情報: 2022年電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集.  pp.54-,  2022-08-23.  一般社団法人 電子情報通信学会
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/0002019447
9.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
幸地, 佑朔 ; Kouchi, Yusaku ; 羽田, 麻美 ; Hada, Asami
出版情報: 沖縄地理.  pp.17-23,  2022-07-31.  沖縄地理学会
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/0002019448
概要: 本研究では,沖縄島本部半島山里の円錐カルスト地域を対象に,コックピット内の 4 地点(空中と土層)において石灰岩の溶食速度を明らかにするための野外実験を実施した.34 日間の実験の結果,石灰岩の初期段階における溶食率(%)は,コックピット内 の地点ごとに異なる.すなわち,土層における溶食率(%)は設置地点の土壌含水比が高いほど大きい.これは,土層構造や基盤岩の地形の影響を受けて土壌の含水比が異なり,石灰岩の溶食に影響を与えているものと推察する.また,空中と土層に設置した石灰岩を比較すると,土層において空中よりも約 3 ~ 10 倍の速さで溶食が進行している. 続きを見る
10.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
上原, 由記音 ; Uehara, Yukine
出版情報: 日本スペインピアノ音楽学会学会誌.  pp.41-69,  2022-07-07.  日本スペインピアノ音楽学会
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/0002019432