1.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
前之園, 唯史 ; Maenoson, Tadafum
出版情報: Fauna Ryukyuana — Fauna Ryukyuana.  64  pp.5-21,  2022-04-07. 
概要: 琉球列島の沿岸域から採集された標本に基づき, テナガオウギガニ属Chlorodiella Rathbun, 1897の7種 [ケフサテナガオウギガニC. barbata (Borradaile, 1900); ヨツハテナガオウギガニ (新称 ) C. corallicola Miyake & Takeda, 1968; ナギテナガオウギガニ (新称) C. crispipleopa Dai, Yang, Song & Chen, 1986; ヒメテナガオウギガニC. cytherea (Dana, 1852); ユビワテナガオウギガニ (新称) C. xishaensis Chen & Lan, 1978; テナガオウギガニC. laevissima (Dana, 1852); クロテナガオウギガニC. nigra (Forskål, 1775)] を報告した. これらの種のうち, ヨツハテナガオウギガニは日本沿岸から初記録である. ナギテナガオウギガニとユビワテナガオウギガニは, それぞれの種名で日本沿岸から記録されたことはないが, ヒメテナガオウギガニとして報告された記録のなかにこれら2種が含まれていることが判明した. 本研究で扱ったナギテナガオウギガニと暫定的にヒメテナガオウギガニと同定した標本は, 複数の形質によって区別できるが, どちらがC. cythereaの名義種に適合するかについて確認する必要がある. 本研究で暫定的にテナガオウギガニと同定した標本の多くは, Serène (1984) による “C. laevissima form robusta” と一致するが, この名称は不適格名である. さらに, Serène (1984) が定義した2つの型は, C. laevissimaの新参シノニムとされているMenippe martensii Krauss, 1843との比較も必要であることを指摘した. 本研究でクロテナガオウギガニと同定した標本には, 2つの変異が含まれていた. クロテナガオウギガニの正確な同定をするために, これらの変異が種内変異であるのか種の違いであるのか, またそれらとC. nigraのシノニムとの関係を再検討する必要性についても指摘した.
Seven species of the xanthid genus Chlorodiella Rathbun, 1897 [C. barbata (Borradaile, 1900); C. corallicola Miyake & Takeda, 1968; C. crispipleopa Dai, Yang, Song & Chen, 1986; C. cytherea (Dana, 1852); C. xishaensis Chen & Lan, 1978; C. laevissima (Dana, 1852) and C. nigra (Forskål, 1775)], are reported based on specimens collected from the Ryukyu Islands, southern Japan. The present study represents the first record of C. corallicola from Japanese waters. It is also found that C. crispipleopa and C. xishaensis had already been recorded from several Japanese studies as C. cytherea. The specimens, tentatively identified as C. cytherea in the present study, are distinguished from C. crispipleopa by several features, although the identity of C. cytherea s.s. described by Dana (1852) is uncertain. Most of the specimens tentatively identified as C. laevissima in the present study agree with “C. laevissima form robusta” in Serène (1984), but the name “robusta” is an unavaibale name. Furthermore, this study pointed out that it is necessary to compare Serène’s (1984) two forms with Menippe martensii Krauss, 1843, which is regarded as a junior synonym of C. laevissima. The specimens identified as C. nigra in the present study included two morphological variations. For better taxonomy of C. nigra, it is necessary to determine whether these variations are intraspecific or interspecific differences and to match these specimens with nominal species currently synonimised under C. nigra.
続きを見る
2.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
今田, 舜介 ; Imada, Shunsuke ; 伊藤, 玲央 ; Ito, Reo ; 徳重, 典英 ; Tokushige, Norihide ; 中野, 文尊 ; Nakano, Fumihito ; 中村, 涼 ; 橋爪, 拓斗 ; Hashizume, Takuto
出版情報: Fauna Ryukyuana — Fauna Ryukyuana.  64  pp.23-26,  2022-04-07.  琉球大学資料館 (風樹館)
概要: ツブヒゲナガゾウムシCisanthribus nakanei Morimoto, 1986 (コウチュウ目: ヒゲナガゾウムシ科: ノミヒゲナガゾウムシ亜科) を中之島, 伊平屋島, 座間味島, 粟国島, 西表島, 与那国島から初めて記録し た. また, 本種を沖縄島から追加記録した.さらに, これまで落葉層のみに生息すると考えられてきた本種の, 枯れ木のビーティングまたは立ち枯れのスプレーイングによる採集例や, ビロウの枯れた葉柄上での観察例を併せて報告した.
Cisanthribus nakanei Morimoto, 1986 is newly recorded from Nakanoshima Island, Iheya-jima Island, Zamami-jima Island, Aguni-jima Island, Iriomote-jima Island, and Yonaguni-jima Island, and additionally recorded from Okinawa-jima Island in the Ryukyu Islands. Although this species was thought to inhabit in the litter layer, it was collected by beating dead trunks or by spraying a standing dead tree on Iriomote-jima Island, and also obtained and observed mating on dead leafstalks hanging from a Livistona chinensis tree on Yonaguni-jima Island.
続きを見る
3.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
佐藤, 大義
出版情報: Fauna Ryukyuana — Fauna Ryukyuana.  64  pp.27-43,  2022-04-07.  琉球大学資料館 (風樹館)
概要: 琉球列島の沖縄島, 屋我地島, 久米島町奥武島および西表島周辺海域から採集された標本に基づき, リュウグウスナモグリ科 (新称) Eucalliacidae Manning & Felder, 1991のクモリスナモグリ (新称) Call iaxina novaebritanniae (Borradaile, 1900), オトヒメスナモグリC. sakaii (de Saint Laurent, in de Saint Laurent & Le Loeuff, 1979), フタモンスナモグリ(新称) Eucalliaxiopsis inaequimana (Dworschak, 2014) およびウラシマスナモグリE. panglaoensis (Dworschak, 2006) を報告した. これら4種のうち, クモリスナモグリとフタモンスナモグリの2種は日本沿岸からの初記録であるとともに, 本報告によって分布域の北限を大きく更新した.
Four species of eucalliacid ghost shrimps, Calliaxina novaebritanniae (Borradaile, 1900), C. sakaii (de Saint Laurent in de Saint Laurent & Le Loeuff, 1979), Eucalliaxiopsis inaequimana (Dworschak, 2014) and E. panglaoensis (Dworschak, 2006) are reported based on specimens collected from Okinawajima Island, Yagachijima Island, Ohjima in Kumejima Town, and Iriomotejima and its adjacent islands, Ryukyu Islands, southwestern Japan. The present study represents the first records of C. novaebritanniae and E. inaequimana to the Japanese fauna and expands the distributional ranges of these two species to the north.
続きを見る
4.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
前之園, 唯史 ; Maenosono, Tadafumi ; 佐藤, 大義 ; Sato, Taigi
出版情報: Fauna Ryukyuana — Fauna Ryukyuana.  64  pp.45-64,  2022-04-07.  琉球大学資料館 (風樹館)
概要: 沖縄諸島の沿岸域から採集された標本に基づき, ケブカオビヒロガニ (新称) Typhlocarcinops hirtus Ng & Rahayu, 2020およびビロードオビヒロガニ (新称) T. cf. tonsuratusを日本初記録 として報告した. 本研究でビロードオビヒロガニと同定した標本は, 雄の第1腹肢の形状がT. tonsuratusの原記載の図と異なっていたが, ホロタイプの唯一残っている第1腹肢も破損している可能性が考えられた. 本研究ではこれら2種の形態情報を示すとともに日本産メクラガニモドキ属各種の現在の同定に対応する和名の整理も行った.
Two species of the rhizopine crabs, Typhlocarcinops hirtus Ng & Rahayu, 2020 and T. cf. tonsuratus, are reported from Japan for the first time based on specimens collected from the Okinawa Islands, central Ryukyus. The structure of male first gonopod of the specimens identified as T. cf. tonsuratus in the present study is different from the drawing of the holotype of the nominal species, but it is possible that the drawn gonopod may be damaged and thus shows an unusual condition. The morphological features of these two species are described. Moreover, Japanese names of all other Typhlocarcinops species recorded from Japan were adjusted to match current identification
続きを見る
5.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
高畑, 明尚 ; Takahata, Akihisa
出版情報: 琉球大学経済研究=Ryukyu University Economic Review.  pp.1-43,  2022-03-31.  琉球大学国際地域創造学部
6.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
德島, 武 ; Tokushima, Takeshi
出版情報: 琉球大学経済研究=Ryukyu University Economic Review.  pp.45-49,  2022-03-31.  琉球大学国際地域創造学部
概要: リカードの等価定理は、開放経済のケースで内国債と外国債の発行を想定すれば、  一括税⇔内国債⇔外国債 の関係が成立する。これは、開放経済の動学的最適化分析のケースにおいて、一括税の場合は、財政収支均衡の仮定を裏付けるものとなるだろう。
7.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
萩野, 敦子
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/0002017949
8.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
砂川, 誠智
出版情報: 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻年次報告書.  pp.1-4,  2022-03-06.  琉球大学大学院教育学研究科
9.

図書

図書
琉球大学附属図書館編
出版情報: 2022-02-28.  琉球大学
概要: かわく肌 / 葬ヤマメ
邂逅 since1972. / 二藤
電照菊と「闇」 / 羽影憂
胎児の唄 / 前川真美
獣 / 葬ヤマメ
カルテ / 綱取汐音
盲目の巨人 / 天海薫 r />友達と僕 / 宮里うつ
図書
続きを見る
10.

図書

図書
志自岐康子, 松尾ミヨ子, 習田明裕編
出版情報: 大阪 : メディカ出版, 2022.1
シリーズ名: ナーシング・グラフィカ ; . 基礎看護学||キソ カンゴガク ; 1
所蔵情報: loading…