1.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
Naruse, Tohru ; Maenosono, Tadafumi ; Uyeno, Daisuke ; Samejima, Shota ; Shirawakawa, Naoki ; 成瀬, 貫 ; 前之園, 唯史 ; 上野, 大輔 ; 鮫島, 翔太 ; 白川, 直樹
出版情報: Fauna Ryukyuana.  36  pp.1-11,  琉球大学資料館 (風樹館) — Ryukyu University Museum, Fujukan
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/38800
概要: Six species of leucosioid crabs are reported from the Ryukyu Islands in this paper: Arcania sagamiensis Sakai, 1969, Eba lia stellaris Naruse & Ng, 2006, Ebaliopsis erosa (A. Milne- Edwards, 1873), Myra eudactylus (Bell, 1855), Urnalana elata (A. Milne-Edwards, 1874) (Leucosiidae); and Iphiculus spongiosus Adams & White, 1849 (Iphiculidae). Ebaliopsis erosa are recorded from Japanese waters for the first time; all but Ebalia stellaris and M. eudactylus are recorded from the Ryukyu Islands based on the specimens for the first time. Taxonomic notes are also provided for some selected species.
琉球列島より得られたコブシガニ上科6種 (サガミトゲコブシArcania sagamiensis, ホシズナエバリアEbalia stellaris, Ebaliopsis erosa, ノコバテナガコブシMyra eudactylus, サガミコブシUrnalana elata, ノコハコブシIphiculus spongiosus) の標本を記録した. それらのうち, Ebaliopsis erosaは日本より初めて, サガミトゲコブシ•サガミコブシ•ノコハコブシは琉球列島より初めて, それぞれ標本を基に報告された. また, Ebaliopsis erosaには新標準和名クルミコブシを与え, 和名の基準とする標本にRUMF-ZC-4279を指定した. さらに, 各種の近似種との識別形質や潜在的な分類学的問題点について概説した.
論文
続きを見る
2.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
Komai, Tomoyuki ; Osawa, Masayuki ; Maenosono, Tadafumi ; Fujita, Yoshihisa ; Naruse, Tohru ; 駒井, 智幸 ; 大澤, 正幸 ; 前之園, 唯史 ; 藤田, 喜久 ; 成瀬, 貫
出版情報: Fauna Ryukyuana.  42  pp.9-27,  Ryukyu University Museum, Fujukan — 琉球大学資料館 (風樹館)
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/39146
概要: Examination of samples collected from the Ryukyu Islands, Japan, has revealed the common occurrence of the callianassid ghost shrimp Lepidophthalmus tridentatus (von Martens, 1868), although literature records of the species are rather scarce. The specimens examined in this study were collected from Amami-ohshima Island, the Okinawa Islands and the Yaeyama Islands. The species was found to burrow in soft sediments in intertidal to shallow subtidal zones, particularly in estuaries and mangrove areas. A detailed description of the species is provided to show evidence of the identification, as well as diagnostic details not mentioned in previous literature. Some comments on the taxonomy of the genus Lepidophthalmus are also given.
琉球諸島から採集された標本に基づき, スナモグリ科の一種Lepidophthalmus tridentatus (von Martens, 1868) (新称: ミツトゲヤワスナモグリ) を報告する. 本種はスリランカ〜フィリピン・インドネシア・ビスマルク諸島におよぶ範囲から記録されていたが, 文献での報告は少ない. 本種の日本における出現は,これまでいくつかの文献で示唆されていたが,標本に基づいた記録と形態の記載はなされていなかった. 本研究により検討された標本は奄美大島を北限に, 沖縄諸島, 久米島, 八重山諸島 (石垣島, 西表島) から採集され, これらの島嶼の河口域やマングローブ林内あるいは周辺の砂泥干潟に普通に生息することが明らかとなった. 産地によっては, かなりの高密度で巣穴が認められた. 同定の根拠を明らかにすることと種の認識にあたり有用な形態形質を明示することを目的として詳細な記載を与えた. さらに, Lepidophthalmus (新称: ヤワスナモグリ属) の分類の現状と種構成についていくつかコメントを与えた.
論文
続きを見る