1.

図書

図書
卯田宗平編
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 2021.4
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
ポスト・ドメスティケーションという思考 : 鵜飼研究からの展開 卯田宗平 [執筆]
野生を飼いならすことの難しさ : インドネシア西ジャワ州におけるコピルアク生産の事例から 須田一弘 [執筆]
あえてドメスティケートしないこと : ミツバチ養蜂戦略の違いから家畜と野育を考える 竹川大介 [執筆]
博物館の展示場で生き物文化を考える : ミツバチと人の関係から 池谷和信 [執筆]
アンチ・ドメスティケーションとしての「野生」 : 双主体モデルで読み解くバカ・ピグミーとヤマノイモの関係 安岡宏和 [執筆]
慣れと狩りの「心の理論」 : 鷹狩りにおける関係性の構築と葛藤 竹川大介, 南香菜子 [執筆]
駆け引きすることの有効性 : 九州の狩猟犬の事例から 藤村美穂 [執筆]
スイギュウの「再ドメスティケーション」 : フィリピンのカラバオの乳用化とポリティカルな力学 辻貴志 [執筆]
リバランスの論理 : 育てたウミウがみせる個性と鵜匠たちによる介入の事例から 卯田宗平 [執筆]
立地条件の克服と養殖技術の開発 : 「半天然アユ」の誕生とニーズ 井村博宣 [執筆]
食用ドジョウの過去・現在・未来 : 水田環境の悪化が招いた品種改良の進展 中島淳 [執筆]
つくられた野生 : エノキタケ栽培がたどった道 齋藤暖生 [執筆]
人為と人工のあいだの家畜動物 : イベリコブタに求められる自然を考える 野林厚志 [執筆]
イヌのドメスティケーションをニューギニア・シンギング・ドッグから考えてみる 小谷真吾 [執筆]
意図せざるドメスティケーション : 人類と細菌のかかわりを手がかりに 梅崎昌裕 [執筆]
ドメスティケーションの実験場としての水田 : 水田植物の採集と栽培の事例から 小坂康之, 古橋牧子 [執筆]
農耕空間と親和的な「野生」植物のドメスティケーション : タケと東南アジアの焼畑 広田勲 [執筆]
ドメスティケーションの背景としての民俗自然誌的技術 : 生業技術の文明論的序説 篠原徹 [執筆]
いま、野生性を問うことの意義 : 成果と展望 卯田宗平 [執筆]
ポスト・ドメスティケーションという思考 : 鵜飼研究からの展開 卯田宗平 [執筆]
野生を飼いならすことの難しさ : インドネシア西ジャワ州におけるコピルアク生産の事例から 須田一弘 [執筆]
あえてドメスティケートしないこと : ミツバチ養蜂戦略の違いから家畜と野育を考える 竹川大介 [執筆]
2.

図書

図書
Radek Malý[著] ; 的場知之訳 ; 長谷川政美監修
出版情報: 東京 : 丸善出版, 2021.6
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
Antoine Guisan, Wilfried Thuiller, Niklaus E.Zimmermann著 ; 楠本聞太郎 [ほか] 訳
出版情報: 東京 : 共立出版, 2020.2
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
今泉, 忠明(1944-)
出版情報: 東京 : 金の星社, 2020.3
シリーズ名: 固有種が教えてくれること / 今泉忠明監修 ; [3]
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
羽山伸一著
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 2019.11
所蔵情報: loading…
6.

電子ブック

EB
野上宏著
出版情報: 東京 : 築地書館, 2019.9
オンライン: https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000078991
7.

図書

図書
山口喜盛著
出版情報: 東京 : 誠文堂新光社, 2017.1
所蔵情報: loading…
8.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
松本, 晶子 ; Matsumoto-Oda, Akiko
出版情報: 観光科学 = Journal of Tourism Sciences.  8  pp.15-27,  2016-12-01.  琉球大学大学院観光科学研究科 — Graduate School of Tourism Sciences, University of the Ryukyus
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/36365
概要: The purpose of this study is to review positive and negative effects of tourism on wildlife conservation from ecological viewpoints. International tourist arrivals have increased from 527 million globally in 1995 to 1133 million in 2014. In Japanese tourism markets, a share of cultural heritages is known to be large. On the other hand, both of nature-based tourism and ecotourism have been very popular leisure activities in Europe and North America, becoming a business worth millions of dollars annually. Current lack of enthusiasm by Japanese to nature-based tourism and ecotourism suggests that Japanese tourism in this area has a potential of development. If so, it is predicted that usage frequency of natural resources will grow. Therefore, the conservation of wild animals as tourist resources is necessary. Major causes of wildlife extinction are habitat destruction and poaching. "Tourism" is the industry that was promoted by United Nations as one of activity to reduce environmental degradation and poverty. Most people agree that tourism create funding mechanism in order to conserve wildlife directly or indirectly. Tourism, however, changes animal behaviors and may bring their extinction, and an ecological cascade may cause extinction from one species to many species. It causes an argument that tourism has an ambiguous gain or loss in conservation of wild animals and biodiversity. This gain/loss should be cleared in the future. Although conservationists depend on tourism for conservation fund, tourists might easily reverse their decision about travel destination by many causes such as danger of war, or infection, or economic deterioration. When tourists decreased, ecological conservation becomes difficult under such circumstances. We need to understand the risk of excessive reliance. 続きを見る
9.

図書

図書
田島知之 [ほか] 著
出版情報: 平塚 : 東海大学出版部, 2016.2
シリーズ名: はじめてのフィールドワーク ; 1
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
汐津美文著
出版情報: 東京 : 海游舎, 2016.8
所蔵情報: loading…