1.

図書

図書
Francine, R. Kaufman, Emily Westfall著 ; 雨宮伸, 難波光義監訳 ; 村田敬, 坂根直樹, 松久宗英代表翻訳
出版情報: 東京 : 医歯薬出版, 2020.2
所蔵情報: loading…
2.

電子ブック

EB
水野美華編
出版情報: 大阪 : メディカ出版, 2020.9
シリーズ名: 糖尿病ケア = The Japanese journal of diabetic caring ; 2020年秋季増刊(通巻224号)
オンライン: https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000094804
3.

電子ブック

EB
貴田岡正史, 豊田雅夫編
出版情報: 京都 : 金芳堂, 2015.8
オンライン: https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000022923
4.

電子ブック

EB
村田敬, 岡崎研太郎編
出版情報: 東京 : 中外医学社, 2014.12
オンライン: https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000045751
5.

電子ブック

EB
田中祐司編
出版情報: 東京 : 羊土社, 2013.7
シリーズ名: レジデントノート ; vol.15-no.6(2013-7)
オンライン: https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000048237
6.

電子ブック

EB
田嶼尚子, 西村理明編集
出版情報: 東京 : 総合医学社, 2011.10
シリーズ名: 糖尿病レクチャー ; Vol 2, No3 (2011)
オンライン: https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000007803
7.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
大城, 政一 ; 中前, 均 ; 古田, 賢治 ; 平川, 守彦 ; 日越, 博信 ; Oshiro, Seiichi ; Nakamae, Hitoshi ; Furuta, Kenji ; Hirakawa, Morihiko ; Higoshi, Hironobu
出版情報: 琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus.  pp.39-45,  1995-12-01.  琉球大学農学部
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/3744
概要: 本実験は牛舎内環境下黒毛和種における, 反芻行動と血液成分の相関関係について検討を行った。実験動物は頸静脈カテーテルを装着した黒毛和種成雌4頭を供試した, 実験動物は牛舎内スタンチョンに繋養し, 反芻行動, 採食(咀嚼)行動および血液成分を 測定し, 反芻行動および採食行動と血液成分の相関係数を検討した。反芻行動は10 : 00と16 : 00の給餌刺激による影響を認めなかったが, 採食行動は10 : 00と16 : 00に増加を示した。反芻行動は遊離脂肪酸含量と有意な正の相関を示し, 特に反芻回数はCa含量と有意な正の相関を示した。採食行動はグルコース含量, 中性脂肪含量, および酢酸含量と正の相関を示し, 特に咀嚼回数はCa含量, 尿素態窒素含量, アルグミン含量およびA/G比とも有意な正の相関を示した。<br />The experiments were conducted to study the relationship of rumination and blood compositions under the artificial light in a barn. Ruminating behavior, masticating behavior and blood compositions of animals tested were measured and analyzed. In the feeding at 10 : 00 and 16 : 00,ruminating behavior was not changed during a day, but masticating behavior was increased at feeding of 10 : 00 and 16 : 00. The coefficient of the correlation between ruminating behavior (Number of boli and ruminating time) and free fatty acid was r=0.653 and 0.704 significantly (P<0.05-0.01), especially, the coefficient of correlation between number of boli and calucium was correlated (r=0.655,P<0.05-0.01). Masticating behavior (Number of mastication and masticating time) was correlated to glucose, phospholipids, and acetic acid, especially, number of mastication was correlated to calucium albumin and A/G rate Urea-N. 続きを見る