1.

図書

図書
斉藤和季著
出版情報: 東京 : 文藝春秋, 2017.2
シリーズ名: 文春新書 ; 1119
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
木村孟淳 [ほか] 編集
出版情報: 東京 : 南江堂, 2013.9
所蔵情報: loading…
3.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
Hossain, Md.Amzad ; Akamine, Hikaru ; Nakamura, Ichiro ; Tamaki, Masanobu ; ホサイン, モハメド アムザド ; 赤嶺, 光 ; 仲村, 一郎 ; 玉城, 政信
出版情報: 琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus.  pp.13-18,  2012-12.  琉球大学農学部
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/26479
概要: Redflower ragleaf (Crassocephalum crepidioides) is a weed as well as a functional vegetable in tropical and subtropical regions of the world. The experiment was conducted to evaluate fertilizer effects on growth characteristics of redflower ragleaf. The treatments were nitrogen (N), phosphorus (P), potassium (K), nitrogen plus phosphorus (NP), nitrogen plus potassium (NK), phosphorus plus potassium (PK), nitrogen plus phosphorus plus potassium (NPK) and control (Con,no fertilizer). Nitrogen, P and K were applied at 200 (1.0g/pot), 100 (O.5g/pot) and 100 kg/ha (0.5g/pot), respectively according to the experiment design. Redflower ragleaf grown with the application of N, NP, NK and NPK was greener, and had higher SPAD value than the plants grown with the P, K and PK. Leaf defoliation naturally started earlier in the plants grown without N application. Plant height, leaf number and branch number were highest in the plants grown with the NPK followed by NK or N. The plants grown without N application resulted in earlier flowering. Fresh and dry weight of the plants was the highest when grown with the NPK followed by NK and N. Phosphorous and K applied separately or together did not show any positive effect on growth parameters, fresh weight and dry weight of the plant, but showed positive effect when applied with the combination of N. Combined application of N, P and K resulted in the best effect on all growth parameters, fresh weight and dry weight of redflower ragleaf.<br />ベニバナボロギクは、熱帯・亜熱帯地域の国々では機能性野菜として利用されている。本実験では、ベニバナボロギクの生長に対する化学肥料の影響を調査した。試験区は、チッソ(N)、リン(P)、カリウム(K)、チッソ+リン(NP)、チッソ+カリウム(NK)、リン+カリウム(PK)、チッソ+リン+カリウム(NPK)および無施肥(対照区)の8処理区とした。施肥量は、N、PおよびK、それぞれ20Kg/ha (1.Og/ポット)、1OOKg/ha(0.5g/ポット)およびl00Kg/ha(0.5g/ポット)とした。葉におけるSPAD値は、N、NP、NKおよびNPK区においてP、KおよびPK区より高い値を示した。チッソ(N)を施肥しない区では、最も早く落葉が観察された。草丈、葉数および分枝数については、NPK区で栽培した植物体に次いでNKとN区の植物体で高い値を示した。チッソ(N)を施肥しない区の植物体は、より早く開花することがわかった。全新鮮重および全乾物重では、NPK区に次いでNK区、N区の順に高い値を示した。リン(P)およびK肥料の単独施肥またはPおよびKの混合施肥によって、全新鮮重、全乾物重および生長形質への影響は認められなかった。ベニバナボロギクの栽培においてN、PおよびKの組み合わせ施肥をすることが、生長形質や乾物重の増加に最も影響を及ぼすことがわかった。 続きを見る
4.

図書

図書
スーザン・ウィード著 ; 大滝百合子訳
出版情報: 東京 : フレグランスジャーナル社, 2006.12
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
西村佑子著
出版情報: 東京 : 山と溪谷社, 2006.4
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
佐竹元吉監修
出版情報: 東京 : シーエムシー, 2005.8
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
鮫島浩二著
出版情報: 東京 : 池田書店, 2004.2
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
正山征洋編著
出版情報: 福岡 : 九州大学出版会, 2003.10
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
デニス・ティラン著 : 宮原英二監修 : 鈴木宏子訳
出版情報: 東京 : フレグランスジャーナル社, 2003.7
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
アロマトピア編集部, クレアボー編集部編集
出版情報: 東京 : フレグランスジャーナル社, 2002.2
所蔵情報: loading…