1.

その他

その他
-
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/10207
概要: 1冊 写 17枚 唐紙<br />史料の題簽(題字)には、『君南風之由来記(きみはえのゆらいき)』とあるが、『君南風由来并位階且公事』(きみはえゆらいならびにいかいかつくじ)が正式名称である。「君南風之由来記」「君南風由来記」と 略称することもある。 本書は1697~1706年(尚貞29~38)ごろの成立、久米島の最高位の神女「君南風(きみはえ・チンベー)」の由来・位階(階級・身分)・公事(政務・儀式)について記した文献である。そのほかに、クェーナやウムイなどの歌謡23首を収録する。君南風の職掌や性格、1700年ごろの歌謡の実態を知るうえで貴重な文献である。本史料は明治期以前に書写された写本と思われる。本史料は虫損により欠損が著しいが、本書とほぼ同内容の文献に「君南風之始祖伝記」があり、補完することが可能である。<br />On the slip of paper bearing the title inside of this record is written Kimihae no yuraiki (The History of Kimihae/Oki., Chinbē), but its official title is Kimihae Yurai narabini Ikai katsu Kuji (The History of Kimihae/Chinbē, and Rank and Public Affairs). It is sometimes abbreviated to "Kimihae Yuraiki." The text was completed between around 1697 and 1706, and contains information regarding Kimihae/Chinbē, the highest priestess of Kume Island, including their history, court rank and social status, and public affairs and ceremonies. It also records 23 songs called umui and kwēna. This is a very valuable reference book for understanding not only songs from the 1700s, but also Kimihae/Chinbē's official duties and character. It is considered to be a written copy of the original text transcribed before the Meiji Period. The text has been damaged by insects, but the illegible parts are decipherable since its contents are almost the same as those of the book Kimihae no Shiso Denki. 続きを見る
2.

その他

その他
伊波, 普猷(筆写) ; イハ, フユウ
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/10208
概要: 1冊 写 135枚<br />題名の『久米島旧記』は伊波自身によるものか。本資料には、「久米仲里間切旧記(くめなかざとまぎりきゅうき)」、「久米具志川間切旧記(くめぐしかわまぎりきゅうき)」、「久米島のおもろ」の資料が書写されて いる。琉球王府は、1713年(尚敬元)『琉球国由来記(りゅうきゅうこくゆらいき)』を編集したが、その編集の際の基礎資料として各間切に資料の提出をもとめた。そのもとめに応じたのが「久米仲里間切旧記」、「久米具志川間切旧記」である。原本は、両旧記とも当館仲原善忠文庫に所蔵されている。資料中、「久米具志川間切旧記」は、仲原善忠氏所蔵本から書写されてい ることがわかるが、ほかの二資料の写本元についてはまだ確認されていない。 また、久米・仲里由来記に関する新聞記事や久米島の地図が添付されており、鉛筆、朱墨の書き入れがほとんど全頁に見られること、他書からの引用されたと思われるメモ書きが確認されることから、伊波普猷の久米島おもろ、旧記に関する調査・研究ノートではないかと考えられる。<br />The title “The history of Kumejima” may have been created by Iha Fuyu himself. In this document, texts from the “Old Records of the Kume Nakazato-Magiri”, the “Old Records of the Kume Gushikawa-Magiri” and the “Omoro of Kumejima” have been transcribed. In 1713 the Ryukyu government compiled the “History of Ryukyu Kingdom”, the basis of the information for this compilation was the information submitted from each of the Magiri. The result of this was the “Old Records of the Kume Nakazato-Magiri” and the “Old Records of the Kume Gushikawa-Magiri”. In the original script both of these along with Nakahara Zenchuu’s work are included.Within the document, it is understood that the “Old Records of the Kume Gushikawa-Magiri” was transcribed from a book of Nakahara Zenchu's, but it is not yet confirmed what the origins of the other two transcribed documents are.Also, there are maps of Kumejima and newspaper articles related to the “Old Records of the Kume Nakazato-Magiri” attached. On most pages are pencil and red-ink stick entries, but these have been confirmed as being references to another writing and so it is thought that there are no research notes from Iha Fuyu with regards to the Omoro of Kumejima, or the other two texts. 続きを見る
3.

その他

その他
-
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/10212
概要: 1冊 写者及び年代不詳  62枚 27cm<br />琉球王国時代に編集された碑文の文面や冊封使の題字などを集めた記録。歴史編纂事業の補助史料として作成されたと見られ、首里・那覇を中心に分布する琉球の主要な碑文をほぼ網羅的に記し ている。「碑文記(ひもんき)」(尚家本)、「碑文記全」(東恩納甲本・乙本の2種)などの異本があり、本書は「伊波本」の名で通称される伊波普猷文庫の蔵本である。散逸または摩滅した碑文の研究に欠かせない貴重な史料である。各異本との違いについては「石碑復元調査報告書 平成16年3月」(那覇市発行 2004)を参考のこと。<br />A record of the contents of epitaphs and letters from the investiture system, compiled at the time of the Ryukyu kingdom. It looks like it was produced with the aim of helping to compile history; it contains the important epitaphs of Ryukyu, mainly distributed throughout Naha and Shuri. There are many different editions of the Himonki (Shoke-bon) and Himonkizen. This book, nicknamed the “Iha-bon”, was part of Iha Fuyu’s library. A valuable historical record for the research of lost or damages epitaphs. For more information on the differences between the different books, see “Sekihi fukugen chosa hokokusho, Heisei 13” (Published Naha 2004). 続きを見る
4.

その他

その他
-
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/10213
概要: 1冊 写者及び年代不詳 11枚 みの罫紙 26cm<br />琉球王家、第一尚氏の由来・伝承を記した記録。伊平屋島の出である佐銘川大主(さめかわおおぬし・サメカワウフシュ)が馬天に来て大城按司の娘を娶り、苗代大比屋(なわしろうふ や)をもうけたこと、苗代大比屋と佐敷の美里子(みさとしー)の娘とのあいだいに生れたのが尚巴志であるあることなどを記す。第一尚氏最後の王である尚徳の次男に「屋比久大やくもい」がおり、その子孫に関する記述もある。冒頭にこの記録を佐敷番所(佐敷間切の役所)で写したとあるが、誰が筆者したかは不明。この記録自体の成立年代も不明である。<br />Records of the Ryukyuan Royal Family; History and legends of the first Sh? dynasty.It's written that Samekawa ?nushi came to Baten, took the Anji of ?shiro's daughter as a wife and had a child, Nawashiro Ufuya. Nawashiro Ufuya later took the daughter of Misatoshi as a wife, and their son was Sh? Hashi.Contents relate to the descendents of the son of Sh? Toku, the last king of the first Sh? Dynasty.At first it was thought that this copy was made at the government office of Sashiki, but it’s unclear who transcribed it. It’s also unknown when the copy was made. 続きを見る
5.

その他

その他
-
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/10214
概要: 1冊 写者及び年代不詳 51枚<br />本書は、1600年(尚寧12)に泉州堺より渡来し、茶道をもって尚寧王に仕えた閔氏喜安入道蕃元(びんうじ・きあんにゅうどう・ばんげん)の日記。薩摩侵入(1609)に関する琉球側の数少ない資 料の一つ。1609年(尚寧21)3月の薩摩の琉球入り前後から、捕虜となった尚寧王に従って薩摩・江戸へ行き帰国する11年10月までの、約2年半にわたる記録である。尚豊王(在位1621~40)の在位期間中に成立したと思われる。日記は全体として、回想の形をとり、筆者の直接の観察の及ばない場面についても描かれている。文体は、概して中世軍記、特に『平家物語』のそれで、詠嘆的に語られている。日記の約1/2に相当する分量が軍記の叙述に依拠し、『平家物語』57例『保元物語』7例『平治物語』8例の借用箇所がすでに確認されている。本資料は、嘉慶25(1820)年に写された現存する最も古い写本である。原本は現存しない。史料的価値については、事件に関する事実は薩摩側の資料『琉球渡海日々記』とも符合し、すでに認められている。また、日記には漢詩や和歌も収められ、文学作品としても和文学の物語ないし日記の先蹤をなすもので、文学史上見逃せないものとなっている。<br />The text is the diary of Binuji Kian Nyudo Bangen who came over from Senshusakai (present day Sakai, Osaka) in 1600, and served the tea ceremony to King Sh? Nei. It’s one of a very few materials from the Ryukyuan point of view regarding the Satsuma Invasion. It records the two and a half years, from March 1609 to October of 1611.It’s thought that it was completed under the rule of King Sh? H? (reigned 1621-40).The whole diary is written as memories, but things other than the author’s direct experiences are written about. Generally, the literary style follows that of war chronicles of the middle ages, particularly that of The Tale of Heike. About half the diary is dependent on war chronicles, and it has been confirmed that there are 8 examples of passages borrowed from The Tale of Heiji, 7 examples from The Tale of H?gen, and 57 examples from The Tale of Heike.This material is the oldest copy in existence made in 1820. The original book is no longer in existence. 続きを見る
6.

その他

その他
伊知地, 季安著 ; イチジ, キアン
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/10217
概要: 上巻 1冊 写本 26cm<br />薩摩の史家、伊地知季安(いじちきあん)が著した史書の写本。筆写年代・筆写者ともに不明。本書は三巻からなり、推古15年(607)から天保3(1832)年という834年間のことを抄録している。『 南聘紀考』の作成意図として、琉球が薩摩の附庸であることを歴史的に明らかにしようとして書かれたものと考えられる。上巻では、推古15年(607)から嘉吉元年(1441)までが抄録されている。<br />A copy of the history book written by Ijichi Kian, the Satsuma historian. When it was transcribed and by whom are unclear. The book is made up of 3 sections, and covers events from 607 to 1832.It’s thought that it was written to make clear the historical events that happened whilst Ryukyu was under the rule of Satsuma. The first section covers the years 607 to 1441. 続きを見る
7.

その他

その他
伊知地, 季安著 ; イチジ, キアン
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/10218
概要: 中巻 1冊 写本 26cm<br />薩摩の史家、伊地知季安(いじちきあん)が著した史書の写本。筆写年代・筆写者ともに不明。本書は三巻からなり、推古15年(607)から天保3(1832)年という834年間のことを抄録している。『 南聘紀考』の作成意図として、琉球が薩摩の附庸であることを歴史的に明らかにしようとして書かれたものと考えられる。中巻では、嘉吉元年(1441)から慶長13(1608)までが抄録されている。<br />A copy of the history book written by Ijichi Kian, the Satsuma historian. When it was transcribed and by whom are unclear. The book is made up of 3 sections, and covers events from 607 to 1832.It’s thought that it was written to make clear the historical events that happened whilst Ryukyu was under the rule of Satsuma. The second section covers the years 1441 to 1608. 続きを見る
8.

その他

その他
伊知地, 季安著 ; イチジ, キアン
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/10219
概要: 下巻 1冊 写本 26cm<br />薩摩の史家、伊地知季安(いじちきあん)が著した史書の写本。筆写年代・筆写者ともに不明。本書は三巻からなり、推古15年(607)から天保3(1832)年という834年間のことを抄録している。『 南聘紀考』の作成意図として、琉球が薩摩の附庸であることを歴史的に明らかにしようとして書かれたものと考えられる。下巻では、慶長14(1609)から天保3年(1683)までが抄録されている。<br />A copy of the history book written by Ijichi Kian, the Satsuma historian. When it was transcribed and by whom are unclear. The book is made up of 3 sections, and covers events from 607 to 1832. It’s thought that it was written to make clear the historical events that happened whilst Ryukyu was under the rule of Satsuma. The third section covers the years 1609 to 1683. 続きを見る
9.

その他

その他
-
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/10220
概要: 巻1 1冊 写本 23cm<br />説話集。正史『球陽』の付巻として1745年成立。鄭秉哲(ていへいてつ)等編。本来4冊だが第三巻1冊を欠いている。概略尚家本「遺老説伝」に近いが「三司官之印」の朱印が認められ、尚家本の上位にあ るとおもわれる。「原本」は琉球関係資料として極めて珍しいものである。「遺老説伝」というのは、本編には収められない古老の伝説を集める意で、全体141話が収められている。巻1では、那覇の名称の由来についてや、蔡夫人の逸話などが収録されている。島袋盛敏による全文の訳(『遺老説傳 : 球陽外巻』学藝社発行、1935年)があり、伊波普猷はその序を書いている。『那覇市史』資料編第1巻2収録。<br />A collection of legends. An additional volume to the authentic history book the “Ky?y?”, completed in 1745. Edited by Tei Heitetsu. Originally in 4 volumes, but the third volume is missing. In brief, even though it’s close to the Shoke-bon’s Ir?setsuden, it’s thought that it’s more reliable than the Shoke-bon, as the red seal of the Sanshikan is recognised.The original text, as a resource for Ryukyuan studies is extremely rare.The Ir?setsuden are collections of now unobtainable elders’ folklore which, in total some 141 stories are included.The first volume is about the history of the name of Naha, and anecdotes of “Saifujin” are included. A complete translation by Shimabukuro Seibin is available, in which Iha Fuyu wrote the preface. “The History of Naha city” is recorded in the second volume of the text. 続きを見る
10.

その他

その他
-
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/10221
概要: 巻2 1冊 写本 23cm<br />説話集。正史『球陽』の付巻として1745年成立。鄭秉哲(ていへいてつ)ら編。本来4冊だが第三巻1冊を欠いている。概略尚家本「遺老説伝」に近いが「三司官之印」の朱印が認められ、尚家本の上位にあ るとおもわれる。「原本」は琉球関係資料として極めて珍しいものである。「遺老説伝」というのは、本編には収められない古老の伝説を集める意で、全体141話が収められている。巻2では、与那覇勢頭豊見親(ヨナハセドトゥユミヤ)の中山への入貢や、尚巴志の山北征討についての説話が収められている。島袋盛敏による全文の訳(『遺老説傳 : 球陽外巻』学藝社発行、1936年)があり、伊波普猷はその序を書いている。『那覇市史』資料編第1巻2収録。<br />A collection of legends. An additional volume to the authentic history book the “Ky?y?”, completed in 1745. Edited by Tei Heitetsu. Originally in 4 volumes, but the third volume is missing. In brief, even though it’s close to the Shoke-bon’s Ir?setsuden, it’s thought that it’s more reliable then the Shoke-bon, as the red seal of the Sanshikan is recognised.The original text, as a resource for Ryukyuan studies is extremely rare.The Ir?setsuden are collections of now unobtainable elders’ folklore which, in total some 141 stories are included.The second volume records narratives of Sh? Hashi’s subjugation of Hokuzan, and Yonaha Sedo Tomiya's tributes to Chuzan.A complete translation by Shimabukuro Seibin is available, in which Iha Fuyu wrote the preface. “The History of Naha city” is recorded in the second volume of the text. 続きを見る