1.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
西, 圭介 ; Weber, Till ; 大城, 和希 ; Nishi, Keisuke ; Oshiro Kazuki
出版情報: 琉球大学経済研究=Ryukyu University Economic Review.  pp.45-63,  2021-03-31.  琉球大学国際地域創造学部 — FACULTY OF GLOBAL & REGIONAL STUDIES UNIVERSITY OF THE RYUKYUS
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/48085
2.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
Weber, Till
出版情報: 琉球大学欧米文化論集 = Ryudai Review of Euro-American Studies.  pp.81-94,  2013-03-31.  琉球大学法文学部国際言語文化学科(欧米系) — Department of Languages and Cultures Euro-American Studies Faculty of Law and Letters University of the Ryukyus
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/26560
概要: This paper is concerned with the Study Abroad in Germany Trip (Kaigai Bunka Kenshu) as offered biannually by the German Department of the University of the Ryukyus. Since 2002 it has been offered to all students at this university. It consists of a half-year preparatory phase in Okinawa which includes the German Gasshuku at Oku no Sanso in March as well as the following summer term, followed by a four-week trip to Germany including visits to neighbouring countries if the theme of the programme makes that seem appropriate. While in Germany, the students spent the first two weeks in an intensive language course at our partner university Heinrich-Heine-Universitaet in Duesseldorf. The second part is a round trip of about ten days focusing on a theme of historical, cultural, political or literary significance. This part is especially prepared and conducted by the German staff at RyuDai and is unique among university study trip programmes from Kyushu/Okinawa to Germany. During the third part, which lasts 3-4 days, the students are conducting short study trips without help from their teachers, often alone or in groups of only two students. Exemplary quotes from the students' evaluations of the 2012 edition show that the main aims have been reached (1. Improving the students' command of German; 2. Studying specific aspects of German-speaking countries' cultures in-depth; 3. Letting the students gain confidence by being exposed to a German-language environment and mastering the challenges involved). 続きを見る
3.

その他

その他
Weber, Till ; ウェーバー, ティル
出版情報: 琉球大学大学教育センター報 = University Education Center Bulletin.  pp.49-58,  2008-03.  琉球大学大学教育センター
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/41697
4.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
Kataoka, Masuo ; Weber, Till ; 片岡, 満壽男 ; ヴェーバー, ティル ; 片岡, 満寿男
出版情報: 言語文化研究紀要 : Scripsimus.  pp.115-127,  2006-10.  琉球大学法文学部国際言語文化学科欧米系
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/7608
概要: 琉球大学法文学部のドイツ言語文化コースでは、ハインリッヒ・ハイネ・デュッセルドルフ大学哲学部、外国語としてのドイツ語(DaF)専攻の授業実習生を受け入れている。これは両学部間の提携に基づくものである。そして琉球大学における授業実習生の受け入 れは、その主だったところはティル・ヴェーバーが担っている。それはデュッセルドルフ大学との交信に始まり、実習生の受け入れのためドイツ語教員をオーガナイズして時間割を調整...等々である。ドイツにおける外国語としてのドイツ語専攻の学生は、教授法のゼミに参加し、そして授業実習もしなくてはならない。このゼミをハインリッヒ・ハイネ・デュッセルドルフ大学で、2005年から2006年にかけての冬学期に担当したのはヴィンドルフWindolph先生だった(タイトルは「外国語としてのドイツ語入門」)。このゼミの学生はまた少なからず、授業実習を外国で出来たらいいとの希望を持っている。片岡がこのヴィンドルフ先生のゼミに参加した折、琉球大学での授業実習の様子についてゼミの学生に話してくれないかという話を持ちかけられた。その際ヴィンドルフ先生がくれたヒントは、デュッセルドルフの学生は授業実習生として琉球大学でどういうレベルのドイツ語の授業を持つのか、それを取り上げるべきだということ、即ち授業実習をしようという学生は行き先の学校で何を担当することになるのか知りたがっているということだった。発表に際しては、テイル・ヴェーパーが資料の多くをデュッセルドルフに送り、片岡はそれに基づいて報告を行った。また琉球大学ドイツ語の他のスタッフも授業や交流協定等について資料を送ってくれた。本稿は、上記教授法ゼミの2006年1月12日の授業で行った報告に基づくものである。本稿の意義は、今後デュッセルドルフ大学から来る授業実習生のための案内になることであり、ひいては琉球大学ドイツ語における授業実習生の受け入れの活動を広く知っていただくことにある。 続きを見る
5.

図書

図書
Herausgeber, Okinawa commemorative national government park, Okinawa general bureau Okinawa development agency ; Deutsche fassung the Executive link, Till Weber
出版情報: Naha : Ocean expo commemorative park management foundation Shurijo castle park management center, 2000.3
所蔵情報: loading…