1.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
Osawa, Masayuki
出版情報: International Workshop on Tropical Island Biodiversity: Across Land and Sea.  pp.10-11,  21st COE Program of University of the Ryukyus — 琉球大学21世紀COEプログラム
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/8730
概要: 国際ワークショップ:International Workshop on Tropical Island Biodiversity: Across Land and Sea, 日時:2007年9月25日~29日, 場所:シンガポール国立大学( シンガポール)およびティオマン島(マレーシア), 共催:琉球大学21世紀COEプログラム, シンガポール国立大学生物科学科
論文
続きを見る
2.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
大澤, 正幸 ; Osawa, Masayuki
出版情報: 琉球大学21世紀COEプログラム「サンゴ礁島嶼系の生物多様性の総合解析-アジア太平洋域における研究教育拠点形成-」最終報告書(平成16年度~平成20年度).  pp.40-40,  琉球大学21世紀COEプログラム
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/10071
概要: 研究報告書
3.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
Osawa, Masayuki
出版情報: International Joint Symposium: Tropical Island Ecosystems and Sustainable Development (Moorea. French Polynesia).  pp.P9-,  21st COE Program of University of the Ryukyus — 琉球大学21世紀COEプログラム
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/7401
概要: 国際共同シンポジウム: International Joint Symposium: Tropical Island Ecosystems and Sustainable Development (Moorea, French Polyne sia), DATE:December 2-7, 2006, PLACE: Moorea, French Polynesia, CO-SPONSORS: Centre de Recherches Insulaires et Observatoire de l’Environnement (CRIOBE) / Richard B. Gump South Pacific Research Station (University of California Berkeley) / 21st COE Program of University of the Ryukyus
論文
続きを見る
4.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
前之園, 唯史 ; 大澤, 正幸 ; Maenosono, Tadafumi ; Osawa, Masayuki
出版情報: Fauna Ryukyuana.  24  pp.17-22,  琉球大学資料館 (風樹館) — Ryukyu University Museum, Fujukan
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/38685
概要: Petrolisthes decacanthus Ortmann, 1897, a porcellanid that has been reported mainly from oceanic islands in the Indo-Wes t Pacific, is recorded for the first time from Japanese waters based on a single female specimen collected from Okinawa-jima Island, Ryukyu Archipelago. The specimen extends the distributional range of the species to the north. A brief diagnosis, colouration in life, and ecological notes on P. decacanthus are provided.
沖縄島で採集されたトハリカニダマシ (新称) Petrolisthes decacanthus Ortmann, 1897について, 形態や色彩の特徴, 生息環境について記述した. 本報告はトハリカニダマシの日本からの初記録であり, その分布の北限記録を沖縄島まで更新した.
論文
続きを見る
5.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
Komai, Tomoyuki ; Maenosono, Tadafumi ; Osawa, Masayuki ; 駒井, 智幸 ; 前之園, 唯史 ; 大澤, 正幸
出版情報: Fauna Ryukyuana.  27  pp.13-59,  Ryukyu University Museum, Fujukan — 琉球大学資料館 (風樹館)
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/38698
概要: Three callianassid ghost shrimp species from the two genera, Glypturus armatus (A. Milne- Edwards, 1870), Corallianassa borradailei (De Man, 1928a) and C. martensi (Miers, 1884), are reported from the Ryukyu Islands, southern Japan; of them G. armatus and C. borradailei are new to the Japanese fauna. These three species occur in easily accessible intertidal to shallow subtidal soft sediments. Detailed descriptions of them are given for better understanding of the diagnostic characters for species recognition. Some points of taxonomic confusion relating to the three species are clarified. The validity of C. borradailei is confirmed, although the taxon has been generally regarded as a junior synonym of C. coutierei (Nobili, 1904). The synonymy of Callianassa (Callichirus) nakasonei Sakai, 1967 with C. martensi is confirmed. A taxonomic overview on Glypturus Stimpson, 1866, Corallianassa Manning, 1987 and Corallichirus Manning, 1992 is provided. Potential diagnostic characters of Glypturus and Corallianassa are discussed.
奄美諸島から八重山諸島の沿岸域で採集された標本に基づき, スナモグリ科の3種, Glypturus armatus (A. Milne-Edwards, 1870) (新称: トゲスナモグリ), Corallianassa borradailei (De Man, 1928a) (新称: モバホソスナモグリ), およびC. martensi (Miers, 1884) (新称: ホソスナモグリ) を報告した. いずれの種も, 海草類の植生を伴った干潟域において確認された. Corallianassa borradaileiはC. coutierei (Nobili, 1904) の異名とされてきたが, 別種であることが確認された. これら3種のうち, トゲスナモグリとモバホソスナモグリは本邦から初記録となる. 3種の帰属と種の同一性についてはかなり混乱がある上, 研究者間で見解の不一致がある. そのため, それらの分類学的な概要を示すことに加え, 種の特徴となる形態の細部を明らかにする目的で, 各種について詳細な記載と図を与えた. さらに, グアム産のCorallianassa assimilis (De Man, 1905) およびインド産のCorallianassa coutierei の標本も加え, Glypturus Stimpson, 1866 (新称: トゲスナモグリ属) とCorallianassa Manning, 1987 (新称: ホソスナモグリ属) の比較を行い, 属の標徴形質となりうる可能性のある形質について論じた. 和名の安定のため, 3種の和名の基準標本を次のとおりとする: トゲスナモグリ (CBM-ZC 12711, 雄); モバホソスナモグリ (CBM-ZC 12712, 雌); ホソスナモグリ(CBM-ZC 12713, 雌).
論文
続きを見る
6.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
大澤, 正幸 ; 藤田, 喜久 ; Osawa, Masayuki ; Fujita, Yoshihisa
出版情報: Fauna Ryukyuana.  28  pp.37-56,  琉球大学資料館 (風樹館) — Ryukyu University Museum, Fujukan
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/38718
概要: Stomatopods and decapods of Axiidea, Gebiidea and Anomura (Crustacea: Malacostraca) from Irabu-jima and Shimojijima Isla nds, Miyako Group, southern Ryukyus, Japan Gonodactyloidea (Stomatopoda), four species of Axiidea, one species of Gebiidea, and 27 species of Anomura. Gonodactylellus erdmanni Ahyong, 2001 (Gonodactylidae), Neocallichirus vigilax (De Man, 1916) (Callianassidae), and Aliaporcellana pygmaea (De Man, 1902) (Porcellanidae), are recorded for the first time from Japanese waters.
2012年から2013年にかけての宮古諸島伊良部島および下地島における沿岸生物相調査によって採集された標本に基づき, 口脚目, そして十脚目のうちアナエビ下目, アナジャコ下目, 異尾下目の種について報告する. 標本は, フトユビシャコ上科5種, アナエビ下目4種, アナジャコ下目1種, 異尾下目27種の計37種を含んでいた. それらのうち, フトユビシャコ科のエルドマンフトユビシャコ (新称) Gonodactylellus erdmanni Ahyong, 2001, スナモグリ科のノコバスナモグリ (新称) Neocallichirus vigilax (De Man, 1916), カニダマシ科のトゲウデカニダマシ (新称) Aliaporcellana pygmaea (De Man, 1902) は, 日本沿岸から初めて記録された.
論文
続きを見る
7.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
藤田, 喜久 ; 大澤, 正幸 ; 久保, 弘文 ; Fujita, Yoshihisa ; Osawa, Masayuki ; Kubo, Hirofumi
出版情報: Fauna Ryukyuana.  34  pp.1-6,  琉球大学資料館 (風樹館) — Ryukyu University Museum, Fujukan
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/38792
概要: Six decapod crustaceans [Albunea occulta Boyko, 2002, Al. okinawaensis Osawa & Fujita, 2007 (Albuneidae); Ranina ranina (Linnaeus, 1758) (Raninidae); Calappa hepatica (Linnaeus, 1758) (Calappidae); Ashtoret lunaris (Forskål, 1775), and As. picta (Hess, 1865) (Matutidae)] were collected from the shallow sandy subtidal zone (2–3 m depth) at Yonaha-Maehama Beach of Miyako-jima Island, Ryukyu Islands, southwestern Japan. Three of these species, Al. occulta, Al. okinawaensis, and As. picta, are recorded for the first time from Miyako-jima Island.
宮古島与那覇前浜の潮下帯砂底環境から6種の十脚目甲殻類 [コジワクダヒゲガニ (新称) Albunea occulta Boyko, 2002, オキナワクダヒゲガニ A. okinawaensis Osawa & Fujita, 2007 (クダヒゲガニ科); アサヒガニ Ranina ranina (Linnaeus, 1758) (アサヒガニ科); ソデカラッパ Calappa hepatica (Linnaeus, 1758) (カラッパ科); コモンガニAshtoret lunaris (Forskål, 1775), ゴウシュウコモンガニ Ashtoret picta (Hess, 1865) (キンセンガニ科)] を記録した. これらのうち, コジワクダヒゲガニ (新称) , オキナワクダヒゲガニ, ゴウシュウコモンガニの3種については, 宮古島からの初記録となる.
論文
続きを見る
8.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
Komai, Tomoyuki ; Osawa, Masayuki ; Maenosono, Tadafumi ; Fujita, Yoshihisa ; Naruse, Tohru ; 駒井, 智幸 ; 大澤, 正幸 ; 前之園, 唯史 ; 藤田, 喜久 ; 成瀬, 貫
出版情報: Fauna Ryukyuana.  42  pp.9-27,  Ryukyu University Museum, Fujukan — 琉球大学資料館 (風樹館)
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/39146
概要: Examination of samples collected from the Ryukyu Islands, Japan, has revealed the common occurrence of the callianassid ghost shrimp Lepidophthalmus tridentatus (von Martens, 1868), although literature records of the species are rather scarce. The specimens examined in this study were collected from Amami-ohshima Island, the Okinawa Islands and the Yaeyama Islands. The species was found to burrow in soft sediments in intertidal to shallow subtidal zones, particularly in estuaries and mangrove areas. A detailed description of the species is provided to show evidence of the identification, as well as diagnostic details not mentioned in previous literature. Some comments on the taxonomy of the genus Lepidophthalmus are also given.
琉球諸島から採集された標本に基づき, スナモグリ科の一種Lepidophthalmus tridentatus (von Martens, 1868) (新称: ミツトゲヤワスナモグリ) を報告する. 本種はスリランカ〜フィリピン・インドネシア・ビスマルク諸島におよぶ範囲から記録されていたが, 文献での報告は少ない. 本種の日本における出現は,これまでいくつかの文献で示唆されていたが,標本に基づいた記録と形態の記載はなされていなかった. 本研究により検討された標本は奄美大島を北限に, 沖縄諸島, 久米島, 八重山諸島 (石垣島, 西表島) から採集され, これらの島嶼の河口域やマングローブ林内あるいは周辺の砂泥干潟に普通に生息することが明らかとなった. 産地によっては, かなりの高密度で巣穴が認められた. 同定の根拠を明らかにすることと種の認識にあたり有用な形態形質を明示することを目的として詳細な記載を与えた. さらに, Lepidophthalmus (新称: ヤワスナモグリ属) の分類の現状と種構成についていくつかコメントを与えた.
論文
続きを見る
9.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
大澤, 正幸 ; Osawa, Masayuki
出版情報: 琉球大学21世紀プログラム「サンゴ礁島嶼系の生物多様性の総合解析」平成18年度成果発表会.  琉球大学21世紀プログラム
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/651
概要: 琉球大学21世紀プログラム「サンゴ礁島嶼系の生物多様性の総合解析」平成18年度成果発表会(平成19年3月10日開催) 招待講演会会場:琉球大学50周年記念館1F,ポスター発表会場:琉球大学大学会館3F
研究報告書
10.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
大澤, 正幸 ; Osawa, Masayuki
出版情報: 琉球大学21世紀プログラム「サンゴ礁島嶼系の生物多様性の総合解析」平成17年度成果発表会.  琉球大学21世紀プログラム
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/802
概要: 琉球大学21世紀プログラム「サンゴ礁島嶼系の生物多様性の総合解析」平成17年度成果発表会(平成18年3月6日開催) 会場:琉球大学大学会館3階
研究報告書