1.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
Naruse, Tohru ; Ng, Ngan Kee
出版情報: International Workshop on Tropical Island Biodiversity: Across Land and Sea.  pp.12-,  21st COE Program of University of the Ryukyus — 琉球大学21世紀COEプログラム
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/8732
概要: 国際ワークショップ:International Workshop on Tropical Island Biodiversity: Across Land and Sea, 日時:2007年9月25日~29日, 場所:シンガポール国立大学( シンガポール)およびティオマン島(マレーシア), 共催:琉球大学21世紀COEプログラム, シンガポール国立大学生物科学科
論文
続きを見る
2.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
Husana, Daniel Edison M. ; Kase, Tomoki ; Naruse, Tohru
出版情報: International Workshop on Tropical Island Biodiversity: Across Land and Sea.  pp.27-,  21st COE Program of University of the Ryukyus — 琉球大学21世紀COEプログラム
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/8757
概要: 国際ワークショップ:International Workshop on Tropical Island Biodiversity: Across Land and Sea, 日時:2007年9月25日~29日, 場所:シンガポール国立大学( シンガポール)およびティオマン島(マレーシア), 共催:琉球大学21世紀COEプログラム, シンガポール国立大学生物科学科
論文
続きを見る
3.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
成瀬, 貫 ; Naruse, Tohru
出版情報: 琉球大学21世紀COEプログラム「サンゴ礁島嶼系の生物多様性の総合解析-アジア太平洋域における研究教育拠点形成-」最終報告書(平成16年度~平成20年度).  pp.46-46,  琉球大学21世紀COEプログラム
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/10077
概要: 研究報告書
4.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
成瀬, 貫 ; Naruse, Tohru
出版情報: Fauna Ryukyuana.  1  pp.i-,  琉球大学資料館 (風樹館) — Ryukyu University Museum, Fujukan
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/38566
概要: 論文
5.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
藤田, 喜久 ; 成瀬, 貫 ; 山田, 祐介 ; Fujita, Yoshihisa ; Naruse, Tohru ; Yamada, Yusuke
出版情報: Fauna Ryukyuana.  1  pp.1-9,  琉球大学資料館 (風樹館) — Ryukyu University Museum, Fujukan
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/38565
概要: 宮古諸島下地島の海底洞窟より, モモイロドウクツガザミ (新称) とクラヤミヒラオウギガニが採集されたので報告する. 今回得られたモモイロドウクツガザミは, 先行研究による形態と色彩の記載に多くの点で一致するが, 鉗脚長節内縁に5–6歯を備 える (先行研究では6歯), 鉗部可動指の咬合に2–3 歯を備える (先行研究では2 歯), という変異が見られた. また,クラヤミオウギガニにおいては, 体サイズが先行研究の例より1.6–2.3倍大きかった.
Two submarine cavernicolous crabs, Atoportunus gustavi Ng & Takeda, 2003, and Neoliomera cerasinus Ng, 2002 (Crustacea: Decapoda: Brachyura: Portunidae and Xanthidae), are reported on the basis of the specimens collected at Shimojijima Island, Miyako Group, the southern Ryukyu Islands. Although examined materials of A. gustavi agree well with the previous descriptions in their morphology and coloration in life, two minor intraspecific variations are observed: the inner margin of cheliped merus armed with 5 or 6 prominent teeth (6 teeth in the previous report); and the cutting edge of chelal dactylus with 2–3 teeth (2 teeth in the previous report). The body size of N. cerasinus on hand is much larger (1.6–2.3 times) than those of the previous records.
論文
続きを見る
6.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
藤井, 琢磨 ; 成瀬, 貫 ; Fujii, Takuma ; Naruse, Tohru
出版情報: Fauna Ryukyuana.  3  pp.1-6,  琉球大学資料館 (風樹館) — Ryukyu University Museum, Fujukan
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/38568
概要: 沖縄島東海岸の大浦湾からニシヒラトゲコブシ ( 新称) Arcania novemspinosa(Lichtenstein, 1816) が採集された. 本邦初記録であり, 本種の形態的特徴および近似種との識別に関する報告を行った.
/>Arcania novemspinosa (Lichtenstein, 1816)(Crastacea: Decapoda: Brachyura: Leucosiidae) was recently collected from Oura Bay, Okinawa Island, Japan. This represents the first distributional record of the species from Japan. We briefly note the diagnostic characters of this species to distinguish it from its\nallied congeners.
論文
続きを見る
7.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
Reimer, James Davis ; Irei, Yuka ; Naruse, Tohru ; ライマー, ジェームス・デービス ; 伊礼, 由佳 ; 成瀬, 貫
出版情報: Fauna Ryukyuana.  7  pp.1-7,  Ryukyu University Museum, Fujukan — 琉球大学資料館 (風樹館)
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/38589
概要: A single zoanthid specimen closely resembling Neozoanthus uchina Reimer, Irei & Fujii, 2012 (Cnidaria: Anthozoa: Zoantha ria:Neozoanthidae) was recently collected from shallow mesophotic waters (38 m) in Nagura Bay, Ishigaki Island, southern Ryukyu Islands, Japan. Phylogenetic analyses indicate a small but significant difference in mitochondrial 16S ribosomal DNA sequences between this specimen and the other two Pacific species of Neozoanthus, N.uchina from the central Ryukyu Islands and N.caleyi Reimer, Irei & Fujii, 2012 from the Great Barrier Reef in Australia. This single specimen is the first distributional record of this genus in the northern hemisphere south of Okinawa Island, Japan. We briefly discuss the possibility identity of this specimen, and preliminarily designate it as Neozoanthus cf. uchina based on morphological similarities (partial sand encrustation, tentacle count) with N. uchina. Future research into Neozoanthus in the Yaeyama Islands is needed to clearly ascertain its true status. Furthermore, this research demonstrates deeper mesophotic regions may harbor unknown zoanthid diversity.
石垣島名蔵湾の中深度上部 (水深38m)より, リュウキュウニセマメスナギンチャク\nNeozoanthus uchina Reimer, Irei&Fujii,2012( 刺胞動物門: 花虫綱: スナギンチャク目:Neozoanthidae 科) に似た標本が得られた. 系統解析の結果, この標本と 中琉球産リュウキュウニセマメスナギンチャク, 及びオーストラリア・グレートバリアリーフ産N. caleyi の間には,ミトコンドリア16S リボゾーマルDNA に若干\nの違いがみられた. 今回のニセマメスナギンチャク属の石垣島からの報告は, 北半球の沖縄島以南では最初の分布記録である. 本報告では,石垣産標本の分類学的位置について, リュウキュウニセマメスナギンチャク, あるいはその亜種, もしくは未記載種である可能性についても検討したが, 形態的な類似性と標本数が限られている事から, 暫定的にNeozoanthus cf.uchinaとして扱うことにした.八重山諸島に分布するニセマメスナギンチャク類の分類学的な位置を正確に決定するためにはさらなる調査が必要であるが,本研究により,中深度深部における未知なスナギンチャク類が存在する可能性が示唆された.
論文
続きを見る
8.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
成瀬, 貫 ; 前之園, 唯史 ; Naruse, Tohru ; Maenosono, Tadafumi
出版情報: Fauna Ryukyuana.  12  pp.1-3,  琉球大学資料館 (風樹館) — Ryukyu University Museum, Fujukan
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/38629
概要: 沖縄島及び薮地島よりElamena panglao Naruse, Mendoza & Ng, 2008 (ヤワラガニ科) が確認された. 本種はフィリピン・Panglao 島からのみ記録されていたため, 本報告が2 番目の分布記録であり, また本種の日本初記録である.
The hymenosmatid crab Elamena panglao Naruse, Mendoza & Ng, 2008 (Crustacea:Decapoda: Brachyura: Hymenosomatidae) was originally described from Panglao Island, Bohol, Philippines. In this study, the species is recorded from the Okinawa Island-group, Ryukyu Islands, Japan, representing the second distributional record of the species as well as first record from Japan. The male specimens of the present series differ from those in the type series in the relatively stout chelae with hoof-like tips of fingers. Similarly larger individuals tend to have proportionally longer ambulatory legs. This difference could be attributed to allometoric change, since the specimens of the present series are larger in size than those in the type series.
論文
続きを見る
9.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
浅利, 祐美子 ; 成瀬, 貫 ; 福田, 真 ; 小島, 歩 ; 伊澤, 雅子 ; Asarim Yumiko ; Naruse, Tohru ; Fukuda, Makoto ; Kojima, Ayumi ; Izawa, Masako
出版情報: Fauna Ryukyuana.  16  pp.13-19,  琉球大学資料館 (風樹館) — Ryukyu University Museum, Fujukan
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/38634
概要: 2010 年10 月3 日7 時30 分, 西表島北西 部のトゥドゥマリの浜 (月ヶ浜) (24.42477, 123.77375) において, 小型鯨類の漂着死体が発 見された. 漂着個体は体長236 cm であり, 損失 部位, 及び目 立った外傷は認められなかった. 外部形態, 及び頭骨と下顎の形態より, 本個体 はオガワコマッコウと同定された. 死後36 時 間以上たった後に剖検することができたが, 腐 敗が著しく, 病性鑑定は困難であった. また既 存の資料と体長より, 本個体はおそらく性成熟 していると考えられた. 本個体は骨格標本とし て琉球大学資料館 (風樹館) に収蔵されている.
A stranding of the dwarf sperm whale, Kogia sima (Owen, 1886) (Cetacea: Kogiidae), is recorded from Tudumari Beach (Tsukiga-hama) (24.42477, 123.77375), Iriomote-jima Island, in the Ryukyu Islands, Japan. The individual was 236 cm in body length without defects or major external injuries. The species identification was confirmed based on external, cranial and mandibular morphology. Since decomposition of the whale had progressed, remarks on the appraisal of disease conditions were not obtained from the necropsy,
論文
続きを見る
10.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
成瀬, 貫 ; Naruse, Tohru
出版情報: Fauna Ryukyuana.  17  pp.23-24,  琉球大学資料館 (風樹館) — Ryukyu University Museum, Fujukan
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/38638
概要: Armina magna Baba, 1955 (Arminidae) is recorded from Sotopanare Island, Yaeyama Islands, Japan. This individual was observed crawling on the sandy-muddy bottom at a depth of 18 m at 13:20 on 6 June 2014.
論文