1.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
仲井真, 治子 ; Nakaima, Haruko
出版情報: 琉大農家便り.  pp.7-10,  1969-05.  琉球大学農家政学部
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/21296
2.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
仲井真, 治子 ; Nakaima, Haruko
出版情報: 琉大農家便り.  pp.2-9,  1969-10.  琉球大学農家政学部
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/21308
3.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
仲井真, 治子 ; Nakaima, Haruko
出版情報: 琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus.  pp.237-252,  1968-10-01.  琉球大学農学部
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/4571
概要: 本研究の目的は1.琉球染織を文化史的に体系づける。2.球琉染織の色彩配合と, 現代の沖縄人の服色嗜好の関連性を追求する。3.琉球染織の消費動向の実態を把握する。の3項目である。実地踏査による資料, 文献資料, 及び口説等から次項の成果を得た 。(1)第2次世界大戦前及び大戦後の琉球染織の分布はFig.1,Fig.2に示すとおりである。(2)琉球染織の文化史的特徴はa), 各々の染織の起源はTable 3に示すようにマーウー及びバサー, 紅型, 絣, 久米島紬, 花織の順になっている。b), 発展過程における特色は, 貿易品として重要だったことと, 琉球歴史にみられる税制度, この2つの事柄が琉球染織の発展を促した大きな要因となっている。c)琉球染織の用途はTable 5に示すとおりである。第2次世界大戦前と大戦後に分けて考察すると, (1)大戦前は社会の身分, 階級によって用途が決められていた。(2)大戦後の現在は, 観光関連産業と日本本土への輸出が主な用途になっている。(3), 琉球染織の色彩を考察するとa), 紅型の彩色は有らゆる色相を純色で配合し, 花織の彩色はいくらかこれに近く, 久米島紬がその次に来る。絣, 芭蕉布の彩色が最も純色から遠く, 大部分が単彩である。b)全色相が配された染織物, 純色, それに近い色が配された染織物の使用は少数の王朝士族に限られ, 人口の多数を占める一般平民の着用色は無彩色, 及びほとんどそれに近い色になっていた。400年以上続いたこの制度は, 現代の沖縄人の服色嗜好を支配する一要因になっている。(4), 琉球染織の消費動向は, a)市販状態はTable 5に示すとおりである。宮古上布以外は観光関連産業になっている。b), 消費量は島内消費, 島外消費とも上昇の傾向にあるが生産量の実際には海外需要に応じきれない諸問題がある。今回の研究は琉球染織を対象に, これらの文化史的一研究に, 現状の把握, という段階にとどまった。現状の諸問題にメスを入れていくことを今後の問題として, 琉球染織に関する研究を続行したい。<br />The purposes of this paper are as follows : 1. To systematize Ryukyuan textiles in terms of the cultural history. 2. To pursue the relationships between color combinations of the Ryukyuan textiles and modern Okinawans' color preferences. 3. To investigate the actual state of the consumption tendencies concerning Ryukyuan textiles. The following results have been obtained according to the actual field investigations, literature sources, and talks of the people. 1) The distributions of the Ryukyun textiles before and after World War II are illustrated in figures 1 and 2. 2) The characteristics of cultural history in regard to Ryukyuan textiles are as follows : a) Each origin of the Ryukyuan textiles is orderly presented in table 3,such as Joofu (Maauu), Bashoofu (Basaa), Bingata, Kasuri, Kumejima Tsumngi, and Hanaui. b) The importance of Ryukyuan textiles as trade goods and the tax system in the Ryukyuan history are the two primary factors that promoted the development of the Ryukyuan textiles, and they are also observed in the course of the development of the Ryukyuan textiles. e) The uses of the Ryukyuan textiles are shown in table 5. The results of the investigation in regard to the uses of the Ryukyuan textiles before and afer World War II are as follows : (1) Before the war, the uses of the textiles were decided according to the man's origin and social classes. (2) After the war and at the present time, the Ryukyuan textiles are used in the fields of the related tourist industries, and are also exported to Japan-main-land. 3) The results of the color investigations of the Ryukyuan textiles are as follows : a) All hues of Bingata are matched with original colors. The hues of Hanaui are similar to those of Bingata. The hues of Kumejima-tsumugi are similar to those of Hanaui. The hues of Kasuri and Bashoofu turn out to be far from their original colors and most of the hues are single color. b) The uses of the textiles with all sorts of hues, and original colors are used only by king and royalty. On the other hand the clothings of the great majority of common people are matched with low chroma colors or with colors that are very similar to low chroma colors. This social system lasted more than four hundred years, which has become one factor which regulates modern Okinawans' color preferences. 4) The consumption tendencies of the Ryukyuan textiles are indicated as follows : a) The market conditions are indcated in tabble 6. All Ryukyuan textiles except Miyako Joofu have come to be used in the related tourist industries. b) The amount of consumption of the textiles is apt to increase both inside of the Ryukyus and outside of the Ryukyus. However, the state of the actual amount of production does not meet the demand from foreign countries. In order to improve this point there are several problems to be solved. 続きを見る
4.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
仲井, 真治子 ; 比嘉, 美佐子 ; Nakaima, Haruko ; Higa, Misako
出版情報: 琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus.  pp.183-193,  1967-10-01.  琉球大学農学部
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/4581
概要: 本研究は, 環境, 年代の違いによる着用色の傾向を検討することを目的に, 沖縄の北部, 中部, 南部, における20&acd;50代代の沖縄婦人の街着を調査対象に, ルイス・チェスキンの色円板, 及び日本色研式の色彩統計盤を使用して 行なった。更に, 沖縄における5カ年の着用色の動向を把握するために, 沖縄の中心都市, 那覇における20&acd;30代の婦人の街着を調査対象として行った。X^2検定, 標準偏差, 及び偏差積法による資料の分析から次項の結果が得られた。1.沖縄本島の三地域(南部, 中部, 北部)と着用色の関係を, 色相, 明度, 彩度の面から検討した。1)着用率の高い五色相と三地域をX^2検定したが, 有意差がみられた。南部においては寒色が好まれ, 中部においては, 暖色が多く好まれ, 北部においては無彩色に偏っている。という傾向がみられた。2)三地域の明度, 彩度を1から9段階に分けてそれらの分布度を標準偏差で求めた。明度, 彩度ともにσの数値に顕著な差がみられた。中部においては明度, 彩度ともにσの数値が低く, 南部, 北部の順に高くなっている。即ち, 南部, 北部の分布は, 明度は中明度, 高明度に偏り, 彩度は中彩度, 低彩度に偏している。中部における明度・彩度の分布は, 他の二地域に比べてこの傾向が低く, 低明度, 高彩度にも広がっていることがわかった。2.5カ年の着用色の変動をみるために1)14色相, 及びそれの明度, 彩度の5カ年の分布度を標準偏差で求めた。その結果, σの数値は年々減少していく傾向を示している。この傾向は色相において最も顕著で, その次明度, 彩度の順位でσの数値が減少の傾向を示している。全般的にみたσの数値, 及びσ値変動の度合も, 色相, 明度, 彩度の順に高くなっている。沖縄の婦人が色の三属性で一番むつかしいとされているのが彩度であることがわかった。2)5カ年を通しての色の安定度は季節に左右されるもので, 夏季の服色においては, 青緑, 茶, 白が安定度が高く, 黄緑, 青紫, 黒は低い。冬季の服色では, 橙, 茶, 黒が安定度が高く, 赤, 黄緑, 白が低い。季節に関係なく安定度が高い色相は茶で, 季節に関係なく低いのは黄緑となっている。3.年代と着用色の関係は, 20&acd;30代と40&acd;50代の間隔から着用色に差がみられた。年代弁別色は, 青, 白, 赤, 赤紫, 黒, 茶, となっている。年代と明度との関係にも差がみられた。年代と彩度の関係が最も顕著であった。今回の服色研究は, 地域差と年代差を1963年夏の資料に限り, 5カ年の服色の動向を那覇における資料に限った。更に20代と30代のみを5カ年の変動の対象とした。今後はそれぞれの要因を全て包含させた調査を各季節ごとに, 毎年継続していくことによって, 沖縄における服色を体系づけたい。<br />In this paper, I made an attempt to examine the factors which control the color preferences in clothing; that is to say, the Color Preference in Relation to Different Circumstances, the Color Preference in Relation to Different age groups, and the Transition of Color Preference in the Past Five Years (1962-1966). In the summer of 1963,the women in their twenties, thirties, forties, and fifties were surveyed in Naha City (the Southern section of Okinawa Island), Koza City (the Middle Section of Okinawa Island), and in Motobu (the northern section of Okinawa Island), in order to find out the factors in the Color Preference in Relation to Different Circumstances and the Color Preference in Relation to Different age Groups. In order to find out the factors of the Transition of Color Preference in the past five years (1962-1966), the women in their twenties and thirties were surveyed in Naha City during two seasons, summer and winter, from 1962 through 1966. All data was analyzed by χ^2 test, standard deviation and Peason's r. A summary of the Methodology (M) is indicated below followed by the results (R) obtained. 1. (M) The three sections in Okinawa Island were investigated and analyzed in relation to the color preference in clothing as to hue, value, and chroma. (R) 1) Hue, Value, and Chroma had statistically significant relationship as to the sections. 2) Warm color was preferred in the middle section of Okinawa Island. Cool color was preferred in the southern section of Okinawa Island, and nonchroma color revealed frequently in the northern section of Okinawa. 3) The people in the southern and northern sections of Okinawa Island preferred middle and high value colors and they preferred middle and low chroma colors. 4) The northern section showed the tendency above much more than the southern section. 5) In the middle section, low value color and high chroma color were shown more frequently than in the southern and northern sections. 2. (M) the transition of color preference in the past five years was examined from the the stand point of hue, value, and chroma. (R) 1) Hue, and Value had very statistically significance in relation to years. 2) Chroma had lower significance in relation to years. 3) Every year value of deviation has been decreasing. 4) Generally, hue had the smallest value of deviation and Chroma had the largest. 5) Brown had the highest stability and yellow green had the lowest stability during the past five years. 3. (M) The color preference in relation to age groups was examined between twenty and thirty age groups and forty and fifty age groups. (R) The result was statisticaly significant. 続きを見る
5.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
仲井真, 治子 ; Nakaima, Haruko
出版情報: 琉大農家便り.  pp.8-10,  1967-10.  琉球大学農家政学部
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/21156
6.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
仲井真, 治子 ; Nakaima, Haruko
出版情報: 琉大農家便り.  pp.2-10,  1966-07.  琉球大学農家政学部
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/21050
7.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
仲井真, 治子 ; Nakaima, Haruko
出版情報: 琉大農家便り.  pp.4-6,  1966-10.  琉球大学農家政学部
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/21055