1.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
岡, 慎一郎 ; 笹井, 隆秀 ; 花原, 望 ; 宮本, 圭 ; 小林, 大純 ; 村田, 尚史 ; 前田, 健 ; Oka, Shin-ichiro ; Sasai, Takahide ; Hanahara, Nozomi ; Miyamoto, Kei ; Kobayashi, Hirozumi ; Murata, Naofumi ; Maeda, Ken
出版情報: Fauna Ryukyuana.  59  pp.57-61,  2021-03-11.  Ryukyu University Museum, Fujukan — 琉球大学資料館 (風樹館)
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/47966
概要: 沖縄島北部, 屋我地島および与那国島で採集されたドジョウ属魚類について, ミトコンドリアDNA調節領域の塩基配列に基づく遺伝的特性を検討した. その結果, 沖縄島北部からはヒョウモンドジョウ Misgurnus sp. OKと判断される3ハ プロタイプ, 与那国島からはこれとは異なる同種の1ハプロタイプが見出された. 沖縄島北部西岸の4地点は全て同一のハプロタイプに占められ, 遺伝的多様性が著しく失われた状態にあった. 一方で, 名護市の東岸のごく小規模な水路から得られたヒョウモンドジョウからは西岸のハプロタイプを含めた3ハプロタイプがほぼ同等の割合で検出され, 今回調べた中で遺伝的多様性を有する唯一の個体群であった. 沖縄島北部西岸に隣接する屋我地島の個体群は, これらと異なり中国や九州以北に生息するドジョウを起源とする可能性が極めて高く, 近隣のヒョウモンドジョウ個体群に対する遺伝的撹乱が懸念される.<br />Specimens of weatherfish (genus Misgurnus) were collected from Okinawa, Yagaji and Yonaguni islands, Japan, to investigate their genetic variations based on mitochondrial DNA sequences (control region). Three and one haplotypes of Misgurnus sp. OK were identified from Okinawa Island and Yonaguni Island, respectively. All four sites on the west coast of Okinawa Island were dominated by a single haplotype, indicating a significant loss of genetic diversity among them. The highest genetic diversity was observed in a very small creek in eastern Nago, Okinawa Island, where three haplotypes co-occurred in nearly equal proportions. The population on Yagaji Island is likely to be introduced from M. anguillicaudatus in China or temperate Japan area. Genetic disturbances caused by this introduced population to the Okinawan native population are of concern. 続きを見る
2.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
Kawazu, Isao ; Inoguchi, Emi ; Maeda, Ken ; Fukada, Shingo ; Omata, Mariko ; 河津, 勲 ; 井ノ口, 栄美 ; 真栄田, 賢 ; 深田, 晋悟 ; 小俣, 万里子
出版情報: Fauna Ryukyuana.  45  pp.1-3,  2018-09-10.  Ryukyu University Museum, Fujukan — 琉球大学資料館 (風樹館)
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/42409
概要: An immature male hawksbill turtle, rescued and retained in Okinawa Churaumi Aquarium for at least 14 years, was tagged w ith plastic tags and released near Okinawa Island (26°12′N, 127°40′E) on July 13, 2016, at which time its straight carapace length was 74.9 cm. On December 2, 2016, the turtle was recaptured at Yapen Island, Papua Province, Indonesia (approximately 1°50′S, 136°10′E), over 3,200 km in a straight-line distance from the release position. This is the first report on the long-distance movement of hawksbill turtles in East Asia.<br />沖縄島で未成熟時に緊急保護し14 年以上飼育したタイマイを, 2016 年7 月13 日に沖縄島から標識放流した ( 標準直甲長749mm, 体重47.9kg, 雄). 放流から142 日後にあたる2016 年12 月2 日にインドネシアパプア州ヤペン島で再発見され, 直線の移動距離は約3200km であった. このタイマイの長距離移動は東アジアにおいて初めての確認である. 続きを見る
3.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
佐伯, 智史 ; 前田, 健 ; 成瀬, 貫 ; Saeki, Toshifumi ; Maeda, Ken ; Naruse, Tohru
出版情報: Fauna Ryukyuana.  44  pp.33-53,  2018-07-31.  Ryukyu University Museum, Fujukan — 琉球大学資料館 (風樹館)
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/42408
概要: 琉球列島産ネッタイテナガエビ種群3種 (ネッタイテナガエビMacrobrachium placidulum (De Man, 1892), マガタマテナガエビ (新称) M. lepidactyloides (De Man, 1892), カスリテナガエビM. sp.) の分類と形態的特徴について, 台湾やフィリピン, インドネシア産の標本も交え, また成長による形態変異も視野に入れ, 詳細に調べた. ネッタイテナガエビ種群は, 雄の第2胸脚の形態・大きさが左右で大きく異なり, 小鉗脚の両指間に形成される大きな隙間を埋めるように剛毛が密生することより, 他のテナガエビ類から区別される (ただし鉗脚が再生した場合は変異あり). カスリテナガエビは, 石垣島よりかつて「M. lepidactyloides」として報告されていたが, 文献と新たに沖縄島から得た同種の標本の詳細な検討により, M. lepidactyloidesではなく, 未記載種である可能性があることが分かった. 一方, 真のM. lepidactyloidesも沖縄島から発見され, これに新標準和名「マガタマテナガエビ」を与えた. マガタマテナガエビは, 雄第2胸脚のうち大鉗脚の指節長と掌部長を比べると, 大きな雄ほど変異幅が大きく, 指節が相対的に長い場合がある. 第2胸脚のうち大鉗脚を自切した雄個体の脱皮に伴う両鉗脚の形態変化を観察した結果, 元小鉗脚が小鉗脚の形態的特徴 (指節が掌部より明らかに長い) を維持したまま大鉗脚に再生するため, 大鉗脚の指節が相対的に長くなる個体が存在する可能性が示された. 琉球列島産ネッタイテナガエビ種群3種は生時の色彩が異なるほか, 成熟した雄個体では第2胸脚の形態が異なることで識別できる. 本報告では, ネッタイテナガエビ種群3種の形態と識別方法を詳細に示すとともに, これら3種を報告した過去の文献にも可能な限りあたり, それらの種同定の信頼性についても検討した.<br />Taxonomy and morphology of Macrobrachium placidulum species-group, i.e. M. placidulum (De Man, 1892), M. lepidactyloides (De Man, 1892) and an unidentified species, were studied on the basis of a good series of specimens collected from the Ryukyu Archipelago and supplemental material from Southeast Asia. Species of this group are characterized by distinctly asymmetric male second pereopods (=chelipeds) and their minor chela being widely gaped and filled by dense setae, although the shape of the chelae can be variable due to regeneration. Our examination has shown that specimens from the Ryukyu Archipelago that have been referred to as M. lepidactyloides actually represent a possibly undescribed species, although formal description of a new species is deferred because of necessity of examination of more extensive material of this species as well as allied species. The occurrence of M. lepidactyloides and M. placidulum in the Ryukyu Archipelago is also verified. The length ratios of the dactylus and palm of male major cheliped in M. lepidactyloides appear to vary more widely in larger males; some males have a proportionally longer dactylus. It was observed, under rearing conditions, that a male that had lost its major cheliped molted and reformed its original-minor cheliped into a major one with remaining minor chelal condition (dactylus being longer than palm). This may explain why larger males have a larger variation in the ratios of palm and dactylus lengths. Species of the M. placidulum species-group from the Ryukyu Archipelago are identified based on body colour in life and cheliped morphology of mature males. The present study also documented diagnostic characters of the three species of the M. placidulum species-group in detail and evaluated the identifications of previous studies as possible. 続きを見る
4.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
近藤, 正 ; 前田, 健 ; 立原, 一憲 ; Kondo, Masashi ; Maeda, Ken ; Tachihara, Katsunori
出版情報: 琉球大学21世紀COEプログラム「サンゴ礁島嶼系の生物多様性の総合解析」平成20年度成果発表会.  2009-03-14.  琉球大学21世紀COEプログラム
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/9877
概要: 琉球大学21世紀COEプログラム「サンゴ礁島嶼系の生物多様性の総合解析」平成20年度成果発表会(平成21年3月14日開催) 講演・特別講演会場:理系複号棟102号室,ポスター発表会場:琉球大学50周年記念館1F
5.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
前田, 健 ; 山崎, 望 ; 立原, 一憲 ; Maeda, Ken ; Yamasaki, Nozomi ; Tachihara, Katsunori
出版情報: 琉球大学21世紀プログラム「サンゴ礁島嶼系の生物多様性の総合解析」平成18年度成果発表会.  2007-03-10.  琉球大学21世紀プログラム
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/680
概要: 琉球大学21世紀プログラム「サンゴ礁島嶼系の生物多様性の総合解析」平成18年度成果発表会(平成19年3月10日開催) 招待講演会会場:琉球大学50周年記念館1F,ポスター発表会場:琉球大学大学会館3F
6.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
Maeda, Ken ; Kondo, Masashi ; Yamasaki, Nozomi ; Tachihara, Katsunori
出版情報: International Joint Symposium: Tropical Island Ecosystems and Sustainable Development (Moorea. French Polynesia).  pp.P13-,  2006-12-02.  21st COE Program of University of the Ryukyus — 琉球大学21世紀COEプログラム
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/7405
概要: 国際共同シンポジウム: International Joint Symposium: Tropical Island Ecosystems and Sustainable Development (Moorea, French Polyne sia), DATE:December 2-7, 2006, PLACE: Moorea, French Polynesia, CO-SPONSORS: Centre de Recherches Insulaires et Observatoire de l’Environnement (CRIOBE) / Richard B. Gump South Pacific Research Station (University of California Berkeley) / 21st COE Program of University of the Ryukyus 続きを見る
7.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
Maeda, Ken ; Yamasaki, Nozomi ; Tachihara, Katsunori
出版情報: 琉球大学21世紀プログラム「サンゴ礁島嶼系の生物多様性の総合解析」平成17年度成果発表会.  2006-03-06.  琉球大学21世紀プログラム
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/827
概要: 琉球大学21世紀プログラム「サンゴ礁島嶼系の生物多様性の総合解析」平成17年度成果発表会(平成18年3月6日開催) 会場:琉球大学大学会館3階