1.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
Komai, Tomoyuki ; 駒井, 智幸
出版情報: Fauna Ryukyuana.  53  pp.19-29,  2020-02-22.  Ryukyu University Museum, Fujukan — 琉球大学資料館 (風樹館)
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/46847
概要: The occurrence of a little known upogebiid mud shrimp, Upogebia pugnax de Man, 1905, in Japanese waters is confirmed on the basis of five specimens from Iriomote Island, southern Ryukyu Islands. The species has been recorded with certainty only from Indonesia and New Caledonia. Upogebia pugnax is morphologically very similar to U. sakaii Ngoc-Ho, 1994, presently known only from Japan, with which it was previously confounded. Differentiating characters between the two species are reassessed. A brief overview on the Japanese species of Upogebia is given.<br />八重山諸島西表島において採集された標本5個体に基づき,アナジャコ科アナジャコ属のUpogebia pugnax de Man, 1905(新称:ヒメコブシアナジャコ)を報告した.本種名による日本からの記録はこれまでにもなされていたが,それらはコブシアナジャコU. sakaii Ngoc-Ho, 1994に帰されるもので,今回の記録により本種の日本沿岸での分布が初めて確認された.本種はU. sakaiiと混同されていたことが示すように,後者に形態的に酷似するが,口前部の棘の有無,尾節や尾肢外肢外縁の形状などで識別されることが指摘されていた.今回,識別形質の再評価を行い,これらの特徴に加え,第3および第4胸脚指節の屈曲縁に並ぶ櫛状剛毛の数と尾肢外肢のプロポーションにも種間で違いがあることを指摘した.さらに,本種は潮下帯に生息するが,コブシアナジャコは河口域や干潟域に主に生息するなどの生息環境の違いについても言及した.また,日本産アナジャコ属について簡単な分類学的概要を与え,現在のところ13種が記録されていることを示した. 続きを見る
2.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
Komai, Tomoyuki ; Osawa, Masayuki ; Maenosono, Tadafumi ; Fujita, Yoshihisa ; Naruse, Tohru ; 駒井, 智幸 ; 大澤, 正幸 ; 前之園, 唯史 ; 藤田, 喜久 ; 成瀬, 貫
出版情報: Fauna Ryukyuana.  42  pp.9-27,  2018-03-23.  Ryukyu University Museum, Fujukan — 琉球大学資料館 (風樹館)
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/39146
概要: Examination of samples collected from the Ryukyu Islands, Japan, has revealed the common occurrence of the callianassid ghost shrimp Lepidophthalmus tridentatus (von Martens, 1868), although literature records of the species are rather scarce. The specimens examined in this study were collected from Amami-ohshima Island, the Okinawa Islands and the Yaeyama Islands. The species was found to burrow in soft sediments in intertidal to shallow subtidal zones, particularly in estuaries and mangrove areas. A detailed description of the species is provided to show evidence of the identification, as well as diagnostic details not mentioned in previous literature. Some comments on the taxonomy of the genus Lepidophthalmus are also given.<br />琉球諸島から採集された標本に基づき, スナモグリ科の一種Lepidophthalmus tridentatus (von Martens, 1868) (新称: ミツトゲヤワスナモグリ) を報告する. 本種はスリランカ〜フィリピン・インドネシア・ビスマルク諸島におよぶ範囲から記録されていたが, 文献での報告は少ない. 本種の日本における出現は,これまでいくつかの文献で示唆されていたが,標本に基づいた記録と形態の記載はなされていなかった. 本研究により検討された標本は奄美大島を北限に, 沖縄諸島, 久米島, 八重山諸島 (石垣島, 西表島) から採集され, これらの島嶼の河口域やマングローブ林内あるいは周辺の砂泥干潟に普通に生息することが明らかとなった. 産地によっては, かなりの高密度で巣穴が認められた. 同定の根拠を明らかにすることと種の認識にあたり有用な形態形質を明示することを目的として詳細な記載を与えた. さらに, Lepidophthalmus (新称: ヤワスナモグリ属) の分類の現状と種構成についていくつかコメントを与えた. 続きを見る
3.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
Komai, Tomoyuki ; Maenosono, Tadafumi ; Osawa, Masayuki ; 駒井, 智幸 ; 前之園, 唯史 ; 大澤, 正幸
出版情報: Fauna Ryukyuana.  27  pp.13-59,  2015-12-24.  Ryukyu University Museum, Fujukan — 琉球大学資料館 (風樹館)
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/38698
概要: Three callianassid ghost shrimp species from the two genera, Glypturus armatus (A. Milne- Edwards, 1870), Corallianassa borradailei (De Man, 1928a) and C. martensi (Miers, 1884), are reported from the Ryukyu Islands, southern Japan; of them G. armatus and C. borradailei are new to the Japanese fauna. These three species occur in easily accessible intertidal to shallow subtidal soft sediments. Detailed descriptions of them are given for better understanding of the diagnostic characters for species recognition. Some points of taxonomic confusion relating to the three species are clarified. The validity of C. borradailei is confirmed, although the taxon has been generally regarded as a junior synonym of C. coutierei (Nobili, 1904). The synonymy of Callianassa (Callichirus) nakasonei Sakai, 1967 with C. martensi is confirmed. A taxonomic overview on Glypturus Stimpson, 1866, Corallianassa Manning, 1987 and Corallichirus Manning, 1992 is provided. Potential diagnostic characters of Glypturus and Corallianassa are discussed.<br />奄美諸島から八重山諸島の沿岸域で採集された標本に基づき, スナモグリ科の3種, Glypturus armatus (A. Milne-Edwards, 1870) (新称: トゲスナモグリ), Corallianassa borradailei (De Man, 1928a) (新称: モバホソスナモグリ), およびC. martensi (Miers, 1884) (新称: ホソスナモグリ) を報告した. いずれの種も, 海草類の植生を伴った干潟域において確認された. Corallianassa borradaileiはC. coutierei (Nobili, 1904) の異名とされてきたが, 別種であることが確認された. これら3種のうち, トゲスナモグリとモバホソスナモグリは本邦から初記録となる. 3種の帰属と種の同一性についてはかなり混乱がある上, 研究者間で見解の不一致がある. そのため, それらの分類学的な概要を示すことに加え, 種の特徴となる形態の細部を明らかにする目的で, 各種について詳細な記載と図を与えた. さらに, グアム産のCorallianassa assimilis (De Man, 1905) およびインド産のCorallianassa coutierei の標本も加え, Glypturus Stimpson, 1866 (新称: トゲスナモグリ属) とCorallianassa Manning, 1987 (新称: ホソスナモグリ属) の比較を行い, 属の標徴形質となりうる可能性のある形質について論じた. 和名の安定のため, 3種の和名の基準標本を次のとおりとする: トゲスナモグリ (CBM-ZC 12711, 雄); モバホソスナモグリ (CBM-ZC 12712, 雌); ホソスナモグリ(CBM-ZC 12713, 雌). 続きを見る
4.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
Komai, Tomoyuki ; Fujita, Yoshihisa ; 駒井, 智幸 ; 藤田, 喜久
出版情報: Fauna Ryukyuana.  8  pp.1-7,  2014-01-13.  Ryukyu University Museum, Fujukan — 琉球大学資料館 (風樹館)
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/38590
概要: A small ghost shrimp, Paratrypaea maldivensis (Borradaile, 1904), is recorded from Japanese waters for the first time, o n the basis ofspecimens collected from Okinawa-jima Island, Ryukyu Islands. The specimens were found to burrow on muddy sand substrata at subtidal depths down to 20 m. A brief diagnosis and illustrations of selected parts based on the present specimens are provided as evidence of the identification. The status of the genus Paratrypaea Komai & Tachikawa, 2008 is also briefly discussed.<br />沖縄島沿岸の潮下帯砂泥域から採集されたParatrypaea maldivensis (Borradaile, 1904)について, 形態的特徴と近縁種であるP.bouvieri (Nobili, 1904) (ブビエスナモグリ) との識別点について記述した. 本種は, これまでに紅海, モルジブ, スリランカ, ニューカレドニア, 台湾から記録されていたが, 今回, 日本沿岸における分布が初めて確認された. さらに,本種の所属するParatrypaea (ブビエスナモグリ属) の有効性について論議した. なお, 現在までに本種に対する和名は与えられていないため, 本研究で検討した雄標本(RUMF–ZC–2609) を基準標本とし, 新標準和名としてチゴスナモグリを提唱する. 続きを見る