1.

図書

図書
山里勝己研究代表
出版情報: [西原町](沖縄県) : 琉球大学法文学部, 2005.1
シリーズ名: 科学研究費補助金(基盤研究(A)(2))研究成果報告書 ; 平成14~16年度
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
異文化接触のリアリティ:ある人生の軌跡から 我部政明
成文憲法不存在の際の憲法理念の活用 = Using constitutional ideas in the time of absence of a constitution 高良鉄美
大学の誕生:琉球大学の設立とその背景 山里勝己
戦後沖縄における米国の英語教育計画と沖縄の反応 石原昌英
占領のメタファー:戦後沖縄における米国高官談話の認知意味論的分析 宮平勝行
平和工作から親善活動へ:戦後沖縄とアメリカ:異文化接触の始動 仲程昌徳
1945年から1963年までの婦人会活動に見るアメリカ統治下の公的領域における女性の領域 喜納育江
戦後沖縄における反米軍基地民衆抗議と近年の沖縄の女性によるトランスナショナルな反軍事運動 = U.S.-Okinawa relations through Okinawan women's activism: local struggles and transnational movemnts against U.S. militalism 福村陽子
異文化接触の過程における沖縄環境思想史の可能性 山城新
異文化接触と食文化 金城須美子
戦後初期の沖縄畜産の回復過程と布哇連合沖縄救済会、並びに沖縄復興布哇基督教後援会:豚と山羊 吉田茂
GHQ統合データベースによる公衆衛生政策に関する政策決定の評価と可能性;沖縄の戦災復興における政策評価 等々力英美
戦後沖縄におけるコンクリート建築設計技術の適応 小倉暢之
アジア系アメリカ文化研究の理論と方法における米国帝国主義:沖縄の場合 = U.S. Imperialism in Asian American studies theory and method Darrell Y. Hamamoto
『拓別な事情により』:アメリカ占領下の日本:1945年から1952年における沖縄人引き揚げ者たち = 'For compassinnate reason' : Okinawan repatriations during American occupation of Japan Edith M. Kaneshiro
ボリビア沖縄計画移民の50年 = Okinawan Bolivians in the postwar era 雨宮和子
米国の沖縄占領とハワイにおけるオキナワ・アイデンティティの形成 = The American occupation of Okinawa and Okinawan identity formation in Hawai'i Wesley Ueunten
戦前・戦後の海外移民が沖縄にもたらした影響に関する一記録 = Some notes on the transnational impact of Okinawan Emigrants on Prewar and Postwar Okinawa Ben Kobashigawa
異文化接触のリアリティ:ある人生の軌跡から 我部政明
成文憲法不存在の際の憲法理念の活用 = Using constitutional ideas in the time of absence of a constitution 高良鉄美
大学の誕生:琉球大学の設立とその背景 山里勝己
2.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
金城, 須美子 ; 田原, 美和 ; Kinjo, Sumiko ; Tahara, Miwa
出版情報: 琉球大学教育学部紀要.  pp.153-170,  2000-09.  琉球大学教育学部
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/1897
概要: We investigated to the extent of Okinawan high school students' knowledge and interest in : the origin of the local dietary habits, historical background dealing with the formation of Okinawan culture, and the different feature of Okinawan culinary culture. We discussed what kinds of materials would be appropriate for the classes, and what kinds of lessons could enhance the students' interest and motivation after in this classroom. The results are analyzed and categorized below; 1. The Okinawan students have only a superficial understanding of the Okinawan culinary culture and its historical background. However, 21.6% answered they were eager to learn. Some 54.8% wanted to learn to some extent. The students have a great interest in the study of local Okinawan culinary culture. 2. Almost 60% of the students replied they wanted to learn about the local practical cooking, the variation and contents for the annual events, and the origin of the distinctive ingredients. 3. 80.8% of the students had positive answers toward the succession of the culinary culture. Some example include : "I wnat to keep Okinawan culinary culture alive." and "I want to revive it to some extent". According to this investigation, we were able to understand the students' awareness for responsibilities of the culinary culture succession and the interests in learning. 4. We need to clearly teach the lessons dealing with the features of the historical background of the Okinawan dietary habits and culinary culture, while considering the differences with culinary culture of Mainland Japan. 続きを見る
3.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
金城, 須美子 ; 田原, 美和 ; Kinjo, Sumiko ; Tahara, Miwa
出版情報: 琉球大学教育学部紀要.  pp.247-261,  2000-03.  琉球大学教育学部
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/1898
概要: To find out how our high school home economics nutrition courses introduce information, and use texts and references in teaching "Changing Diets and Food Culture" covering regional cuisine, a survey wasconducted on the actual class conditions and level of awareness of all Okinawa high school home econ-omics teachers. The results are analyzed and categorized below. 90.3% of the instructors surveyed included study of the subject into their classes. The greatest number of teachers taught General Home Economics classes, while the next largest group taught Foods, then Cooking, and fourth, Special Interest Subjects. In terms of methods of instruction, the majority or 93% incorporated local cuisine into practical cooking classes. However, only 18-22 percent included instruction on changing dietary patterns and or the history and impact of external influence in their coursework. 97% of the instructors expressed interest in including the subject area in future coursework. Some 80% desired to incorporate content on the dietary tradition such as an overview of changing dietary patterns in Okinawa, impact of external influences on dietary tradition, and the use and background of in digenous food into cooking classes. About 70% perceived a need for resource materials and texts for use by instructors that cover the origins of Okinawa's unique dietary traditions and changing dietary patterns. Some 50% perceived a need to compare the festival or ritual cuisine of Okinawa with that of mainland Japan, and include information on the roots and origins of Ryukyu cooking. 続きを見る
4.

図書

図書
金城須美子編著
出版情報: 福岡 : 九州大学出版会, 1995.6
所蔵情報: loading…
5.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
金城, 須美子 ; 田原, 美和 ; Kinjo, Sumiko ; Tahara, Miwa
出版情報: 琉球大学教育学部紀要 第一部・第二部.  pp.181-189,  1995-10.  琉球大学教育学部
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/1899
概要: 米国統治時代、沖縄に導入された洋風(米国系)ファーストフードが、沖縄県民の食生活にどの様に受け入れられているのか、その利用状況と意識調査を行った。調査対象は琉球大学学生と社会人(沖縄銀行行員)である。その結果は次の通りであった。 1.琉球大 学学生の県内出身学生は県外学生に比較して洋風ファーストフードの利用頻度は高く、外食産業(飲食店)の中で最も多く利用している。利用回数は、月に2回以上と答えた者が県内学生は76.8%で県外学生の52.2%に比べて多い。 2.洋風ファーストフードの嗜好性については、県内・県外学生で大差はないが、ビックマック、モスバーガー、ピザ、タコスなどは県内学生に好まれている。 3.洋風ファーストフードを利用することについて、琉球大学学生は肯定的な意識があり、今後も取り入れたいとする者が約60%あった。 4.社会人の洋風ファーストフードの利用頻度は若い年代ほど高いが、50代以上の年代でも月1回以上利用している者が約50%であった。また、今後も食生活に取り入れたいと回答した者が、どの年代も54%以上あり、利用することに肯定的な意識をもっている。 5.米国資本のA&Wが導入されて30年を経た現在、洋風ファーストフードは手軽な食事、あるいは間食・主菜に利用され、沖縄の食生活スタイルに定着している。これは米国統治によって、県民がアメリカ型食生活を直に体験し、それを受け入れたことが大きく影響していると考える。 続きを見る
6.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
金城, 須美子 ; 田原, 美和 ; Kinjo, Sumiko ; Tahara, Miwa
出版情報: 琉球大学教育学部紀要 第一部・第二部.  pp.173-180,  1995-10.  琉球大学教育学部
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/1900
概要: アメリカ統治時代に導入された洋風ファーストフードが、沖縄の食文化に及ぼした影響について検討するため、沖縄の外資系洋風ファーストフードの歴史とその変遷を概観し、以下の知見を得た。 1.沖縄は第二次世界大戦後アメリカの統治下にあって外資系洋風フ ァーストフードの導入は本土よりも約7年も早い。 沖縄に初めて開店したのが昭和38年、アメリカ資本のA&Wの屋宜原店であった。日本復帰後は、本土を経由して外資系、国産系の洋風ファーストフード店が次々と進出した。昭和47年、ケンッタッキーフライドチキン、昭和51年マクドナルド、昭和55年シェイキーズが設立され平成5年度現在、沖縄全域の外資系洋風ファーストフードの店舗数は67店にのぼる。 2.平成4年度で沖縄は人口当たりに対するハンバガー店の割合は全国一であった。実態調査の結果からもその他の洋風ファーストフードの店舗数は他府県に比較して多い。また、一般飲食店の年間販売額に占めるハンバーガー店の割合は全国平均の4倍も高く、県民の利用頻度の高さがうかがえる。現在ではいたるところに洋風ファーストフード店が立ち並び、沖縄の外食産業の大きな特色となっている。一方、最近では店舗数の増加に伴い企業によっては年間あたりの売上高の伸びが鈍化したり一店舗あたりの売上げが減少する現象がみられ、沖縄の洋風ファーストフード業界は成長期から成熟期を迎えたといえる。 続きを見る
7.

図書

図書
木村, 尚三郎(1930-) ; 高良, 倉吉(1947-) ; 陳, 舜臣(1924-) ; 三隅, 治雄(1927-) ; 金城, 須美子
出版情報: 東京 : 住友商事・広報室「地方文化シンポジウム運営委員会」, 1992.5
シリーズ名: 地方文化の復権 : 日本縦断シンポジウム ; 第5回
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
金城須美子著
出版情報: [西原町(沖縄県)] : [琉球大学教育学部家政学科], 1988.3
シリーズ名: 科学研究費補助金(一般研究C)研究成果報告書 ; 昭和62年度(60580063)
所蔵情報: loading…
目次情報:
沖縄の肉食文化に関する一考察
沖縄の焼香(法事)の行事食の特徴と変遷
石垣殿内の膳符日記について(解題と翻字)
沖縄の肉食文化に関する一考察
沖縄の焼香(法事)の行事食の特徴と変遷
石垣殿内の膳符日記について(解題と翻字)
9.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
宮城, 節子 ; 外間, ゆき ; 尚, 弘子 ; 桂, 正子 ; 金城, 須美子 ; 東盛, キヨ子 ; 新垣, 博子 ; Miyagi, Setsuko ; Hokama, Yuki ; Sho, Hiroko ; Katsura, Masako ; Kinjo, Sumiko ; Higashimori, Kiyoko ; Arakaki, Hiroko
出版情報: 琉球大学教育学部紀要 第二部.  pp.299-308,  1987-03.  琉球大学教育学部
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/4691
概要: Food intakes at the occasion of annual events in Okinawa during the period covering from the late Meiji through early Taisho eras had important effects upon the dietary life of Okinawan people. Therefore, the present study is conducted to investigate the main annual events, the characteristics of food usage at the events and their nutritional significance. The main findings of our studies are as follows: 1) The traditional annual events in those days were carried out according to the lunar calendar. The majority of these events were ancestor - worshipping festivals, among which "Seimei Sai" is one that is specific for Okinawa. 2) It is traditional to serve vegetable dishes for ancestral events in Japan, but pork and fish were often used in Okinawa for such occasions. "Konbu" (seaweed) which is not a product of Okinawa but brought by the trade between China and Japan, was used at most annual events; the use of Taro potatoes was also characteristic of Okinawan event - foods. 3) The Okinawan processing of certain foods such as "Mochi" "Tofu" and "Kastera - Kamaboko" was different from that of Japan. 4) Cooking methods such as "Sushi", "Nabe - mono" and "Hitashi - mono" were found neither in the menu of annual events nor in that of everyday meals. "Zoni" and "Toshikoshi - soba", which are popular dishes for Japanese new year's eve and new year's celebration, were not found in Okinawa. 5) These special foods played an important role in balancing the diet by providing additional proteins and fats which were insufficient in the everyday diet. 続きを見る
10.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
金城, 須美子 ; Kinjo, Sumiko
出版情報: 琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus.  pp.323-331,  1971-12-01.  琉球大学農学部
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/4509
概要: 1 琉大の男子寮, 女子寮生を対象に食品の嗜好調査を行った。その結果, 肉料理, すし類, 果物, 野菜サラダの平均嗜好度は男女とも高く標準偏差も小さい。男子の肉料理に対する嗜好は女子より高い。特にビフテキは全食品中最も高い嗜好を示し偏差も 1.04と非常に小さい。これは殆んどの男性が, 文句なしにビフテキを好んでいることが分る。これに対して女子は野菜サラダを最も好む食品としている。琉球料理のイリチーやチャンプルーはさ程好まれない。各食品に対する男女の嗜好の相違は顕著でないように思う。2 気候, 健康状態によって嗜好が異るかどうかを調査した。その結果, 夏と冬, それに疲れたときの食品に対する嗜好が異ることが分った。特に気候の影響が大きい。それ故, 食品の嗜好に及ぼす要因として性別よりも, むしろ季節, その他の要因が大きいと思われる。<br />An investigation of food Preterence of dormitory boys and girls of university of the Ryukyus has been tried by using Hedonic Scale and finding of mean value and standard deviation. Boys and girls equally show their high taste to meat, fruits and salad. There are very few individual differences on their preference for these items. Meat is rather preferred by boys than girls; above all, beaf stake is preferred best. Vegetable cookings are preferred by most of the girls; above all, salad is the most favorable one for them. The traditional Ryukyuan cookings, as Iricha or Champuru, are rather unfavorable ones for both of them. According to this investigation, the hedonic difference between boys and girls are not so much, and the fundamental factor to effect to the hedonic tendency is rather climate and health conditions. 続きを見る