1.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
Naruse, Tohru ; Uyeno, Daisuke ; Nishihira, Moritaka ; 成瀬, 貫 ; 上野, 大輔 ; 西平, 守孝
出版情報: Fauna Ryukyuana.  19  pp.1-13,  2015-04-17.  琉球大学資料館 (風樹館) — Ryukyu University Museum, Fujukan
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/38642
概要: Sandalolitha dentata Quelch, 1884, is recorded from around Iriomote Island, Ryukyu Islands, Japan, for the first time. S andalolitha dentata was found from depths of about 20 to 40 m of reef slopes and a transitional zone with a gentle slope from the reef to a relatively flat bottom with sandy-muddy substratum in semi-surrounded bay-like waters. This report also reviews diagnostic characters of S. dentata and a morphologically allied and sympatric congener, S. robusta (Quelch, 1886). The two species can be distinguished from each other by the distributional pattern and density of corallites on the corallum and other characters. They are, however, difficult to be differentiated by the characters of the lower order septum and its ornamentations due to their wide ranges of variation.<br />西表島周辺よりサンダルイシ(新称) Sandalolitha dentata Quelch, 1884を記録した.本報告で扱った最大の標本は, 比較的閉鎖的な水深約20–40 mの, 礁斜面からなだらかな砂泥底に移行する境界の周辺より発見された. 本報告ではサンダルイシと, 形態的に最も似ており, また西表島でも同所的に見られるヘルメットイシS. robusta (Quelch, 1886)の形態的特徴について再検討した. その結果, 両種はサンゴ体上におけるサンゴ個体の分布パタンとその密度などにより区別されたが, 低次隔壁, およびその上縁に並ぶ鋸歯の形状による識別は, 変異の大きさから困難であることが判明した. 続きを見る
2.

図書

図書
西平守孝[著]
出版情報: [那覇] : 琉大海洋保全研究会, 1976
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
宮古の潮間帯調査地点
はじめに
宮古の潮間帯
調査地点・範囲及び方法
潮間帯の底質
潮間帯の人為的撹乱
生物調査
保全の努力
まとめ
おわりに
宮古の潮間帯調査地点
はじめに
宮古の潮間帯