1.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
狩俣, 繁久 ; Karimata, Shigehisa
出版情報: 琉球アジア文化論集 : 琉球大学人文社会学部紀要 = Bulletin of the Humanities and Social Sciences University of the Ryukyus.  pp.1-32,  2021-03-25.  琉球大学人文社会学部琉球アジア文化学科
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/48226
2.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
狩俣, 繁久
出版情報: 琉球アジア文化論集 : 琉球大学人文社会学部紀要 = Bulletin of the Humanities and Social Sciences University of the Ryukyus.  pp.1-17,  2020-03-14.  琉球大学人文社会学部琉球アジア文化学科
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/45411
3.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
狩俣, 繁久 ; Karimata, Shigehisa
出版情報: 国際琉球沖縄論集 = International Review of Ryukyuan and Okinawan Studies.  pp.1-10,  2019-04-26.  琉球大学島嶼地域科学研究所 — Research Institute for Islands and Sustainability
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/46725
概要: 北琉球語と南琉球語は文法、語彙の面で大きな違いが見られる。南琉球語と北琉球語と九州方言を比較し、(1)南琉球語には南九州琉球祖語に遡る要素が存在すること、(2)南琉球語に存在し北琉球語に見られない要素がかつては北琉球語にも存在したこと、(3 )北琉球語と九州方言に共通するが,南琉球語に見られない要素があることを確認した。そのことから、南北琉球語の言語差は九州から琉球列島への人の移動の大きな波が2 回あったことに由来することを主張する。考古学等の研究成果を参考にすれば、南琉球に南九州琉球祖語を保持した人々の移動の時期は、10 世紀から12 世紀である。2 回目の人の移動によって北琉球で貝塚時代が終わり、グスク時代が始まった。南琉球にもグスク文化は伝わったが、その言語体系を大きく変化させるほどのものではなかった。<br />The Ryukyuan archipelago is divided into two areas, Amami and Okinawa islands, and Miyako and Yaeyama islands, separated by a 250 km wide gap, the Kerama gap. Until the end of the shell period, these two areas had distinct cultures characterized by very different archeological records. It is only with the advent of the Gusuku period that Miyako and Yaeyama islands were integrated into the same cultural area as Amami and Okinawa islands. Likewise, Ryukyuan languages are broadly classified into Northern Ryukyuan, spoken in Amami and Okinawa islands, and Southern Ryukyuan, spoken in Miyako and Yaeyama islands. One of the research goals of Ryukyuan linguistics is to identify the factors accounting for the linguistic differences between Northern and Southern Ryukyuan, and understand whether these differences can be related to archeologic findings. 続きを見る
4.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
狩俣, 繁久 ; Karimata, Shigehisa
出版情報: 琉球アジア文化論集 : 琉球大学人文社会学部紀要 = Bulletin of the Humanities and Social Sciences University of the Ryukyus.  pp.185-208,  2019-03-15.  琉球大学人文社会学部琉球アジア文化学科 — FACULTY OF Humanities and Social Sciences, UNIVERSITY OF THE RYUKYUS
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/44288
5.

その他

その他
狩俣, 繁久 ; Karimata, Shigehisa
出版情報: 琉球大学大学教育センター報 = University Education Center Bulltein.  pp.1-1,  2019-03.  琉球大学大学グローバル教育支援機構
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/44525
6.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
かりまた, しげひさ ; Karimata, Shigehisa ; 狩俣, 繁久
出版情報: 琉球アジア文化論集 : 琉球大学法文学部紀要 = RYUKYUAN AND ASIAN STUDIES REVIEW : Bulletin of the Faculty of Law and Letters University of the Ryukyus.  pp.113-137,  2018-03-31.  琉球大学法文学部 — Faculty of Law and Letters, University of the Ryukyus
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/42246
7.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
狩俣, 繁久 ; Karimata, Shigehisa
出版情報: 国際琉球沖縄論集 = International Review of Ryukyuan and Okinawan Studies.  pp.1-14,  2018-03-30.  琉球大学国際沖縄研究所 — International Institute for Okinawan Studies
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/42352
概要: 琉球語は、日本語と同系の言語であり、日本語の歴史の研究に重要な位置を占めることが知られるが、これまでの研究は、奈良期中央語と琉球語の一部の下位方言の比較研究が主であり、琉球語研究の成果が日本語の歴史研究に十分に活かされていなかった。琉球語の 下位方言間の変異は、日本語諸方言のそれを超えるほど大きい。その多様性がどのように生成されてきたのかを明らかにすることが求められていた。琉球語、九州方言、八丈方言が日琉祖語からどのように分岐して現在に至ったか、琉球語内部でどのような分岐があったかを明らかにするため、言語地理学の研究成果に照らして検証しながら、音素別、意味分野別、文法項目別等、目的に応じて選定した複数の単語を組み合わせて系統樹を作成する。それぞれの系統特性を解明しながら重層的な変化過程を可視化させるための可能性と課題を提示する。<br />Ryukyuan is in a sister relationship with Japanese, and is thus expected to play an important role in the historical study of Japanese. However, previous works focused mainly on comparisons between the Central dialect of the Nara period and a limited number of Ryukyuan languages, and no major attempt has been made to examine the surprising internal diversity of Ryukyuan and to uncover how it emerged. We aim to reveal how Ryukyuan, Kyūshū and Hachijō diverged from Proto-Japonic and how Ryukyuan diverged into various local varieties by constructing three different types of family trees: We have developed a method for quantifying linguistic features whereby a family tree can be generated even from a single lexeme. The method has been verified by comparing it with the findings of linguistic geography. Our method is applicable to different dimensions depending on whether our concern is phonology, semantics or grammar. The current approach thus enables us to visualize multidimensional processes of language change by taking into consideration the three major dimensions of language structure. 続きを見る
8.

その他

その他
狩俣, 繁久
出版情報: 琉球大学大学教育センター報 = University Education Center Bulltein.  pp.1-1,  2017-12.  琉球大学大学グローバル教育支援機構
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/41047
9.

その他

その他
狩俣, 繁久
出版情報: 琉球大学大学教育センター報 = University Education Center Bulltein.  pp.1-1,  2016-09.  琉球大学大学グローバル教育支援機構
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/41048
10.

その他

その他
かりまた, しげひさ ; Karimata, Shigehisa ; 狩俣, 繁久
出版情報: 琉球アジア文化論集 : 琉球大学法文学部紀要 = Bulletin of the Faculty of Law and Letters University of the Ryukyus.  pp.1-2,  2015-03-29.  琉球大学法文学部 — Faculty of Law and Letters, University of the Ryukyus
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/32575