1.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
葦原, 恭子 ; 塩谷, 由美子 ; 奥山, 貴之 ; Ashihara, Kyoko ; Shiotani, Yumiko ; Okuyama, Takayuki
出版情報: 琉球大学国際教育センター紀要.  pp.1-14,  2019-03.  琉球大学グローバル教育支援機構国際教育センター
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/46205
2.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
葦原, 恭子 ; 奥山, 貴之 ; 塩谷, 由美子 ; 島田, めぐみ ; Ashihara, Kyoko ; Okuyama, Takayuki ; Shiotani, Yumiko ; Shimada, Megumi
出版情報: 琉球大学国際教育センター紀要.  pp.1-17,  2018-03.  琉球大学グローバル教育支援機構国際教育センター
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/41068
概要: The cabinet approved “A Plan for 300,000 Exchange Students” put forward by the Japanese government in 2008. The employment support for foreign students is one of the tasks. !According to a survey for foreign students living in Japan, those who wish to find employment in Japan after graduating is a majority. The most desirable type of jobs is international affairs, and the second is translator & interpreter. On the other hand, the common purposes for Japanese companies to hire foreign personnel are their language ability, their sensibility, and their international way of thinking. The foreign students hired as high-skilled personnel are expected to play active parts as mediators between Japanese companies and their customers by utilizing their language abilities and cross-cultural communication skills. We conducted a survey in Thailand to find out what kinds of mediation skills were needed to be high-skilled personnel focusing on interpreters working in Thailand. According to our survey, it is proved that the high-skilled interpreters are playing active roles as cross-cultural communicators. 続きを見る
3.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
葦原, 恭子 ; 奥山, 貴之 ; 塩谷, 由美子 ; 島田, めぐみ ; Ashihara, Kyoko ; Okuyama, Takayuki ; Shiotani, Yumiko ; Shimada, Megumi
出版情報: 琉球大学国際教育センター紀要.  pp.1-14,  2017-03.  琉球大学グローバル教育支援機構国際教育センター
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/36631
概要: 日本政府は,近年,外国人留学生が高度外国人材として日本企業へ就職し,活躍することを促進している。しかし,高度外国人材に求められるビジネス日本語能力の習熟度の判定は難しく,その評価基準も定まっていないのが現状である。本研究は,汎用的な評価基準 となる「ビジネス日本語フレームワーク」の構築を目的としており,このフレームワークは高度外国人材の育成・教育・評価に資する枠組みとなる。ビジネス日本語フレームワーク構築のプロセスには「直観的手法」,「質的調査法」,「量的調査法」があり,本稿では,「直観的手法」について述べる。本研究では,既に存在する尺度(CEFR,JF 日本語教育スタンダード,TOEIC Can-Do Guide 等)からCan-do 項目を抽出し,基準を設定した上で能力記述文をビジネス日本語のCan-do 項目として書き換えた結果,約800 項目が能力記述文バンクに登録された。 続きを見る
4.

図書

図書
清水, 正幸(1966-) ; 奥山, 貴之 ; 林, 真弓
出版情報: 東京 : 凡人社, 2015.11-2016.12
所蔵情報: loading…