1.

図書

図書
喜舎場, 永珣(1885-1972)
出版情報: 石垣(沖縄県) : 喜舎場永珣生誕百年記念事業期成会, 1991.11
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
南島研究のオアシス・喜舎場永珣翁 砂川哲雄
八重山の文化遺産 三木健
八重山研究の足跡 黒島為一, 石垣博孝, 大田静男
喜舎場永珣の学問的業績 砂川哲雄
八重山の歴史と文化 : 西表島を中心として 牧野清
八重山の先史文化 : 西表島を中心として 大浜永亘
南島研究のオアシス・喜舎場永珣翁 砂川哲雄
八重山の文化遺産 三木健
八重山研究の足跡 黒島為一, 石垣博孝, 大田静男
2.

図書

図書
喜舎場永珣, 三島各[著]
出版情報: [京都] : [史學研究會], [1987.8]
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
喜舎場, 永珣(1885-1972)
出版情報: 石垣 : 喜舎場永珣生誕百年記念事業期成会, 1987.8
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
喜舎場永珣と海洋民族学 西村朝日太郎著
桴海村『マヤヌ神 (カン) 神事』覚え書 : 附・仲筋以東に於ける村の興亡・御嶽の成立等について 牧野清著
『フンカドゥ』に関する研究 : 宮良村の例を中心として 前盛義英著
八重山民謡の一考察 : ユンタ、ジラバ謡法の相違とその芸術的価値を探る 新崎善仁著
オヤケ・アカハチ、ホンガワラは同一人の呼称 宮城信勇著
八重山の打楽器雑考 : 太鼓芸の周辺 森田孫栄著
近世八重山の間切と村 : 間切制の推移を中心に 崎山直著
南海山桃林寺 : 創建とその周辺 石垣博孝著
八重山諸島の古代歌謡 : 「ユンタ」と「ジラバ」の異相 石垣繁著
鳩間節考 加治工真市著
八重山諸島の狂言 (2) 宮良安彦著
近代八重山における断髪騒動 : 統合過程にみる士族と農民 三木健著
八重山諸島の考古学研究史 : 阿利直治著
八重山群島におけるウミガメ類の産卵 亀崎直樹著
嘉善姓一門の系統と八重山のキリシタン事件 大浜永亘著
喜舎場永珣と海洋民族学 西村朝日太郎著
桴海村『マヤヌ神 (カン) 神事』覚え書 : 附・仲筋以東に於ける村の興亡・御嶽の成立等について 牧野清著
『フンカドゥ』に関する研究 : 宮良村の例を中心として 前盛義英著
4.

図書

図書
喜舎場永珣編
出版情報: 東京 : 名著出版, 1977.1
シリーズ名: 炉辺叢書 / 柳田国男編
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
喜舎場永珣著
出版情報: 那覇 : 沖縄タイムス社, 1977.2
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
喜舎場永珣著
出版情報: 東京 : 国書刊行会, 1975
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1編古代:八重山人の祖先
部落の創成
造船の伝説
沖縄・琉球のよびな
八重山島のよびな
南島と日本本土との交通
信覚(石垣島)の入朝
平家の落武者と八重山
舜天と片髪
島津氏と南西諸島との交渉
察度のおいたち
琉球が明国と交通する
第2編中世:中山に服属する
南洋との貿易
儒学伝わる
八重山の爬竜船
お冠船
進貢船の漂着
階級制度はじまる
郡雄割拠
オヤケアカハチ
西塘
甘藷伝わる
第3編近世:島津氏の琉球征討
税制(人頭税制度)
宗教
芸術
行政区画
在番制度(大和在番)
綿布製法のはじまり
通信(火番所)
土木工事
善行功労者
家譜(系図)の編集
林制
寄人(よせびと)制度
明和の大津波
津波後に襲ってきた天災
異国船漂流記
第4編現代:廃藩置県
宮古・八重山の分島問題
政治
教育
諸官庁と会社銀行八重山の土地整理事業
産業
衛生
増補・終戦行政機能の復活
附録:八重山頭職一覧表
八重山大阿母職一覧表
八重山姓氏一覧
八重山歴史年表
参考文献
第1編古代:八重山人の祖先
部落の創成
造船の伝説
7.

図書

図書
本山桂川 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 角川書店, 1974.9
シリーズ名: 日本民俗誌大系 / 池田弥三郎 [ほか] 編 ; 第1巻
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
喜舎場永珣著
出版情報: 那覇 : 沖縄タイムス社, 1970.9
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
喜舎場永珣 [編]
出版情報: ( : 私製)
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
喜舎場永珣著
出版情報: 那覇 : 沖縄タイムス出版部, 1967.6
所蔵情報: loading…