1.

その他

その他
伊波, 普猷(筆写) ; イハ, フユウ
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/10208
概要: 1冊 写 135枚<br />題名の『久米島旧記』は伊波自身によるものか。本資料には、「久米仲里間切旧記(くめなかざとまぎりきゅうき)」、「久米具志川間切旧記(くめぐしかわまぎりきゅうき)」、「久米島のおもろ」の資料が書写されて いる。琉球王府は、1713年(尚敬元)『琉球国由来記(りゅうきゅうこくゆらいき)』を編集したが、その編集の際の基礎資料として各間切に資料の提出をもとめた。そのもとめに応じたのが「久米仲里間切旧記」、「久米具志川間切旧記」である。原本は、両旧記とも当館仲原善忠文庫に所蔵されている。資料中、「久米具志川間切旧記」は、仲原善忠氏所蔵本から書写されてい ることがわかるが、ほかの二資料の写本元についてはまだ確認されていない。 また、久米・仲里由来記に関する新聞記事や久米島の地図が添付されており、鉛筆、朱墨の書き入れがほとんど全頁に見られること、他書からの引用されたと思われるメモ書きが確認されることから、伊波普猷の久米島おもろ、旧記に関する調査・研究ノートではないかと考えられる。<br />The title “The history of Kumejima” may have been created by Iha Fuyu himself. In this document, texts from the “Old Records of the Kume Nakazato-Magiri”, the “Old Records of the Kume Gushikawa-Magiri” and the “Omoro of Kumejima” have been transcribed. In 1713 the Ryukyu government compiled the “History of Ryukyu Kingdom”, the basis of the information for this compilation was the information submitted from each of the Magiri. The result of this was the “Old Records of the Kume Nakazato-Magiri” and the “Old Records of the Kume Gushikawa-Magiri”. In the original script both of these along with Nakahara Zenchuu’s work are included.Within the document, it is understood that the “Old Records of the Kume Gushikawa-Magiri” was transcribed from a book of Nakahara Zenchu's, but it is not yet confirmed what the origins of the other two transcribed documents are.Also, there are maps of Kumejima and newspaper articles related to the “Old Records of the Kume Nakazato-Magiri” attached. On most pages are pencil and red-ink stick entries, but these have been confirmed as being references to another writing and so it is thought that there are no research notes from Iha Fuyu with regards to the Omoro of Kumejima, or the other two texts. 続きを見る
2.

その他

その他
伊波, 普猷(校訂) ; イハ, フユウ
出版情報: 1925. 
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/10271
概要: 3冊 24cm 大.14(1925)<br />伊波普猷が帝国学士院の補助を得て刊行したもので、『おもろさうし』として初めての活字本である。当時(大正14年)、尚家本、安仁屋本を含め、数冊の写本しかなかった時代に、活字本600部 の発行が『おもろさうし』研究に与えた影響は大きい。田島利三郎筆写本を底本にし、尚家本(沖縄県立博物館所蔵)と仲吉朝助本によって校訂されている。(伊波普猷全集巻6「校訂おもろさうし」、「解題(外間守善・比嘉実)」参照)。第一冊には、第1巻-第8巻が収められている。<br />The first printed book of the Omoro S?shi, published by Iha Fuyu with the help of the Imperial Academy. The 600 hundred printed copies had great effects on research on the Omoro S?shi, at a time when there were very few copies including the Shoke-bon and the Aniyake-bon. Tajima Risabur?'s copy was used as the basis for the revision, and the Shoke-bon (Okinawa Prefectural Museum) and the “Nakayoshi copy” of the “Aniya-bon” were used as references. Refer to the Complete Works of Iha Fuyu part 6, “K?tei Omoro S?shi”. 続きを見る
3.

その他

その他
伊波, 普猷(校訂) ; イハ, フユウ
出版情報: 1925. 
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/10272
概要: 3冊 24cm 大.14(1925)<br />伊波普猷が帝国学士院の補助を得て刊行したもので、『おもろさうし』として初めての活字本である。当時(大正14年)、尚家本、安仁屋本を含め、数冊の写本しかなかった時代に、活字本600部 の発行が『おもろさうし』研究に与えた影響は大きい。田島利三郎筆写本を底本にし、尚家本(沖縄県立博物館所蔵)と仲吉朝助本によって校訂されている。(伊波普猷全集巻6「校訂おもろさうし」、「解題(外間守善・比嘉実)」参照)。第二冊には、第9巻-第13巻が収められている。<br />The first printed book of the Omoro S?shi, published by Iha Fuyu with the help of the Imperial Academy. The 600 hundred printed copies had great effects on research on the Omoro S?shi, at a time when there were very few copies including the Shoke-bon and the Aniyake-bon. Tajima Risabur?'s copy was used as the basis for the revision, and the Shoke-bon (Okinawa Prefectural Museum) and the “Nakayoshi copy” of the “Aniya-bon” were used as references. Refer to the Complete Works of Iha Fuyu part 6, “K?tei Omoro S?shi”. 続きを見る
4.

その他

その他
伊波, 普猷(校訂) ; イハ, フユウ
出版情報: 1925. 
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/10273
概要: 3冊 24cm 大.14(1925)<br />伊波普猷が帝国学士院の補助を得て刊行したもので、『おもろさうし』として初めての活字本である。当時(大正14年)、尚家本、安仁屋本を含め、数冊の写本しかなかった時代に、活字本600部 の発行が『おもろさうし』研究に与えた影響は大きい。田島利三郎筆写本を底本にし、尚家本(沖縄県立博物館所蔵)と仲吉朝助本によって校訂されている。(伊波普猷全集巻6「校訂おもろさうし」、「解題(外間守善・比嘉実)」参照)。第三冊には、第14巻-第22巻が収められている。<br />The first printed book of the Omoro S?shi, published by Iha Fuyu with the help of the Imperial Academy. The 600 hundred printed copies had great effects on research on the Omoro S?shi, at a time when there were very few copies including the Shoke-bon and the Aniyake-bon. Tajima Risabur?'s copy was used as the basis for the revision, and the Shoke-bon (Okinawa Prefectural Museum) and the “Nakayoshi copy” of the “Aniya-bon” were used as references. Refer to the Complete Works of Iha Fuyu part 6, “K?tei Omoro S?shi”. 続きを見る