1.

学位論文(リポジトリ)

学位
古栫, 雅裕
出版情報: 2021-09-17.  琉球大学 — University of the Ryukyus
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/50048
2.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
髙嶺, 潮 ; 遠藤, 聡志 ; Takamine, Michiru ; Endo, Satoshi
出版情報: 人工知能学会論文誌.  36  2021-09-01.  人工知能学会
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/49790
概要: Scene understanding is a central problem in a field of computer vision. Depth estimation, in particular, is one of the important applications in scene understanding, robotics, and 3-D reconstruction. Estimating a dense depth map from a single image is receiving increased attention because a monocular camera is popular, small and suitable for a wide range of environments. In addition, both multi-task learning and multi-stream, which use unlabeled information, improve the monocular depth estimation efficiently. However, there are only a few networks optimized for both of them. Therefore, in this paper, we propose a monocular depth estimation task with a multi-task and multistream network architecture. Furthermore, the integrated network which we develop makes use of depth gradient information and can be applied to both supervised and unsupervised learning. In our experiments, we confirmed that our supervised learning architecture improves the accuracy of depth estimation by 0.13 m on average. Additionally, the experimental result on unsupervised learning found that it improved structure-from-motion performance. 続きを見る
3.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
福田, 英昭 ; 金城, 裕達 ; Fukuda, Hideaki ; Kinjo, Yutatsu
出版情報: 琉球大学教育学部紀要=Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus.  pp.1-8,  2021-09-01.  琉球大学教育学部
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/49849
概要: The shoulder angle and elbow angle that are displaced during sawing work, and the movement distance and the speed of han dsaw blade were investigated, and verified the movements of the highprecision and low-precision university students. Students cut two types of wood with different thicknesses using a handsaw and photographed the work with two CCD cameras. The angle and distance of each part of the body were analyzed by motion capture using 3D coordinate measurement software.  As a result, in the case of sawing wood A (thickness 11 mm), there was no statistically significant difference between the upper group and the lower group in the maximum and minimum angles of the shoulders. But there was a significant difference between the maximum and minimum elbow angles. In the case of sawing wood B (thickness 31 mm), there was no significant difference between the upper and lower groups in the maximum and minimum shoulder angles. However, there was a large significant difference between the maximum and minimum elbow angles. Focusing on the movement of the elbow, it was found that moving the arm back and forth around an elbow angle about 90 degree is one index for improving processing accuracy. When cutting wood A, the maximum movement distance of the handsaw blade was significantly different between the upper group and the lower group, but no significant difference was observed when cutting wood B. Beginners often mistakenly recognize that increasing the stroke speed over a short range of handsaw blades allows for faster and more accurate cutting. Beginners need guidance in sawing with the entire length of the handsaw blade. There was no significant difference in the maximum movement speed of the handsaw blade between the upper group and the lower group. It is necessary for beginners to specifically teach the appropriate cutting movement distance and cutting speed for sawing. 続きを見る
4.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
松本, 由香 ; Matsumoto, Yuka
出版情報: 琉球大学教育学部紀要=Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus.  pp.9-25,  2021-09-01.  琉球大学教育学部
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/49850
5.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
岡本, 泰弘 ; Okamoto, Yasuhiro
出版情報: 琉球大学教育学部紀要=Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus.  pp.27-34,  2021-09-01.  琉球大学教育学部
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/49851
概要: 本研究では,コロナ禍下における教師志望学生に非対面式によるロールレタリングを導入し,教師志望学生のキャリア発達を促進する支援について検討した。大学の教職課程を履修する2年生を対象にWebClassを用いた非対面式によるロールレタリングを2か 月間,週1回,合計8回(4往復)実施した。その結果,自尊感情尺度の上昇や非対面式によるロールレタリングの記述内容及び非対面式によるロールレタリング後の内省報告から,自己や他者に対する気づきにより,将来に対する目標の再確認や将来への意志決定が高まっていることが認められた。以上の結果から,コロナ禍下における教師志望学生に非対面式によるロールレタリングを導入することは,教師志望学生のキャリア発達を促進する支援として効果があることが示唆された。 続きを見る
6.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
鄭, 谷心 ; Zheng, Guxin
出版情報: 琉球大学教育学部紀要=Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus.  pp.35-44,  2021-09-01.  琉球大学教育学部
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/49852
7.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
淡野, 将太 ; 浦内, 桜 ; Tanno, Syota ; Urauchi, Sakura
出版情報: 琉球大学教育学部紀要=Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus.  pp.45-48,  2021-09-01.  琉球大学教育学部
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/49853
8.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
望月, 道浩 ; 天願, 順優 ; Mochizuki, Michihiro ; Tengan, Junyu
出版情報: 琉球大学教育学部紀要=Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus.  pp.49-67,  2021-09-01.  琉球大学教育学部
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/49854
概要: 『保育所保育指針解説』では、家庭との緊密な連携を図りながら養護及び教育を行うことの重要性が指摘されており、そのための情報共有や情報発信がより重要となっている。しかしながら、保育者が抱える業務負担という課題もあり、家庭との緊密な連携を図るため の情報共有や情報発信は十分とは言えない状況が指摘されている。本研究では、沖縄県私立保育園連盟に加盟する全231園の私立保育園を調査対象とし、そのうちWebサイトを有していた212園について2020年6月~9月にかけてWebサイト調査を行い、そこで公開されているコンテンツの状況について明らかにした。その結果、園Webサイト基本情報に関する「①所在地情報」(193件、91.0%)、「②連絡先情報」(196件、92.5%)、「③園の概要や沿革」に関するページ(192件、90.6%)、「④園の保育方針や目標」に関するページ(196件、92.5%)、「⑤園の年間行事」に関するページ(193件、91.0%)、の5項目のコンテンツが9割を上回る結果となったものの、家庭との緊密な連携を図ることに関連する「子育て支援」に関する情報共有や情報発信の割合が低く課題であることが明らかとなった。 続きを見る
9.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
砂川, 力也 ; 古謝, 佑汰 ; 嵩原, 安貴 ; 三井, 綾乃 ; Sunakawa, Rikiya ; Koja, Yuta ; Takehara, Yasuki ; Mitsui, Ayano
出版情報: 琉球大学教育学部紀要=Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus.  pp.69-84,  2021-09-01.  琉球大学教育学部
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/49855
概要: 本報告は,令和3年3月4日に地域協働萌芽プロジェクトの一環で,宮古島市立北小学校の児童44名(3年生:21名, 6年生:23名)を対象に体育授業における健康支援活動として,「遊びの要素を取り入れた体つくり運動」と「バランス制御の運動学習」を 実践し,プログラム介入の成果を検証した.診断的・総括的調査では,プログラム介入前から体育授業に対する高い達成目標の児童が多く,少なくとも介入による目標低下の影響は認められなかった.運動有能感に関する調査では,両学年とも受容感が有意に高まり,加えて,バランス運動学習を実践した6年生では,介入後の統制感が有意に高く,運動有能感合計得点の向上に影響を及ぼしていたことが明らかとなった.また,プロジェクト後の振り返りでは,参加学生の所感より地域志向の人材育成に少なからず貢献できたと考えられる. 以上のことより,本プロジェクトで実施した内容は,体育授業における児童の達成目標を維持し,運動意欲を促進させることができ,島嶼地域の小学校と関わりの経験を持てた参加学生にとって,少なくとも有益な学びであったと考えられる. 続きを見る
10.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
道田, 泰司 ; 比嘉, 俊 ; 濱川, 法子 ; 田場, 千夏 ; 上地, 真理子 ; 崎浜, 智恵 ; 我那覇, ゆり子 ; 酒井, 織恵 ; Michita, Yasushi ; Higa, Takashi ; Hamagawa, Noriko ; Taba, Chinatsu ; Uechi, Mariko ; Sakihama, Tomoe ; Ganaha, Yuriko ; Sakai, Orie
出版情報: 琉球大学教育学部紀要=Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus.  pp.85-98,  2021-09-01.  琉球大学教育学部
URL: http://hdl.handle.net/20.500.12000/49856
概要: 本研究の目的は,学校教育において協同学習が成立するか否かを分けるものについて,実践事例を通して考察を行うことであった。教職大学院の実習で行われた6つの実践事例を元に検討を行った。検討の結果,協同学習以前に,授業の基本的な組み立てに問題がある 場合に,協同学習がうまく行かないことが明らかになった。すなわち,学習者を理解した上で授業を構想することが,協同学習がうまくいくポイントとして考えられた。 続きを見る