校内研修のあり方に関する一考察 (2) ―なぜ授業研究は反省的実践として問題駆動で行われるべきなのか―

資料種別:
論文(リポジトリ)
責任表示:
道田, 泰司 ; Michita, Yasushi
言語:
日本語
出版情報:
琉球大学大学院教育学研究科, 2022-03-15
著者名:
掲載情報:
高度教職実践専攻(教職大学院)紀要
巻:
6
開始ページ:
1
終了ページ:
11
バージョン:
VoR
概要:
本稿の目的は,現在の筆者の考えである「授業研究は,反省的実践として問題駆動で行われるべき」という点について,筆者の過去の校内研修での関わりを通して,このように考えるに至った経緯を明らかにするものである。ある学校との5年間に渡る関わりを通して,概念を定義することの難しさや学びの捉えの多様性がみえてきた。また,子どもの現状を出発点にすることの重要性もみえてきた。そのような経験と省察から,筆者が反省的実践・問題駆動を重視するようになったことなどを論じた。
電子版
Loading