小学校理科における外来生物を教材とした実践事例

資料種別:
論文(リポジトリ)
責任表示:
比嘉, 俊 ; Higa, Takashi
言語:
日本語
出版情報:
琉球大学大学院教育学研究科, 2020-03-06
著者名:
掲載情報:
高度教職実践専攻(教職大学院)紀要
ISSN:
2432-5341  CiNii Research  Webcat Plus  JAIRO
巻:
4
開始ページ:
147
終了ページ:
154
バージョン:
VoR
概要:
小学校理科の教科書に「自然の池や川にメダカを放したり,水草をすてたりしない。」と記載されている。この文言を主発問とした授業実践を行った。この主発問を解答するためには外来生物の知識が必要となる。そのために,本実践では沖縄での外来魚グッピーと在来魚メダカを教材とした外来生物を児童に学習させた。学習前後の児童の解答を見ると,生物放逐禁止を視点とした解答は学習後に有意に増えていた。本実践から小学生に外来生物の教育は有効と考える。また,外来生物教育は,持続可能社会を形成する市民の育成に もつながる。今後,学習者の発達段階に応じた外来生物教育の体系化が望まれる。
紀要論文
続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/20.500.12000/45635
電子版
Loading