鹿児島県本土および奄美大島から初記録のイカリムシ Lernaea cyprinacea (カイアシ亜綱ケンミジンコ目イカリムシ科)

資料種別:
論文(リポジトリ)
責任表示:
福島, 浩太 ; 福島, 聡 ; 町頭, 芳朗 ; 興, 克樹 ; 上野, 大輔 ; Fukushima, Kota ; Fukusima, Satoshi ; Machigashira, Yoshiro ; Oki, Katsuki ; Uyeno, Daisuke
言語:
日本語
出版情報:
Ryukyu University Museum, Fujukan — 琉球大学資料館 (風樹館), 2020-05-19
著者名:
福島, 浩太
福島, 聡
町頭, 芳朗
興, 克樹
上野, 大輔
Fukushima, Kota
Fukusima, Satoshi
Machigashira, Yoshiro
Oki, Katsuki
Uyeno, Daisuke
続きを見る
掲載情報:
Fauna Ryukyuana
ISSN:
2187-6657  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
巻:
55
開始ページ:
1
終了ページ:
8
バージョン:
publisher
概要:
鹿児島県内の河川や湖沼11地点において,淡水魚の寄生虫であるイカリムシLernaea cyprinacea Linnaeus, 1758の分布状況に関する調査を行った.その結果,鹿児島県本土では薩摩半島南東部にある池田湖,また奄美大島北部の龍郷町を流れる大美川中流域において,イカリムシの分布を確認した.本報告は,鹿児島県本土および薩南諸島からのイカリムシの初記録となる.シマヨシノボリとグリーンソードテールへのイカリムシの寄生は国内初記録である.<br />The anchor worm, Lernaea cyprinacea Linnaeus, 1758 is recorded based on specimens of the postmetamorphic adult female from two species of gobiids (Perciformes), i.e., Rhinogobius giurinus (Rutter, 1897) and Tridentiger brevispinis Katsuyama, Arai & Nakamura, 1972, from Lake Ikeda, Satsuma Peninsula, and the green swordtail Xiphophorus hellerii Heckel, 1848 (Cyprinodontiforme: Poeciliidae) and two species of gobiids, i.e., R. nagoyae Jordan & Seale, 1906 and R. brunneus (Temminck & Schlegel, 1845), from the middle reaches of the Omikawa River, Amami Oshima Island, Satsunan Islands, Kagoshima, southern Japan. These collections represent the first records of L. cyprinacea from Kagoshima Prefecture. The anchor worm was found for the first time in Japan from X. hellerii and R. nagoyae. 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/20.500.12000/46852
eリソース
Loading

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

上野, 大輔, 伊勢戸, 徹, Uyeno, Daisuke, Iseto, Tohru

Ryukyu University Museum, Fujukan, 琉球大学資料館 (風樹館)

福島 章

福嶋, 司(1947-)

講談社

福島, 肇(1945-)

講談社

福島, 肇(1945-)

講談社

福島, 康博(1973-)

解放出版社

森本, 桂(1934-), 中村, 剛之(1967-), 官能, 健次(1949-), 日本昆虫学会, 日本昆虫学会『日本の昆虫』編集委員会

Touka Shobo, 星雲社 (発売)