言語から考える九州から琉球へのヒトの移動 : 語彙と文法から移動の時期を考える

資料種別:
論文(リポジトリ)
責任表示:
狩俣, 繁久 ; Karimata, Shigehisa
言語:
日本語
出版情報:
琉球大学島嶼地域科学研究所 — Research Institute for Islands and Sustainability, 2019-04-26
著者名:
掲載情報:
国際琉球沖縄論集 = International Review of Ryukyuan and Okinawan Studies
ISSN:
2186-7933  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
通号:
8
開始ページ:
1
終了ページ:
10
バージョン:
publisher
概要:
北琉球語と南琉球語は文法、語彙の面で大きな違いが見られる。南琉球語と北琉球語と九州方言を比較し、(1)南琉球語には南九州琉球祖語に遡る要素が存在すること、(2)南琉球語に存在し北琉球語に見られない要素がかつては北琉球語にも存在したこと、(3)北琉球語と九州方言に共通するが,南琉球語に見られない要素があることを確認した。そのことから、南北琉球語の言語差は九州から琉球列島への人の移動の大きな波が2 回あったことに由来することを主張する。考古学等の研究成果を参考にすれば、南琉球に南 九州琉球祖語を保持した人々の移動の時期は、10 世紀から12 世紀である。2 回目の人の移動によって北琉球で貝塚時代が終わり、グスク時代が始まった。南琉球にもグスク文化は伝わったが、その言語体系を大きく変化させるほどのものではなかった。<br />The Ryukyuan archipelago is divided into two areas, Amami and Okinawa islands, and Miyako and Yaeyama islands, separated by a 250 km wide gap, the Kerama gap. Until the end of the shell period, these two areas had distinct cultures characterized by very different archeological records. It is only with the advent of the Gusuku period that Miyako and Yaeyama islands were integrated into the same cultural area as Amami and Okinawa islands. Likewise, Ryukyuan languages are broadly classified into Northern Ryukyuan, spoken in Amami and Okinawa islands, and Southern Ryukyuan, spoken in Miyako and Yaeyama islands. One of the research goals of Ryukyuan linguistics is to identify the factors accounting for the linguistic differences between Northern and Southern Ryukyuan, and understand whether these differences can be related to archeologic findings. 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/20.500.12000/46725
eリソース
Loading

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

狩俣, 繁久, Karimata, Shigehisa

琉球大学人文社会学部琉球アジア文化学科, FACULTY OF Humanities and Social Sciences, UNIVERSITY OF THE RYUKYUS

7 その他 巻頭言

狩俣, 繁久, Karimata, Shigehisa

琉球大学大学グローバル教育支援機構

狩俣, 繁久, Karimata, Shigehisa

琉球大学法文学部

狩俣, 繁久, Karimata, Shigehisa

琉球大学大学教育センター

狩俣, 繁久

琉球大学人文社会学部琉球アジア文化学科

9 論文(リポジトリ) 琉球語系統樹研究の方法と課題

狩俣, 繁久, Karimata, Shigehisa

琉球大学国際沖縄研究所, International Institute for Okinawan Studies

かりまた, しげひさ, Karimata, Shigehisa / 狩俣, 繁久

琉球大学国際沖縄研究所, International Institute for Okinawan Studies

10 論文(リポジトリ) 生態学としての琉球語研究(1)

狩俣, 繁久, Karimata, Shigehisa

琉球大学人文社会学部琉球アジア文化学科

狩俣, 繁久, Karimata, Shigehisa

狩俣繁久

かりまた, しげひさ, Karimata, Shigehisa, 狩俣, 繁久

琉球大学法文学部, Faculty of Law and Letters, University of the Ryukyus

狩俣, 繁久, Karimata, Shigehisa

狩俣繁久

高良, 倉吉, 山里, 純一, 池田 栄史, 赤嶺, 政信, 狩俣, 繁久, 真栄平, 房明, 豊見山, 和行, &hellip;

高良倉吉