沖縄における気温とパインアップルの生育について(農業工学科)

資料種別:
論文(リポジトリ)
責任表示:
城間, 理夫 ; Shiroma, Michio
言語:
JPN
出版情報:
琉球大学農学部, 1972-12-01
著者名:
掲載情報:
琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus
ISSN:
0370-4246  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
通号:
19
開始ページ:
363
終了ページ:
377
バージョン:
publisher
概要:
この研究は沖縄における気温とパインアップルの栄養生長期における生育との関係を実験により調べ, さらに, その結果と気温に関する気候資料から, 沖縄におけるパインアップルの生育について気温から見た適地性を調べたものである。実験は, 琉球大学構内におけるライシメーター内栽培およびポット栽培による方法と, 九州大学ファイトトロン内におけるポット栽培による方法との3つの方法で行なった。供試品種としてはスムースカイエン種を使った。これらの実験においては, 出葉数と月平均気温との関係, および草本の生長の1つの示数としての葉面積の増加と気温との関係を調べた。この研究により次のことが明らかになった。(1)パインアップルの月間の出葉数Nと月平均気温(℃)との関係は, 気温が約30℃までの範囲内ならば次の式で表わされる。N=18.125×log_10T/11.669(2)上の式から各地における年間の出葉数を求めた結果から見ると, 気温に関する限り, 沖縄本島におけるパインアップルの生育は台湾中部に匹敵し, 八重山群島ではむしろ台湾中部よりもよい。しかし, 沖縄各地ともハワイには多少及ばず, 台湾南部においてハワイ並になる。(3)栄養生長期における草本の生長も気温と関係が深く, 気温が30℃までの範囲内ならば気温が高いほどよく生長する。(4)薩南諸島を除く九州各地, 四国各地, および台湾中部までも霜が降りるが, 沖縄各地は無霜地帯になっている。この点でも沖縄はパインアップル栽培について, これらの各地よりも有利な条件下にある。(5)パインアプルの自然状態下における栽培の北限は, 年間の無霜期間が320日ないし330日の程度の地域であると考えられる(本文の第7図)。<br />Experiments were done to study the relationship between the growth of pineapple at vegetative growth stage and air temperature. Using the result of the experiments, the author also investigated into the degree of adaptability of the growth of the crop in Okinawa in view of air temperature. The experiments were done on the grounds of the University of the Ryukyus, Naha, Okinawa Prefecture and in the Phytotron, Kyusyu University, Fukuoka, Fukuoka Prefecture by means of pot and lysimeter cultures and pot culture, respectively. Smooth Cayenne variety was used for the experiments. The results are as follows : (1) The relationship between the number of leaves emerging in one month (N) and monthly mean air temperature (T) in ℃ is empirically expressed as follows : N=18.125×(log)_<10>T/(11.669) (2) As far as air temperature is concerned, the degree of adaptability of the crop growth on the Island of Okinawa is as favorable as in central Taiwan. The adaptability in the Yayeyama IsIands, Okinawa Prefecture is more favorable than in central Taiwan. Hawaii, however, surpasses the Yayeyama Islands to some extent in the adaptability. (3) Up to 30℃ the leaf area of pineapple at vegetative growth stage increases as air temperature rises. (4) Okinawa Prefecture is in frost-free zone all the year round. This is one of the more favorable conditions for pineapple culture than in Kyusyu and Shikoku, Japan and Taiwan. (5) It is presumed from this study that the northern limit for pineapple culture in the Orient is in the zone where the duration of frost-free days is somewhat between 320 days and 330 days a year. 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/20.500.12000/4468
eリソース
Loading

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

城間, 理夫, Shiroma, Michio

琉球大学農学部

城間, 理夫, Shiroma, Michio

琉球大学農学部

城間, 理夫, Shiroma, Michio

琉球大学農学部

城間, 理夫, Shiroma, Michio

琉球大学農学部

城間, 理夫, Shiroma, Michio

琉球大学農学部

城間, 理夫, Shiroma, Michio, Chunkao, Kasem

琉球大学農学部

城間, 理夫, Shiroma, Michio

琉球大学農学部

翁長, 謙良, 末吉, 常彦, Onaga, Kenryo, Sueyoshi, TSunehiko

琉球大学農学部

城間, 理夫, Shiroma, Michio

琉球大学農学部

城間, 理夫, Shiroma, Michio

琉球大学農学部

城間, 理夫

琉球大学農家政学部