熱収支法による沖縄におけるパインアップルの蒸発散量の測定(農業工学科)

資料種別:
論文(リポジトリ)
責任表示:
城間, 理夫 ; Shiroma, Michio
言語:
JPN
出版情報:
琉球大学農学部, 1973-12-01
著者名:
掲載情報:
琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus
ISSN:
0370-4246  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
通号:
20
開始ページ:
169
終了ページ:
190
バージョン:
publisher
概要:
この報告は沖縄におけるパインアップルの蒸発散量について熱収支法による1つの測定実験結果をまとめたものである。測定は琉球大学構内においてライシメーターに栽培してあるスムースカイエン種の株について1972年の夏に約1か月間にわたって行なった。各株は植付後15か月ないし16か月経過していて葉面積指数は4.1&acd;4.3であり結実期に入ったものであったが, これらの株に対するかん水は常にじゅうぶんに行なわれていた。全測定期間のうちで降雨や強風などがなくて測定条件の比較的に よかった9日間の測定結果をまとめると次のとおりである。1.夏期, 結実期に入ったパインアップルの蒸発散量はくもりの日に約1.3mm/day, 晴天の日に約2.7mm/dayで, 全平均は2.1mm/dayであった。2.パインアップルの植被上における昼間の各熱収支項の平均の大きさは, 純放射100に対して潜熱伝達量40,顕熱伝達量56,地中伝熱量4のオーダーであった。3.パインアップルの植被上におけるアルベドは日出, 日入のころを除き平均0.15で他の作物に比べて小さい方であった。4.熱収支法によるとパインアップルの夜間における蒸発散量はほとんどゼロになる。<br />This study was done to estimate the evapotranspiration of pineapple in Okinawa by heat balance method. The measurement was done for about a month in summer 1972 on the grounds of the University of the Ryukyus, Naha, Okinawa, using plants of the Smooth Cayenne variety planted in a lysimeter. The plants were 15 to 16 months old after planting and were at fruiting stage with leaf area index of 4.1 to 4.3. Irrigation to the plants was sufficiently applied during the measurement. From data obtained by the measurement of 9 days of the month when the weather was relatively good and other conditions were also favorable for the measurement, results are summa-rized as follows : 1. The evapotranspiration of pineapple in summer at fruiting stage was about 1.3mm/day on cloudy days, about 2.7mm/day on fair days, and 2.1mm/day in average. 2. The average size of each heat balance term for daytime for pineapple canopy was 40 parts for latent heat, 56 parts for sensible heat, and 4 parts for conduction into soil, out of 100 parts for net radiation for all wave-lengths. 3. The albedo of pineapple canopy was 0.15 in average except for that near sunrise and sunset hours. This is fairly small value compared to that of other crops. 4. The evapotranspiration of pineapple at night may be almost nil according to heat balance method. 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/20.500.12000/4432
eリソース
Loading

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

城間, 理夫, Shiroma, Michio

琉球大学農学部

山城, 三郎, Yamashiro, Saburo

琉球大学農学部

城間, 理夫, Shiroma, Michio

琉球大学農学部

城間, 理夫, Shiroma, Michio, Chunkao, Kasem

琉球大学農学部

城間, 理夫, Shiroma, Michio

琉球大学農学部

吉永, 安俊, 山城, 三郎, Yoshinaga, Anshun, Yamashiro, Saburo

琉球大学農学部

城間, 理夫, Shiroma, Michio

琉球大学農学部

山城, 三郎, Yamashiro, Saburo

琉球大学農学部

城間, 理夫, Shiroma, Michio

琉球大学農学部

山城, 三郎, Yamashiro, Saburo

琉球大学農学部

山城, 三郎, Yamashiro, Saburo

琉球大学農学部

山城, 三郎, Yamashiro, Saburo

琉球大学農学部