沖縄産廃糖蜜のアルコール発酵に伴なうアミノ酸よりフーゼルの生成(農芸化学科)

資料種別:
論文(リポジトリ)
責任表示:
外間, 宏一 ; 仲宗根, 洋子 ; 大城, 清勝 ; 渡久地, 政武 ; Hokama, Koichi ; Nakasone, Yoko ; Oshiro, Seisho ; Toguchi, Masatake
言語:
JPN
出版情報:
琉球大学農学部, 1975-12-01
著者名:
外間, 宏一
仲宗根, 洋子
大城, 清勝
渡久地, 政武
Hokama, Koichi
Nakasone, Yoko
Oshiro, Seisho
Toguchi, Masatake
続きを見る
掲載情報:
琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus
ISSN:
0370-4246  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
通号:
22
開始ページ:
225
終了ページ:
238
バージョン:
publisher
概要:
1.発酵率, アミノ態窒素消費率ともに, Bx20°の廃糖蜜において, 最も高い値を示したので, 発酵に関するすべての実験は, 該条件下で行なった。2.第9図において, アミノ態窒素が42時間目から増加し始めているのは, 酵母蛋白がその自己消化の結果生じたプロテアーゼによって加水分解を受けたためであろうと思われた。3.発酵後のフーゼルは, 発酵前のそれに較べて, 10倍以上も増加していることが認められた。4.ペーパークロマトグラフィーによって, 発酵前に検出されたアミ ノ酸のうち, 中性アミノ酸(バリン, ロイシン又はイソロイシン)だけが, 発酵後に消失したので, 生じたフーゼル油は, イソブチルアルコール, イソアミルアルコール, 活性(d)アミルアルコール等の混合物であろうと思われた。<br />1. Since both of fermentation rate and amino acid nitrogen consumption rate showed the heighest value in case of final molasses of Bx20°, all the experiments involving fermentation were performed under this condition. 2. It was supposed that an increase in amino acid nitrogen after a lapse of 42 hours in the fig. 8 ocurred as the result of hydrolysis of the yeast protein by the protease produced through the autolysis. 3. It was confermed that the amount of the fusel oil measured after the fermentation reached to more than ten times that of the fusel oil existed before the fermentation. 4. From the fact that only the neutral amino acids (valine, leucine, isoleucine) of those detected by paperchromatography before the fermentation disappeared after the fermentation, the fusel oil produced was supposed to be composed of isobutyl alcohol, isoamyl alcohol and active (d) amyl alcohol according to the Ehlrich's scheme. 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/20.500.12000/4334
eリソース
Loading

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

仲宗根, 洋子, 岡崎, 浩晴, 外間, 宏一, Nakasone, Yoko, Okazaki, Hiroharu, Hokama, Koichi

琉球大学農学部

外間, 宏一, 仲宗根, 洋子, 親川, 雅浩, Hokama, Koichi, Nakasone, Yoko, Oyakawa, Masahiro

琉球大学農学部

外間, 宏三, Hokama, Kozo

琉球大学文理学部, Arts and Science Division, University of the Ryukyus

8 論文(リポジトリ) 自然放置甘蔗の pH 低下(農芸化学科)

外間, 宏一, 仲宗根, 洋子, 仲松, 盛光, 宮城, 重昭, Hokama, Koichi, Nakasone, Yoko, Nakamatsu, Seiko, Miyagi, Shigeaki

琉球大学農学部

外間, 宏一, 仲宗根, 洋子, 名嘉真, 勉, 照屋, 勝, Hokama, Koichi, Nakasone, Yoko, Nakama, Tsutomu, Teruya, Masaru

琉球大学農学部

外間, 宏一, 仲宗根, 洋子, 砂川, 美智子, Hokama, Koichi, Nakasone, Yoko, Sunagawa, Michiko

琉球大学農学部

外間, 宏一, 仲宗根, 洋子, 宮城, 春勝, Hokama, Koichi, Nakasone, Yoko, Miyagi, Harukatsu

琉球大学農学部

仲宗根, 洋子, Nakasone, Yoko

琉球大学農学部

森, 巌, Mori, Iwao

琉球大学文理学部, Arts and Science Division, University of the Ryukyus

外間, 宏一, 宮城, 好弘, Hokama, Koichi, Miyagi, Yoshihiro

琉球大学農学部

仲宗根, 洋子, 水谷, 直人, 外間, 宏一, Nakasone, Yoko, Mizutani, Naoto, Hokama, Koichi

琉球大学農学部

12 論文(リポジトリ) 廃糖蜜を利用した飼料

宮城, 常夫, Miyagi, Tsuneo

琉球大学農家政学部