生キャッサバの酵素による分解とアルコール発酵(農芸化学科)

資料種別:
論文(リポジトリ)
責任表示:
石原, 昌信 ; 当山, 清善 ; 与那覇, 和雄 ; Ishihara, Masanobu ; Toyama, Seizen ; Yonaha, Kazuo
言語:
JPN
出版情報:
琉球大学農学部, 1987-12-05
著者名:
石原, 昌信
当山, 清善
与那覇, 和雄
Ishihara, Masanobu
Toyama, Seizen
Yonaha, Kazuo
続きを見る
掲載情報:
琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus
ISSN:
0370-4246  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
通号:
34
開始ページ:
21
終了ページ:
27
バージョン:
publisher
概要:
キャッサバ磨砕物の酵素による液状化, 液化及び糖化条件を設定するとともに糖化液の酵母によるアルコール発酵条件について検討した。磨砕物はペクチナーゼを添加して加温(40℃)することにより液状化された。液状化程度は酵素量と処理時間に依存した。液状化物にα-アミラーゼ及びグルコアミラーゼを加えて加温(40℃)しても還元糖量の増加はみられなかった。液状化物はα-アミラーゼ存在下で加温処理(80℃, 10分間)することにより液化された。液化物はグルコアミラーゼに よって分解・糖化され, 還元糖量が増加した。液化の最適処理温度は80℃付近であった。キャッサバの酵素糖化物に酵母を加えてアルコール発酵を行なった結果, 発酵48時間でアルコール濃度16.5%の発酵液が得られた。キャッサバ500gから生成されるアルコール量は64.5gであった。<br />Energy-saving production of ethanol from raw cassava roots was performed by using commercial enzymes, and following results were obtained. The mashed cassava tubers were macerated with 0.2% pectinase by incubating at 40℃ for 6 hr. The degree of maceration was dependent on the enzyme concentration and incubation time. The reducing sugar did not increase even if the macerated mashes were incubated with α-amylase and glucoamylase at pH4.5 and 40℃. The macerated mashes were liquefied with α-amylase by heating at low temperature (80℃ for 10min). The most favorable temperature for the liquefaction of mashes with α-amylase was 75-80℃. The liquefied mashes were almost completely saccharified with glucoamylase at pH4.5 and 40℃ for 12 hr of incubation. Ethanol fermentation of saccharified mashes was carried out with baker's yeast at pH 5.5 and 30℃. The ethanol produced in 48hr fermentation was 16.0-16.5% (v/v), and 65.4g of ethanol was obtained from 500g of cassava tubers. 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/20.500.12000/3906
eリソース
Loading

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

当山, 清善, 石原, 昌信, 与那覇, 和雄, 大久保, 勉, Toyama, Seizen, Ishihara, Masanobu, Yonaha, Kazuo, Ohkubo, Tsutomu

琉球大学農学部

当山, 清善, 大久保, 勉, 石原, 昌信, 与那覇, 和雄, Toyama, Seizen, Ohkubo, Tsutomu, Ishihara, Masanobu, Yonaha, Kazuo

琉球大学農学部

当山, 清善, 石原, 昌信, 与那覇, 和雄, Toyama, Seizen, Ishihara, Masanobu, Yonaha, Kazuo

琉球大学農学部

当山, 清善, 大久保, 勉, 石原, 昌信, 与那覇, 和雄, Toyama, Seizen, Ohkubo, Tsutomu, Ishihara, Masanobu, Yonaha, Kazuo

琉球大学農学部

石原, 昌信, 当山, 清善, 与那覇, 和雄, Ishihara, Masanobu, Toyama, Seizen, Yonaha, Kazuo

琉球大学農学部

石原, 昌信, 与那覇, 和雄, 当山, 清善, Ishihara, Masanobu, Yonaha, Kazuo, Toyama, Seizen

琉球大学農学部

石原, 昌信, 与那覇, 和雄, 当山, 清善, Ishihara, Masanobu, Yonaha, Kazuo, Toyama, Seizen

琉球大学農学部

石原, 昌信, 当山, 清善, 与那覇, 和雄, Ishihara, Masanobu, Toyama, Seizen, Yonaha, Kazuo

琉球大学農学部

石原, 昌信, 大久保, 勉, 与那覇, 和雄, 当山, 清善, Ishihara, Masanobu, Ohkubo, Tsutomu, Yonaha, Kazuo, Toyama, Seizen

琉球大学農学部

当山, 清善, 石原, 昌信, 与那覇, 和雄, 大久保, 勉, Toyama, Seizen, Ishihara, Masanobu, Yonaha, Kazuo, Ohkubo, Tsutomu

琉球大学農学部

当山, 清善, 石原, 昌信, 大久保, 勉, 与那覇, 和雄, Toyama, Seizen, Ishihara, Masanobu, Ohkubo, Tsutomu, Yonaha, Kazuo

琉球大学農学部

当山, 清善, 石原, 昌信, Toyama, Seizen, Ishihara, Masanobu

琉球大学農学部