サトウキビのブリックスに及ぼす気象要素の影響の解析例(農業工学科)

資料種別:
論文(リポジトリ)
責任表示:
城間, 理夫 ; Shiroma, Michio
言語:
JPN
出版情報:
琉球大学農学部, 1988-12-05
著者名:
掲載情報:
琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus
ISSN:
0370-4246  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
通号:
35
開始ページ:
63
終了ページ:
72
バージョン:
publisher
概要:
沖縄県宮古島では収穫時のサトウキビブリックスが, 1984/85と1985/86の両収穫年期に異常に低かった。この低ブリックスの一つの原因として気象現象の影響があったか否かをみるために, サトウキビのほ場ブリックスと第1汁ブリックス総刮値の資料および気象資料を使って単純相関解析, 相関図解析, および重回帰解析を行った。解析に使用できた資料は十分ではなかったが, 入手できた範囲の解析から次の傾向が見出された。1. 1985/86年期の10月上旬のほ場ブリックスが低かったのはそ の直前の7月-8月の多雨と風向変化の激しかった台風との二つの影響も大きかったためであると考えられる。しかし, この多雨と風向変化とのそれぞれの影響を別々に量的に推定することはできなかった。2. 1984/85年期の10月上旬のほ場ブリックスは低いほうであったが, その原因をその直前の9月以前の気象の推移(台風, 降雨量など)によって説明することはできなかった。3.上記二つの収穫年期連続の低ブリックスに関連して, 両年期とも収穫期直前の10月以後のブリックスがあまり上昇しなかったが, これはこの10月以後の気象の影響もかなりあったことがある程度説明できる。4.この解析は従来の栽培方法によって生育したサトウキビについて行ったものである。さらに良い栽培方法の下で生育したサトウキビは, ある程度の気象のマイナス面に対しても本報告におけるほどのブリックス低下に至らなくなる可能性がある。これについては今後資料の蓄積を待って調査したい。5.さらに精度の高い調査研究結果を得るためには, 降雨量, 台風, およびこれらと関連したサトウキビの生理生態のおのおのについて一層の研究と資料の蓄積が必要と思われる。<br />Miyakojima, Okinawa, where sugarcane is the first crop, suffered from severe sugarcane brix fall in 1984/85 and 1985/86 harvest years. Many causes of the fall such as weather, disease and insects, soil, sugarcane variety, cultivation method and so on were conjectured by those who were concerned with sugarcane culture. As a member of the investigation team, the author made a statistical analysis to see if meteorological factors affected the brix fall. Results obtained are as follows : 1. The low field ref. brix in the beginning of October 1985 shows some indications that heavy rainfall and severe north-south wind direction shift in typhoons passed by the island both in 1985 summer considerably affected the brix. 2. Reasons for low field ref. brix in the beginning of October 1984 could not be explained by weather conditions in the preceeding summer. 3. According to multiple regression analysis, a little brix rise during October preceeding harvest time and the end of harvest time in both 1984/85 and 1985/86 harvest years shows considerable indications that weather in the period adversely affected the little brix rise. 4. From relatively high brix in Tarama-son near Miyakojima in recent years, it is conjectured that cultivation method (planting season, fertilization and care, variety, windbreak forest etc.) may affect much the brix. 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/20.500.12000/3892
eリソース
Loading

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

城間, 理夫, Shiroma, Michio

琉球大学農学部

城間, 理夫, Shiroma, Michio

琉球大学農学部

城間, 理夫, Shiroma, Michio

琉球大学農学部

城間, 理夫, Shiroma, Michio

琉球大学農学部

城間, 理夫, Shiroma, Michio

琉球大学農学部

城間, 理夫, Shiroma, Michio, Chunkao, Kasem

琉球大学農学部

城間, 理夫, Shiroma, Michio

琉球大学農学部

氏原, 邦博, 吉元, 誠, 和田, 浩二, 高橋, 誠, 須田, 郁夫, Ujihara, Kunihiro, Yoshimoto, Makoto, Wada, Koji, Takahashi, Makoto, Suda, Ikuo

日本食品科学工学会

城間, 理夫, Shiroma, Michio

琉球大学農学部

比屋根, 真一, 川満, 芳信, 村山, 盛一, Hiyane, Shinichi, Kawamitsu, Yoshinobu, Murayama, Seiichi

琉球大学農学部

城間, 理夫, Shiroma, Michio

琉球大学農学部

村山, 盛一, ウディン, モスレム, 野瀬, 昭博, 川満, 芳信, Murayama, Seiichi, Uddin, Moslem S.M., Nose, Akihiro, Kawamitsu, Yoshinobu

琉球大学農学部