泡盛蒸留廃液のメタン発酵 : 第 2 報 ガス発生量に及ぼす炭酸カルシウム添加の影響(生物資源科学科)

資料種別:
論文(リポジトリ)
責任表示:
当山, 清善 ; 石原, 昌信 ; 平山, 正次 ; Toyama, Seizen ; Ishihara, Masanobu ; Hirayama, Shoji
言語:
JPN
出版情報:
琉球大学農学部, 1992-12-01
著者名:
当山, 清善
石原, 昌信
平山, 正次
Toyama, Seizen
Ishihara, Masanobu
Hirayama, Shoji
続きを見る
掲載情報:
琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus
ISSN:
0370-4246  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
通号:
39
開始ページ:
103
終了ページ:
108
バージョン:
publisher
概要:
泡盛蒸留廃液のメタン発酵におけるガス発生量に及ぼす炭酸カルシウム添加の影響等を小型発酵により調べた。馴養スラッジヘ炭酸カルシウムを混合して発酵を行なうことにより高負荷条件下でも良好なガス発生量が得られた。ガス発生量は基質添加量の増加とともに増大したが,基質添加量が有機物量として0.9g以上の時には発酵液中に酢酸やプロピオン酸等の揮発性有機酸の蓄積が認められた。本発酵における最大基質負荷量は炭酸カルシウム無添加の発酵に比較して約3倍高い値であった。また,基質1g当たりのガス発生 量は694mlであり,発生ガス中メタン含量は69%であった。発酵液のCOD値は発酵初期に急激に低下し,発酵8日間で8000ppmから30ppmに減少した。炭酸カルシウム添加スラッジを用いた連続メタン発酵における基質1g当たりのガス発生量は500mlであり,そのうち61%がメタンガスであった。<br />Effect of calcium carbonate on methane production from alcohol stillage derived from fermented awamori mash was studied using 200ml syringe. Addition of calcium carbonate to the acclimated sludge containing a large quantity of substrate found to be effective for gas production in the mesophilic methane fermentation. The gas production increased with an increase in organic matter of stillage, however, the volatile fatty acids were significantly accumulated in the mash when the amount of loading was more than 0.9g of organic matter of stillage. The maximum loading of substrate on anaerobic fermentation in the presence of calcium carbonate was about 3 times higher than that of control. The whole gas production was 696ml per g of organic matter of stillage and methane ratio was 69%. The COD value of the mash rapidly decreased in the early stage of fermentation and achived from 8,000 to 30ppm in 8 days of incubation. Gas production in continuous methane fermentation was about 500ml per g of organic matter of stillage with a methane ratio of 61%. 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/20.500.12000/3814
eリソース
Loading

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

当山, 清善, 石原, 昌信, Toyama, Seizen, Ishihara, Masanobu

琉球大学農学部

安田, 正昭, 山田, 剛史, 石原, 昌信, 当山, 清善, Yasuda, Masaaki, Yamada, Takeshi, Ishihara, Masanobu, Toyama, Seizen

琉球大学農学部

当山, 清善, 石原, 昌信, 大久保, 勉, 与那覇, 和雄, Toyama, Seizen, Ishihara, Masanobu, Ohkubo, Tsutomu, Yonaha, Kazuo

琉球大学農学部

石原, 昌信, 有満, 和人, 当山, 清善, Ishihara, Masanobu, Arimitsu, Kazuto, Toyama, Seizen

琉球大学農学部

当山, 清善, 石原, 昌信, Toyama, Seizen, Ishihara, Masanobu

琉球大学農学部

安田, 正昭, 佐藤, 充宏, 坂口, 真樹, 石原, 昌信, 当山, 清善, Yasuda, Masaaki, Sato, Atsuhiro, &hellip;

琉球大学農学部

石原, 昌信, 当山, 清善, Ishihara, Masanobu, Toyama, Seizen

琉球大学農学部

石原, 昌信, 当山, 清善, Ishihara, Masanobu, Toyama, Seizen

琉球大学農学部

石原, 昌信, 大久保, 勉, 与那覇, 和雄, 当山, 清善, Ishihara, Masanobu, Ohkubo, Tsutomu, Yonaha, Kazuo, Toyama, Seizen

琉球大学農学部

石原, 昌信, 当山, 清善, 与那覇, 和雄, Ishihara, Masanobu, Toyama, Seizen, Yonaha, Kazuo

琉球大学農学部

石原, 昌信, 熱田, 和史, 当山, 清善, Ishihara, Masanobu, Atta, Kazusi, Toyama, Seizen

琉球大学農学部

当山, 清善, 大久保, 勉, 石原, 昌信, 与那覇, 和雄, Toyama, Seizen, Ohkubo, Tsutomu, Ishihara, Masanobu, Yonaha, Kazuo

琉球大学農学部