サトウキビ葉身の光合成速度及び気孔伝導度に及ぼす各種環境要因の影響(生物生産学科)

資料種別:
論文(リポジトリ)
責任表示:
川満, 芳信 ; 比屋根, 真一 ; 野瀬, 昭博 ; Kawamitsu, Yoshinobu ; Hiyane, Shinichi ; Nose, Akihiro
言語:
JPN
出版情報:
琉球大学農学部, 1994-12-01
著者名:
川満, 芳信
比屋根, 真一
野瀬, 昭博
Kawamitsu, Yoshinobu
Hiyane, Shinichi
Nose, Akihiro
続きを見る
掲載情報:
琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus
ISSN:
0370-4246  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
通号:
41
開始ページ:
127
終了ページ:
137
バージョン:
publisher
概要:
サトウキビ属における各種測定環境条件に対する光合成反応を測定することにより, 最も高い光合成能力を発揮できる最適条件を決定した。結果は以下の通りである。1.光-光合成反応は不飽和型との飽和型が混在していた。なお, 野生種であるS.spontaneumが全体的に高く, 中でもJw66の光合成速度は58.4μmo・m^<-2>・s^<-1>とかなり高い値を示した(Fig.1-A, B)。2.蒸散速度, 気孔伝導度は共に光強度の変化に対して不飽和型を示 した。なお, 野性種は蒸散速度, 気孔伝導度とも高い値を示した(Fig.1-C, D)。3.温度-光合成反応の結果, 多くのサトウキビにおける最適温度は, 35℃付近に見られた。それに対し, Badilaは40℃に最適温度を示し, Jw47においては最適は認められなかった(Fig.2-A, B)。4.測定時の葉面飽差変化に対する光合成速度への影響は, 多くの供試材料において変化が見られなかったのに対し, BadilaとNCo310は, 高葉面飽差域において低下が認められた(Fig.3-A, B)。5.蒸散速度は, 多くの供試材料において葉面飽差の増加するに伴い直線的に上昇するフィードバック型を示した。これに対し, BadilaとNCo310は, 高葉面飽差域において蒸散速度の低下が見られるフィードホワード型を示した(Fig.4-A, B)。従って, サトウキビ属は空気湿度の変化に対して多様に反応しているものと推察された。<br />We measured the responses of photosynthesis and leaf conductance to environmental conditions, such as photon flux density, leaf temperature and humidity, in sugarcane plants. Plants were grown under greenhouse conditions and then gas exchange measurements were conducted under artificial light conditions by using the infrared gas analysis system. Leaf temperature and humidity (vapor pressure difference) in the assimilation chamber were controlled precisely by using a personal computer. Photosynthetic light response curves showed saturated and unsaturated curves up to 2200μmol・m^<-2>・s^<-1> photon flux density in sugarcane plants used. Optimum temperatures for photosynthesis under high photon flux density were at around 35℃ in most plants, whereas 40℃ for Badila. In addition, Jw 47 showed no optimum temperature up to 45℃. There were no changes in photosynthesis as vapor pressure difference was increased up to 4kPa. However, Badila and NCo310 showed a decreases in photosynthesis at high vapor pressure difference. 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/20.500.12000/3758
eリソース
Loading

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

比屋根, 真一, 川満, 芳信, 村山, 盛一, Hiyane, Shinichi, Kawamitsu, Yoshinobu, Murayama, Seiichi

琉球大学農学部

川満, 芳信, シン, クマー, ブア, ネルソン, 玉城, 雄一, 村山, 盛一, Kawamitsu, Yoshinobu, Singh, &hellip;

琉球大学農学部

比屋根, 真一, 川満, 芳信, 村山, 盛一, Hiyane, Shinichi, Kawamitsu, Yoshinobu, Murayama, Seiichi

琉球大学農学部

川満, 芳信, Kawamitsu, Yoshinobu

川満芳信

川満, 芳信, 北原, 良太, 野瀬, 昭博, Kawamitsu, Yoshinobu, Kitahara, Ryota, Nose, Akihiro

琉球大学農学部

川満, 芳信, 重久, 利枝子, 福澤, 康典, 村山, 盛一, Kawamitsu, Yoshinobu, Shigehisa, Rieko, Fukuzawa, Yasunori, Murayama, Seiichi

琉球大学農学部

川満, 芳信, Kawamitsu, Yoshinobu

川満芳信

川満, 芳信, 吉原, 徹, 川元, 知行, 徳丸, 慶太郎, Kawamitsu, Yoshinobu, Yoshihara, Toru, Kawamoto, Tomoyuki, Tokumaru, Keitarou

琉球大学農学部

川満, 芳信, 大城, 常明, 村山, 盛一, Kawamitsu, Yoshinobu, Oshiro, Tsuneaki, Murayama, Seiichi

琉球大学農学部

上野, 正実, 川満, 芳信, Ueno, Masami, Kawamitsu, Yoshinobu

上野正実

川満, 芳信, 吉原, 徹, 川元, 知行, 徳丸, 慶太郎, Kawamitsu, Yoshinobu, Yoshihara, Toru, Kawamoto, Tomoyuki, Tokumaru, Keitarou

琉球大学農学部

川満, 芳信, 川元, 知行, 吉原, 徹, 村山, 盛一, Kawamitsu, Yoshinobu, Kawamoto, Tomoyuki, Yoshihara, Toru, Murayama, Seiichi

琉球大学農学部