沖縄産マングローブの葉の光合成速度及び水ポテンシャルに及ぼす NaCl 濃度の影響(生物生産学科)

資料種別:
論文(リポジトリ)
責任表示:
川満, 芳信 ; 北原, 良太 ; 野瀬, 昭博 ; Kawamitsu, Yoshinobu ; Kitahara, Ryota ; Nose, Akihiro
言語:
JPN
出版情報:
琉球大学農学部, 1995-12-01
著者名:
川満, 芳信
北原, 良太
野瀬, 昭博
Kawamitsu, Yoshinobu
Kitahara, Ryota
Nose, Akihiro
続きを見る
掲載情報:
琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus
ISSN:
0370-4246  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
通号:
42
開始ページ:
9
終了ページ:
22
バージョン:
publisher
概要:
高濃度の根系NaCl条件下で生育する3種ヒルギを用いて, 徐々にNaCl濃度を上げた場合と, 急激上げた場合の処理を行い, そのときの葉のガス交換と水ポテンシャルを測定しNaCl耐性の違いを検討した。得られた結果の要約は以下の通りである。1) 徐々にNaCl濃度を上げたときの3樹種の光合成速度及び気孔伝導度は, それぞれ異なったNaCl濃度において低下した(図1,2)。また, 光合成速度と気孔伝導度との間には高い正の相関関係が認められ(図3), 気孔による支配が大きいことが明 らかとなった。処理後11週目の光-光合成曲線は, NaCl濃度の変化に伴い3樹種とも異なる反応を示した(図5,6)。2) 急激にNaCl処理を行ったときの光合成速度及び気孔伝導度と葉の水ポテンシャルとの関係から(図7,8,10), メヒルギ及びオヒルギでは光合成速度の急速な低下がみられたが, ヤエヤマヒルギは葉の水ポテンシャルが-3.0MPaに至るまで低下しなかった(図7)。光合成速度と気孔伝導度との間には, 徐々に処理した場合と同様に高い正の相関関係が認められた(図9)。3) 3種ヒルギの葉の水ポテンシャルと水利用効率との関係を検討したところ, ヤエヤマヒルギは水ポテンシャルの低下にともなって水利用効率が上昇した(図11)。4) 調査した3種のヒルギの気孔密度は100個・(mm)^<-2>で, CAM植物に近い特性を有し, 気孔は葉の裏面に分布していた(表2)。以上より, ヤエヤマヒルギは大きい気孔を少なく有し, 高濃度のNaClに耐えることのできる細胞オルガネラを持つことが, 高NaCl条件下での生育を可能にしていると考えられる。<br />To make clarify the responses of photosynthesis and leaf conductance to NaCl concentration in Okinawan mangroves, we measured the leaf gas exchange and leaf water potential under slow and acute stress conditions. Materials used were Mehirugi (Kandelia candel), Ohirugi (Bruguiera gymnorrhiza), and Yaeyamahirugi (Rhyizophora stylosa). The results obtained are summarized as follows; Photosynthesis and leaf conductance in three mangroves were decreased with increases in NaCl concentration. However, the decreasing rate with time was different in species. Yaeyamahirugi exhibited slight changes in photosynthesis, in other words, maintained the high photosynthetic rate even under severe stress conditions. Photosynthesis in Mehirugi was decreased pronouncedly as compared with other species. Ohirugi had a intermediate responsiveness to NaCl concentration. When leaf water potential was decreased by increasing NaCl concentration in root medium, photosynthesis in Mehirugi and Ohirugi was decreased. On the other hand, photosynthesis of Yaeyamahirugi was not changed with lowing leaf water potential. In addition, the water use efficiency in Yaeyamahirugi was uniquely increased with decreasing leaf water potential. 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/20.500.12000/3741
eリソース
Loading

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

川満, 芳信, 吉原, 徹, 川元, 知行, 徳丸, 慶太郎, Kawamitsu, Yoshinobu, Yoshihara, Toru, Kawamoto, Tomoyuki, Tokumaru, Keitarou

琉球大学農学部

馬場, 繁幸, Baba, Shigeyuki

馬場繁幸

比屋根, 真一, 川満, 芳信, 村山, 盛一, Hiyane, Shinichi, Kawamitsu, Yoshinobu, Murayama, Seiichi

琉球大学農学部

川満, 芳信, 大城, 常明, 村山, 盛一, Kawamitsu, Yoshinobu, Oshiro, Tsuneaki, Murayama, Seiichi

琉球大学農学部

馬場, 繁幸, 佐藤, 一紘, 金城, 一彦, Baba, Shigeyuki, Sato, Kazuhiro, Kinjo, Kazuhiko

馬場繁幸

川満, 芳信, Kawamitsu, Yoshinobu

川満芳信

川満, 芳信, 比屋根, 真一, 野瀬, 昭博, Kawamitsu, Yoshinobu, Hiyane, Shinichi, Nose, Akihiro

琉球大学農学部

川満, 芳信, シン, クマー, ブア, ネルソン, 玉城, 雄一, 村山, 盛一, Kawamitsu, Yoshinobu, Singh, &hellip;

琉球大学農学部

川満, 芳信, 吉原, 徹, 川元, 知行, 徳丸, 慶太郎, Kawamitsu, Yoshinobu, Yoshihara, Toru, Kawamoto, Tomoyuki, Tokumaru, Keitarou

琉球大学農学部

馬場, 繁幸, Baba, Shigeyuki

馬場繁幸

馬場, 繁幸, Baba, Shigeyuki

馬場繁幸

川満, 芳信, 重久, 利枝子, 福澤, 康典, 村山, 盛一, Kawamitsu, Yoshinobu, Shigehisa, Rieko, Fukuzawa, Yasunori, Murayama, Seiichi

琉球大学農学部