II. ポリネット法による放牧牛の熱帯果樹食害防御について(放牧地への熱帯果樹導入に関する研究)

資料種別:
論文(リポジトリ)
責任表示:
平川, 守彦 ; 野辺, 晃 ; 日越, 博信 ; 大城, 政一 ; 平山, 琢二 ; 石嶺, 行男 ; 赤嶺, 光 ; 外間, 聡 ; Hirakawa, Morihiko ; Nobe, Akira ; Higoshi, Hironobu ; Oshiro, Seiichi ; Hirayama, Takuji ; Ishimine, Yukio ; Akamine, Hikaru ; Hokama, Satoshi
言語:
JPN
出版情報:
琉球大学農学部, 1997-12-01
著者名:
平川, 守彦
野辺, 晃
日越, 博信
大城, 政一
平山, 琢二
石嶺, 行男
赤嶺, 光
外間, 聡
Hirakawa, Morihiko
Nobe, Akira
Higoshi, Hironobu
Oshiro, Seiichi
Hirayama, Takuji
Ishimine, Yukio
Akamine, Hikaru
Hokama, Satoshi
続きを見る
掲載情報:
琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus
ISSN:
0370-4246  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
通号:
44
開始ページ:
147
終了ページ:
151
バージョン:
publisher
概要:
本研究は放牧地の空間を有効利用するために放牧草地生態系へ熱帯果樹を導入し, 肉生産と果樹生産の両立について検討しようとするものである。本試験においては食害防御効果をさらに高めるために市販のポリネット袋を用いて, 物理的な方法による果樹食害防御の検討を行った。熱帯果樹にはパパヤを用い, 供試家畜には黒毛和種経産牛3頭, 11ヶ月齢の雌牛2頭, 3ヶ月齢の雌牛2頭の計7頭を放牧した。パパヤ苗は放牧地に約4m間隔で移植し, 長さ約1.5mの支柱を苗の両側に1本ずつ立てた。そして, 縦75cm, 横42cmの市販のポリネット袋で苗を被覆した。その後, 供試牛を放牧し, 1日1回パパヤの被食率を調査した。ポリネット試験は第1期10月25日&acd;11月3日(10日間), 第2期11月25日&acd;12月2日(8日間)行った。1日平均被食率は無処理区で16%, ポリネット処理区で3.4%であった。ポリネット処理区における放牧牛による食害の特徴はポリネットの上から葉身を咀嚼するためダメージは少なく枯死に至るほどではなかった。以上の結果より, ポリネット処理区は無処理区に比べ放牧牛によるパパヤの被食が最も低く, 食害防御効果の高いことがわかった。<br />The purpose of this study is to produce both beef and tropical fruits in same place where we will utilize the spatial space of grassland effectively. In the study we carryied out the polyethylene-net bag method to protect tropical fruit tree from grazing cattle. We used papaya (carica papaya L.) as tropical fruit tree, and grazed seven japanese black cattle, that is three cows, two heifers of eleven months age and two heifers of three months age. Papaya transplanted in each four meter intervals, and struck supports which made of iron with 1.5m height in each sides of fruit tree. The size of polyethylene-net bag that was covered tropical fruit tree was seventy-five by forty-two centimeters. We measured ratio of damaged papaya trees every day during experiments. Experiment of the polyethylene-net bag method were conducted two times which were from twenty-fifth of October to third of November and from twenty-fifth of November to 2nd of December. It were shown the mean ratio of damaged fruit trees per day in nontreatment and polyethylene-net bag method were percent of 16 and 3.4 respectively. A characteristics of damaged papaya tree in polyethylene-net bag method did not receive a serious injury because of chewing papaya tree on the polyethylene-net bag. From the results described above, we might conclude that the polyethylene-net bag method was useful to protect tropical fruit tree from grazing cattle. 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/20.500.12000/3703
eリソース
Loading

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

平川, 守彦, 浜田, 孝介, 日越, 博信, 大城, 政一, 平山, 琢二, 石嶺, 行男, 赤嶺, 光, 外間, &hellip;

琉球大学農学部

平川, 守彦, Hirakawa, Morihiko

平川守彦

日越, 博信, 平川, 守彦, 蓮尾, 環, 大城, 政一, 石嶺, 行男, 平山, 琢二, 赤嶺, 光, 外間, 聡, &hellip;

琉球大学農学部

照屋, 全昌

第一教育図書

平川, 守彦, 仲本, 裕子, 日越, 博信, 大城, 政一, 石嶺, 行男, 平山, 琢二, 赤嶺, 光, 外間, &hellip;

琉球大学農学部

照屋, 全昌

臺湾農會

平川, 守彦, 大久保, 忠旦, Hirakawa, Morihiko, Okubo, Tadakatsu

平川守彦

小島, 裕

新星図書出版

平川, 守彦, 富名腰, 道子, 日越, 博信, 大城, 政一, 石嶺, 行男, 平山, 琢二, 赤嶺, 光, 外間, &hellip;

琉球大学農学部

農林水産省国際農林水産業研究センター

農林水産省国際農林水産業研究センター

平川, 守彦

[平川守彦]

岸本, 修(1934-), 石畑, 清武

養賢堂