I. 臭いによる放牧牛の熱帯果樹食害防御について(放牧地への熱帯果樹導入に関する研究)

資料種別:
論文(リポジトリ)
責任表示:
平川, 守彦 ; 浜田, 孝介 ; 日越, 博信 ; 大城, 政一 ; 平山, 琢二 ; 石嶺, 行男 ; 赤嶺, 光 ; 外間, 聡 ; Hirakawa, Morihiko ; Hamada, Kosuke ; Higoshi, Hironobu ; Oshiro, Seiichi ; Hirayama, Takuji ; Ishimine, Yukio ; Akamine, Hikaru ; Hokama, Satoshi
言語:
JPN
出版情報:
琉球大学農学部, 1997-12-01
著者名:
平川, 守彦
浜田, 孝介
日越, 博信
大城, 政一
平山, 琢二
石嶺, 行男
赤嶺, 光
外間, 聡
Hirakawa, Morihiko
Hamada, Kosuke
Higoshi, Hironobu
Oshiro, Seiichi
Hirayama, Takuji
Ishimine, Yukio
Akamine, Hikaru
Hokama, Satoshi
続きを見る
掲載情報:
琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus
ISSN:
0370-4246  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
通号:
44
開始ページ:
139
終了ページ:
146
バージョン:
publisher
概要:
本研究は放牧草地の立体空間を有効利用するために熱帯果樹を植えて肉生産と果樹生産を同時に行おうとするもである。しかし, 放牧牛は草以外に苗木も採食してしまうので果樹の生育に大きなダメージを与え, 枯死に至らしめることもある。本実験は放牧牛による熱帯果樹苗木の食害を牛の嫌がる臭いによって防御した。実験は3段階に分けて行った。第1実験は薬品の食害に対する効果を検討した。薬品は酪酸, アンモニア, トリメチルアミン, プロピオン酸, ブチルメルカプタンの5種類を用い, それぞれを脱脂 綿に浸し, 加工ポリ容器に入れ支柱に吊り下げて食害防御効果の高い薬品を選抜した。第2実験は, 第一段階で選抜した薬品(酪酸)の設置方法を検討した。麻袋法, ボトル法, 麻袋法とボトル法の同時設置法(麻袋法+ボトル法)の3方法で選抜した。第3実験は第1,第2段階で最も効果のあった薬品および設置方法を選択し, 選定した薬品の希釈倍率を50倍, 100倍, 200倍の3水準で忌避効果を調べた。薬品選抜試験では酪酸による防御効果が最も高かった。ついで, ブチルメルカプタン, トリメチルアミン, アンモニア, プロピオン酸, 無処理の順であった。薬品設置法の試験では, ボトル法, ボトル法+麻袋法の2処理が同程度の効果を示し, 麻袋法においては食害率が高かった。薬品の希釈倍率では50倍希釈と100倍希釈が同程度の効果を, 200倍希釈はそれらよりも約2倍も高い果樹被食率を示した。以上の結果から100倍希釈の酪酸を脱脂綿に浸してボトル法(ポリ容器)により苗木のすぐそばに設置したほうが食害の防御効果の高いことがわかった。<br />We studied the production of both beef and tropical fruits in same place to utilize the spatial space in grassland. It occurred that tropical fruit trees in grassland were eaten by grazing cattle, and they will be ceasing to grow soon. In this study we tried to protect the tropical fruit trees from grazing cattle by means of odoriferous materials in grassland. Papaya (Carica papaya L.) which cultivated in pods until 40 to 50cm height in green house transplanted in grassland. Three experiments were conducted. Following experiments on protecting tropical fruit tree from grazing cattle were made : 1. Effects of five kinds of odoriferous materials (butyric acid, ammonia, trimethylamine, propionic acid, butylmercaptan) which put in processed polyethylene resin bottles with absorbent cotton on protecting fruit tree from grazing cattle; 2. Effects of three setting methods (that is, there are method of heap cloth mat soaked butyric acid under the fruit tree, of polyethylene resin bottle, and of heap cloth mat added polyethylene resin bottle) of using butyric acid which was most effective in experiment one on protection fruit tree from grazing cattle; 3. Effects of three concentration levels of diluted 50,100 and 200 times butyric acid solution on protecting fruit tree from grazing cattle. The results obtained were as follows. The most effective odor material which protected tropical fruit tree from grazing cattle was butyric acid, and were higher effect in order of butylmercaptan, trimethylamine, ammonia, propionic acid and no-odor material. In means of setting experiment polyethylene resin bottle method was same effectiveness as heap cloth mat added polyethylene resin bottle method. 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/20.500.12000/3702
eリソース
Loading

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

平川, 守彦, 野辺, 晃, 日越, 博信, 大城, 政一, 平山, 琢二, 石嶺, 行男, 赤嶺, 光, 外間, 聡, &hellip;

琉球大学農学部

平川, 守彦, Hirakawa, Morihiko

平川守彦

日越, 博信, 平川, 守彦, 蓮尾, 環, 大城, 政一, 石嶺, 行男, 平山, 琢二, 赤嶺, 光, 外間, 聡, &hellip;

琉球大学農学部

照屋, 全昌

第一教育図書

平川, 守彦, 仲本, 裕子, 日越, 博信, 大城, 政一, 石嶺, 行男, 平山, 琢二, 赤嶺, 光, 外間, &hellip;

琉球大学農学部

照屋, 全昌

臺湾農會

平川, 守彦, 大久保, 忠旦, Hirakawa, Morihiko, Okubo, Tadakatsu

平川守彦

小島, 裕

新星図書出版

平川, 守彦, 富名腰, 道子, 日越, 博信, 大城, 政一, 石嶺, 行男, 平山, 琢二, 赤嶺, 光, 外間, &hellip;

琉球大学農学部

農林水産省国際農林水産業研究センター

農林水産省国際農林水産業研究センター

平川, 守彦

[平川守彦]

岸本, 修(1934-), 石畑, 清武

養賢堂