高 CO_2 濃度が CAM 型植物のガス交換速度と CO_2 収支量に与える影響

資料種別:
論文(リポジトリ)
責任表示:
川満, 芳信 ; 中山, 博之 ; 竹内, 誠人 ; 村山, 盛一 ; Kawamitsu, Yoshinobu ; Nakayama, Hiroyuki ; Takeuchi, Makoto ; Murayama, Seiichi
言語:
JPN
出版情報:
琉球大学農学部, 1999-12-01
著者名:
川満, 芳信
中山, 博之
竹内, 誠人
村山, 盛一
Kawamitsu, Yoshinobu
Nakayama, Hiroyuki
Takeuchi, Makoto
Murayama, Seiichi
続きを見る
掲載情報:
琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus
ISSN:
0370-4246  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
通号:
46
開始ページ:
15
終了ページ:
27
バージョン:
publisher
概要:
本研究は, 地球温暖化ガスの一つであるCO_2濃度の上昇が, CAM植物のガス交換に与える影響について調べた。供試材料として4種のCAM植物, パインアップル, セイロンベンケイソウ, コダカラベンケイソウ, セイタカベンケイソウを用いて, CO_2濃度を4段階設定し, ガス交換速度とCO_2収支量, リンゴ酸含量の日変化を調べた。本研究で得られた結果は, 次のとおりである。1) CAM植物のCO_2交換速度は, CO_2濃度の上昇に伴って増加した。パインアップルにおいては, Phase-1,2,4において増加したのに対し, 他の3種ではPhase-2,4のみの増加で, Phase-1の増加がなかった。2) リンゴ酸含量の日変化は, パインアップルにおいては, CO_2濃度の上昇に伴い暗期のリンゴ酸含量の増加が見られた。他の3種においては, CO_2濃度の変化によるリンゴ酸含量の変化はなかった。3) CO_2収支量は, CO_2濃度の上昇に伴いパインアップルにおいて1000ppm付近まで急激に上昇し, その後緩やかに上昇した。セイロンベンケイソウとコダカラベンケイソウにおいてはPhase-4で約1500ppm付近にCO_2飽和点が見られた。<br />This paper described that the effects of CO_2 concentration on gas exchange rate and CO_2 balance in four CAM plnats, including a pineapple, Kalanchoe pinnata, K. digremontiana and K. gastonis bonnierer. We measured the gas exchange rate at 350,700,1400 and 2800 ppm of CO_2,25/30℃ of night/day temperature, and 20 to 40 Klx of light intensity. In addition, malate content and PEP carboxylase activity were determined at each CO_2 levels. The gas exchange rate and CO_2 balance of the pineapple in Phase-1 increased with the rise in the CO_2 concentration. Whereas in K. pinnata, K. digremontiana and K. gastonis-bonniere, the gas exchange rate and CO_2 balance were not changed as CO_2 concentration were increased from 350 to 2800 ppm. At the enriched CO_2 conditions, the increase in total CO_2 balance of pineapple was higher than those of K. pinnata, K. digremontiana, and K. gastonis bonnierer. At 2800ppm of CO_2,the increased CO_2 balance relative to those at 350 ppm was 246% for pineapple, 147% for K. pinnata, 158% for K. digremontiana, and 128% for K. gastonis bonnierer. We concluded that the effect of the CO_2 concentration in the pineapple was remarkable. 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/20.500.12000/3660
eリソース
Loading

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

川満, 芳信, 大城, 常明, 村山, 盛一, Kawamitsu, Yoshinobu, Oshiro, Tsuneaki, Murayama, Seiichi

琉球大学農学部

川満, 芳信, Kawamitsu, Yoshinobu

川満芳信

松川, 理恵, 川満, 芳信, 村山, 盛一, Matsukawa, Rie, Kawamitsu, Yoshinobu, Murayama, Seiichi

琉球大学農学部

川満, 芳信, 前田, 英樹, Kawamitsu, Yoshinobu, Maeda, Hideki

琉球大学農学部

川満, 芳信, 渡慶次, 努, 川元, 恵子, 永冨, 成紀, 野瀬, 昭博, 村山, 盛一, Kawamitsu, Yoshinobu, &hellip;

琉球大学農学部

川満, 芳信, 名嘉, みつき, 中山, 博之, 関塚, 史朗, Kawamitsu, Yoshinobu, Naka, Mitsuki, Nakayama, Hiroyuki, Sekizuka, Fumiaki

琉球大学農学部

川満, 芳信, 川元, 恵子, 渡慶次, 努, 永冨, 成紀, 野瀬, 昭博, 村山, 盛一, Kawamitsu, Yoshinobu, &hellip;

琉球大学農学部

Horie, Miki, Takaragawa, Hiroo, Kawamitsu, Yoshinobu

琉球大学農学部

川満, 芳信, 重久, 利枝子, 福澤, 康典, 村山, 盛一, Kawamitsu, Yoshinobu, Shigehisa, Rieko, Fukuzawa, Yasunori, Murayama, Seiichi

琉球大学農学部

比屋根, 真一, 川満, 芳信, 村山, 盛一, Hiyane, Shinichi, Kawamitsu, Yoshinobu, Murayama, Seiichi

琉球大学農学部

川満, 芳信, 吉原, 徹, 川元, 知行, 徳丸, 慶太郎, Kawamitsu, Yoshinobu, Yoshihara, Toru, Kawamoto, Tomoyuki, Tokumaru, Keitarou

琉球大学農学部

川満, 芳信, Kawamitsu, Yoshinobu

川満芳信