沖縄県における外来魚の侵入と生態系の撹乱に関する研究

資料種別:
論文(リポジトリ)
責任表示:
立原, 一憲 ; Tachihara, Katsunori
言語:
日本語
出版情報:
立原一憲, 2006-03
著者名:
バージョン:
publisher
概要:
平成15年度~平成17年度科学研究費補助金((基盤研究C))研究成果報告書<br />研究概要:沖縄県島の河川調査に加え,西表島,沖永良部島,徳之島,奄美大島,種子島で外来魚を採集した。採集物は10%ホルマリンで固定後,研究室に持ち帰り,同定した。また,南風原ダムで毎月,ジルテラピアを採集し,体長と体重を計測後,生殖腺と耳石を摘出し,産卵期の推定と年齢査定を行った。また,ジルテラピアの仔稚魚の形態を記載した。離島の外来魚分布調査西表島:グッピーが新たに確認された。 沖永良部島:カワスズメの生息が確認された。徳之島:カワスズメ,ジルテラピア,オイカワの生息が確認された。奄美大島:ジルテラピアが新たに確認された。種子島:カダヤシとプラティの生息を確認した。今年度までの調査で,琉球列島の外来魚の島ごとの分布地図がほぼ完成した。ジルテラピアの生活史合計2,642個体のジルテラピアを解析した結果,本種の産卵期は,4月をピークとする2〜8月であり,孕卵数(F)はF=1.5615x体長^< 1.4637>で示された。耳石輪紋による年齢査定の結果,本種の成長曲線は,雄:SL=214.4{1- exp[-0.16(t+1.45)]},雌:SL=97.5{1-exp[-0.61(t+0.08)]}で近似された。雌雄ともに最高齢は6歳であった。本種の孵化仔魚は,脊索長3.4mmで大きな卵黄をもち,頭部に付着器を有していた。日齢15(4.2mm)で眼が黒化し,日齢15(標準体長 6.2mm)で卵黄を完全に吸収し,日齢20(6.7mm)ですべての鰭条が定数に達した。<br />研究概要:Distribution patterns of the alien freshwater fishes in the Ryukyu Islands (Yonaguni, Iriomote, Ishigaki, Miyako, Minami-daito, Okinawa, Tokashiki, Kume, Zamami, Iheya, Izena, Okinoerabu, Tokunosima, Amami-ohsima, tanegashima Islands) were investigated from 2003 to 2005. Twenty-tow alien species were recognized in this study period. The zill tilapia, Tilapia zillii is a species intentionally introduced as bait for the Skipjack angling in Okinawa Prefecture. This species has recently been found to breed in natural rivers and pond of the Ryukyu Islands. The growth and life history of this species were studied between October 2004 to October 2005 at the Haebaru reservoir on Okinawa Island, Japan. Analysis of the marginal increment of 723 otoliths showed an annulus was formed between May to July. Maximum age was 6 years for both sexes, and patterns by the von Bertalanffy formula growth were described as Lt=214.4{1-exp[-0.16(t+1.45)] for males and Lt=97.5{1-exp[-0.61(t+0.08)] for females. The morphological development of Tilapia zillii was also described. 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/20.500.12000/16591
eリソース
Loading

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

土肥, 直美, 石田, 肇, 泉水, 奏, 瑞慶覧, 朝盛, 高宮, 広士, 米田, 穣, 柴田, 康行, 加藤, &hellip;

土肥直美

立原, 一憲, Tachihara, Katsunori

立原一憲

馬場, 繁幸, 中須賀, 常雄, 佐藤, 一紘, Baba, Shigeyuki, Nakasuga, Tsuneo, Sato, Kazuhiro

馬場繁幸

新本, 光孝, 新里, 孝和, 安里, 練雄, 石垣, 長健, 呉, 立潮, Aramoto, Mitsunori, Shinzato, Takakazu, Asato, Isao, Ishigaki, Choken, Wu, Lichao

琉球大学農学部

近藤, 正, 前田, 健, 立原, 一憲, Kondo, Masashi, Maeda, Ken, Tachihara, Katsunori

琉球大学21世紀COEプログラム

今井, 秀行, 米沢, 俊彦, 立原, 一憲, Imai, Hideyuki, Yonezawa, Toshihiko, Tachihara, Katsunori

日本生物地理学会, The Biogeographical Society of Japan

石原, 大樹, 立原, 一憲, Ishihara, Taiki, Tachihara, Katusnori

琉球大学21世紀COEプログラム

前田, 健, 山崎, 望, 立原, 一憲, Maeda, Ken, Yamasaki, Nozomi, Tachihara, Katsunori

琉球大学21世紀プログラム

Koeda, Keita, Tachihara, Katsunori, 小枝, 圭太, 立原, 一憲

Ryukyu University Museum, Fujukan, 琉球大学資料館 (風樹館)

立原, 一憲, Tachihara, Katsunori

琉球大学21世紀COEプログラム

新城, 明久, 寺田, 直樹, 菅, 大助, 砂川, 勝徳, Shinjo, Akihisa, Terada, Naoki, Suga, Daisuke, Sunagawa, Katsunori

琉球大学農学部