王代記

資料種別:
その他
責任表示:
-
言語:
日本語
出版情報:
1925
著者名:
-  
概要:
1冊 大正14(1925)年写 60枚 美濃紙<br />成立年不詳。史料本文は筆書きであるが、裏表紙にはペン書きで「大正13年(西暦1924)11月」と記されている。漢文体である。琉球の歴代国王の家譜であるが、本史料は第二尚氏王統初代国王の尚円(しょうえん)の父尚稷(しょうしょく)の記録より始まる。巻頭には尚稷から第19代国王尚泰(しょうたい)の王子尚典までの世系図が書かれ、本文には各国王の冊封の年と冊封正使・副使名、童名、神号、生没年、即位年、妻(王妃・夫人・ 妻の位に分かれる)、子(王子・王女)、埋葬地などが記録されている。また妻の生没年、生家、号、埋葬地や、王子・王女の生没年、号、夫人、降嫁(王女が臣下に嫁すること)、埋葬地など記録されている。<br />Date of completion unknown. Written in calligraphic style, but on the back of the paper written in pen is “Taishō 13th year” (Western calendar 1924). Written in classical Chinese style. Contains the genealogy of the generations of the Kings’ family, this book starts form the second Shō dynasty, from King Shō En’s father, Shō Shoku. In the preface are written the family trees from Shō Shoku to the 19th king, Shō Tai’s son, Prince Shō Ten. Also recorded are the years each king was officially appointed by the Chinese Emperor , who the senior and vice envoy were, name of the King as a child, pseudonyms of the gods, dates of births and deaths, years of enthronement, wives (split into queens, consorts and wives), children (princes-princesses) and cemeteries. Also recorded are the dates of birth and death, where they were originally from, other names, and burial sites of their wives, and the birth and death dates of the princes and princesses, pseudonyms, their wives and husbands and where they were buried. 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/20.500.12000/10235
eリソース
Loading

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
1 その他 琉球年代記

太田, 南畝, オオタ, ナンポ

7 その他 宮古島旧記

田島, 利三郎(筆写), タジマ, リサブロウ

向, 祐(等), ショウ, ユウ

8 その他 那覇由来記

-

蔡, 応瑞(等編), サイ, オウズイ

9 その他 大島筆記 全

戸部, 良煕, トベ, ヨシヒロ

4 その他 喜安日記

-

10 その他 琉球聘使記

荻生, 徂徠, オギュウ, ソライ

5 その他 渡琉日記

操, 坦晋, ミサオ, タンシン

11 その他 琉球国由来記集

田島, 利三郎(筆写), タジマ, リサブロウ

6 その他 久米島旧記

伊波, 普猷(筆写), イハ, フユウ

12 その他 琉球国中碑文記

-