沖縄よ何處へ

資料種別:
図書
責任表示:
伊波普猷著
言語:
日本語
出版情報:
[那覇] : 「沖縄よ何処へ」複刻頒布会, 1976.7
形態:
72p: 図版 ; 19cm
著者名:
伊波, 普猷(1875-1947) <DA00630891>  
目次情報:
図版(著者近影 進貢船那覇港出航の図)
神話(久高島-琉球史の曙)
蘇鉄の世-蔡温の「独物語」-孤島苦が彼等の生活基調
エゾのイクサモイ(英祖)-奄美大島諸島風を望んで入貢-「戦花遊び」-浦添按司察度-臣を朱明に称す
尚巴志-使を南蛮及び朝鮮に遣す-護佐丸征討-阿摩和利の反逆
内間御鎖-琉球の正史「中山世鑑」-食呉れる者ど我が御主
内間御鎖ど我が御主-尚円は家康のような性格-四百年間扇子一本で支配
ナポレオンと琉球-東洋文化史上の一異彩-琉球の万葉
豊臣氏の朝鮮侵入-七千五百人十個月の兵糧賦課-琉球人の口実-尚寧王以下百官を人質-さながら島津の植民地-密貿易の機関-甘藷は奴隷の食糧-自由のない所で生存するは恥辱
清帝と靖南王とに奉る二通の奏文-「空道」
羽地王子向象賢-日琉同祖論-御糸荷-進貢船二艘が支那から持ってきた銀一万四千六百両-琉球人は長良川の鵜と運命の類似者
冠船の渡来-両属政策の秘密-清人徐葆光の「中山伝信録」-蔡温の自叙伝
国子監-尚豊王薩藩から齎らした御茶を飲んで即刻絶命-日本の芸術を奨励-薩摩の国事密偵
「教条」は琉球の国民読本-向象賢の政策-磧儒程順則-玉城朝薫-画伯の殷元良-小説家平敷屋朝敏-琉球の大問題は人口間題
奄美大島が如何に極端に搾取されたか-西郷南州代官の役所に飛込んで激論-大田布騒動等々
琉球王国末路-第二の若那-黒白党の政争-牧志恩河の大疑獄-日本帝国の一県-台湾の牡丹社事件-明治12年3月沖縄県を置く
琉球処分は一種の奴隷解放-土地整理-県会の開設-三銀行は政争の犠牲-銀行救済問題
一年平均三百三万五千円の支配超過-沖縄救済問題-島津の搾取制度が県民性を馴致-チムーン・テーンアラン
建国と同時に発達した共産主義-島津氏の苛斂誅求の罪
御手入処分-支配階級の消費過多-将来経済的に破滅する国家の好縮図
図版(著者近影 進貢船那覇港出航の図)
神話(久高島-琉球史の曙)
蘇鉄の世-蔡温の「独物語」-孤島苦が彼等の生活基調
エゾのイクサモイ(英祖)-奄美大島諸島風を望んで入貢-「戦花遊び」-浦添按司察度-臣を朱明に称す
尚巴志-使を南蛮及び朝鮮に遣す-護佐丸征討-阿摩和利の反逆
内間御鎖-琉球の正史「中山世鑑」-食呉れる者ど我が御主
続きを見る
書誌ID:
BN14776325
eリソース
Loading
子書誌情報
Loading
所蔵情報
Loading availability information

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
1 図書 沖縄考

伊波, 普猷(1875-1947)

創元社

伊波, 普猷(1875-1947)

平凡社

伊波, 普猷(1875-1947)

沖縄タイムス社

伊波, 普猷(1875-1947)

平凡社

伊波, 普猷(1875-1947), 東恩納, 寛惇(1882-1963), 横山, 重(1896-1980)

井上書房

伊波, 普猷(1875-1947)

沖縄青年同盟中央事務局

4 図書 沖縄女性史

伊波, 普猷(1875-1947)

平凡社

琉球放送

琉球放送

5 図書 沖縄女性史

伊波, 普猷(1875-1947)

小澤書店

伊波, 普猷(1875-1947)

榕樹書林

伊波, 普猷(1875-1947)

マカレー東本願寺

12 図書 琉球之五偉人

伊波, 普猷(1875-1947), 眞境名, 安興(1875-1933)

嘉陽安男