社会学的新自由主義の歴史-文化社会学における支配-自由に関する考察

資料種別:
論文(リポジトリ)
責任表示:
石田, 一之 ; Ishida, Kazuyuki
言語:
日本語
出版情報:
九州地区国立大学間の連携事業に係る企画委員会リポジトリ部会
著者名:
掲載情報:
九州地区国立大学教育系・文系研究論文集 — The Joint Journal of the National Universities in Kyushu. Education and Humanities
ISSN:
1882-8728  CiNii Research  Webcat Plus  JAIRO
巻:
6
通号:
1,2
開始ページ:
1
終了ページ:
30
バージョン:
VoR
概要:
本稿は、ドイツ語圏における新自由主義の基盤を形成した論者のなかで、みずからの主張を歴史-文化社会学の視点から基礎づけようとしたアレクサンダー・リュストウ(Alexander Rüstow)の代表著作『現代の位置づけ』並びにその他の著作の検討を通して、歴史-文化社会学的立場に立脚した視点から人間の自由、並びに彼の主要概念である支配を考察し、それとともに、現代における人間の文化的・社会学的状況に関して実質的自由の視点から重要な示唆を得ようとするものである。
/>本論文は「九州地区国立大学教育系・文系研究論文集」Vol.6, No.1,2(2020/3)に査読を経て受理された。
論文
続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/20.500.12000/45325
電子版
Loading