石垣島より採集された日本初記録のベンケイガニ科 (甲殻亜門: 十脚目: 短尾下目) の2種

資料種別:
論文(リポジトリ)
責任表示:
前之園, 唯史 ; 成瀬, 貫 ; Maenosono, Tadafumi ; Naruse, Tohru
言語:
日本語
出版情報:
琉球大学資料館 (風樹館) — Ryukyu University Museum, Fujukan
著者名:
掲載情報:
Fauna Ryukyuana
ISSN:
2187-6657  CiNii Research  Webcat Plus  JAIRO
巻:
28
開始ページ:
5
終了ページ:
22
バージョン:
VoR
概要:
Two sesarmid crabs, Bresedium brevipes (De Man, 1889) and Labuanium trapezoideum (H. Milne Edwards, 1837), are reported from Japan for the first time based on the specimens collected from Ishigakijima Island, Yaeyama Islands, Ryukyu Archipe lago. The morphological features, live colourations, and ecological notes, are provided for the two species. Differentiating characters between B. brevipes, two congeners, and syntopic and allied Sesarmops impressus (H. Milne Edwards, 1837), are also discussed.
琉球列島の石垣島から採集された標本に基づき, 日本初記録のヘコミベンケイガニ (新称) Bresedium brevipes (De Man, 1889) およびニンジャベンケイガニ (新称) Labuanium trapezoideum (H. Milne Edwards, 1837) を報告する. 本稿ではこれら2種の形態および色彩の特徴, 生息環境について記した. さらに, ヘコミベンケイガニについては, 同属の2種ならびにヘコミベンケイガニと類似し, 同地的に生息するタイワンベンケイガニSesarmops impressus (H. Milne Edwards, 1837) との識別形質についても議論した.
論文
続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/20.500.12000/38714
電子版
Loading