西表島トゥドゥマリの浜に漂着したオガワコマッコウ (クジラ目コマッコウ科) の漂着個体

資料種別:
論文(リポジトリ)
責任表示:
浅利, 祐美子 ; 成瀬, 貫 ; 福田, 真 ; 小島, 歩 ; 伊澤, 雅子 ; Asarim Yumiko ; Naruse, Tohru ; Fukuda, Makoto ; Kojima, Ayumi ; Izawa, Masako
言語:
日本語
出版情報:
琉球大学資料館 (風樹館) — Ryukyu University Museum, Fujukan
著者名:
浅利, 祐美子
成瀬, 貫
福田, 真
小島, 歩
伊澤, 雅子
Asarim Yumiko
Naruse, Tohru
Fukuda, Makoto
Kojima, Ayumi
Izawa, Masako
続きを見る
掲載情報:
Fauna Ryukyuana
ISSN:
2187-6657  CiNii Research  Webcat Plus  JAIRO
巻:
16
開始ページ:
13
終了ページ:
19
バージョン:
VoR
概要:
2010 年10 月3 日7 時30 分, 西表島北西 部のトゥドゥマリの浜 (月ヶ浜) (24.42477, 123.77375) において, 小型鯨類の漂着死体が発 見された. 漂着個体は体長236 cm であり, 損失 部位, 及び目立った外傷は認められなかった. 外部形態, 及び頭骨と下顎の形態より, 本個体 はオガワコマッコウと同定された. 死後36 時 間以上たった後に剖検することができたが, 腐 敗が著しく, 病性鑑定は困難であった. また既 存の資料と体長より , 本個体はおそらく性成熟 していると考えられた. 本個体は骨格標本とし て琉球大学資料館 (風樹館) に収蔵されている.
A stranding of the dwarf sperm whale, Kogia sima (Owen, 1886) (Cetacea: Kogiidae), is recorded from Tudumari Beach (Tsukiga-hama) (24.42477, 123.77375), Iriomote-jima Island, in the Ryukyu Islands, Japan. The individual was 236 cm in body length without defects or major external injuries. The species identification was confirmed based on external, cranial and mandibular morphology. Since decomposition of the whale had progressed, remarks on the appraisal of disease conditions were not obtained from the necropsy,
論文
続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/20.500.12000/38634
電子版
Loading