ツブヒゲナガゾウムシ (コウチュウ目: ヒゲナガゾウムシ科: ノミヒゲナガゾウムシ亜科) の新産地ならびに生態的知見

資料種別:
論文(リポジトリ)
責任表示:
今田, 舜介 ; Imada, Shunsuke ; 伊藤, 玲央 ; Ito, Reo ; 徳重, 典英 ; Tokushige, Norihide ; 中野, 文尊 ; Nakano, Fumihito ; 中村, 涼 ; 橋爪, 拓斗 ; Hashizume, Takuto
言語:
日本語
出版情報:
琉球大学資料館 (風樹館), 2022-04-07
著者名:
今田, 舜介
Imada, Shunsuke
伊藤, 玲央
Ito, Reo
徳重, 典英
Tokushige, Norihide
中野, 文尊
Nakano, Fumihito
中村, 涼
Nakamura, Ryo
橋爪, 拓斗
Hashizume, Takuto
続きを見る
掲載情報:
Fauna Ryukyuana — Fauna Ryukyuana
巻:
64
開始ページ:
23
終了ページ:
26
バージョン:
VoR
概要:
ツブヒゲナガゾウムシCisanthribus nakanei Morimoto, 1986 (コウチュウ目: ヒゲナガゾウムシ科: ノミヒゲナガゾウムシ亜科) を中之島, 伊平屋島, 座間味島, 粟国島, 西表島, 与那国島から初めて記録した. また, 本種を沖縄島から追加記録した.さらに, これまで落葉層のみに生息すると考えられてきた本種の, 枯れ木のビーティングまたは立ち枯れのスプレーイングによる採集例や, ビロウの枯れた葉柄上での観察例を併せて報告した.
>Cisanthribus nakanei Morimoto, 1986 is newly recorded from Nakanoshima Island, Iheya-jima Island, Zamami-jima Island, Aguni-jima Island, Iriomote-jima Island, and Yonaguni-jima Island, and additionally recorded from Okinawa-jima Island in the Ryukyu Islands. Although this species was thought to inhabit in the litter layer, it was collected by beating dead trunks or by spraying a standing dead tree on Iriomote-jima Island, and also obtained and observed mating on dead leafstalks hanging from a Livistona chinensis tree on Yonaguni-jima Island. 続きを見る
電子版
Loading